株式会社土屋ホーム様の戸建住宅「カーディナルハウス」における各種テレビアンテナ工事について

2021年10月15日

株式会社土屋ホーム様の戸建住宅「カーディナルハウス」における各種テレビアンテナ工事について

 

21世紀の現代社会は、インターネットが世界的に普及し、ほぼ一人に一台スマートフォンを手にしている、まさに高度な情報化社会です。人はどこにいてもほとんどの場合、手元の端末から必要な情報にアクセスし、その場で世界中に情報を発信することもできます。そのため新聞や雑誌などの従来のメディアは大きな打撃を受けているといわれますが、そのような令和の日本社会でも、主にアンテナ取り付けによってご家庭で視聴するテレビは、いまだに大きな地位を占めています。

 

日本においてアンテナ設置でテレビ放送を受信する形式の、地上波テレビ放送の本放送がはじまったのは、1953年(昭和28年)2月1日。2021年(令和3年)現在で、日本のテレビ放送は68年の歴史をもつことになります。地上波のテレビ放送が、かつての地上波アナログ放送から、2011年(平成23年)7月24日に地上波デジタル放送(地デジ)へと完全に切り替わってからも、すでに約10年の歳月が過ぎております。

 

この68年の間に、テレビ放送はBS/CS衛星放送やフルハイビジョン、4K8Kなどの高画質化。またデータ放送によりリモコンの操作ですぐさまニュースや天気予報などを確認できる他、放送中のテレビ番組でクイズへの参加、アンケートや懸賞への応募なども可能となるなど、さまざま進化を遂げています。

 

テレビ本体も、ただアンテナ取り付けによりテレビ電波を受像するだけのブラウン管テレビから、いまや薄型で大画面も可能な液晶テレビとなりました。その役割もテレビ番組の視聴だけでなく、ゲーム機やDVD、HDDレコーダーなどの各種録画機器、スティック型パソコンなど、さまざまな機器と接続し、ゲームや映像ソフトを楽しむことから、スマートフォンによる遠隔からの操作や録画予約。さらにはテレビを直接インターネットと接続して多くのサイトを閲覧できるなど、もはやパソコンやタブレット同様の機能も備えております。

 

しかし現在でも主なテレビの用途といえば、やはり地上波デジタル放送をはじめとする、テレビアンテナ設置によるテレビ放送の視聴になります。特に地デジ放送は、地デジテレビアンテナ設置さえ行えば基本的に無料で視聴でき、最新のテレビドラマ、アニメ、バラエティ番組から報道番組などまで、お茶の間にてスイッチひとつで自由に視聴できる利便性には現代も変わりはありません。現在でも高視聴率を誇るテレビドラマなど数々の人気番組が、ほとんどの場合まずは地上波やBS/CSで初放送されます。また災害時などには、テレビはもっとも身近で確実な情報源のひとつになります。

 

ただご家庭で地デジ、BS/CSなどのテレビ番組をご覧になるためには、テレビ本体だけでなく、まずご自宅に各種テレビアンテナ設置を行う、適切なアンテナ工事が必要となります。現在の日本では大半のご家庭において、すでにアンテナ工事が行われ、アンテナが取り付けられていると思われます。

 

しかしご自宅を新築なさる際や、建売住宅、中古物件へのお引越し、またリフォームなどの際には、あらためてテレビアンテナ設置が必要となることが多くなります。ご新居であれば、もちろん新たなテレビアンテナ取付けを行うアンテナ工事が必要です。また中古物件やリフォームなどの場合も、すでに設置されているテレビアンテナの老朽化、旧式化や、リフォームされた家屋に最適なアンテナへの交換などで、あらためて点検や再設置などのテレビアンテナ工事が必要となるケースも多くなります。

 

基本的に一般のご自宅でアンテナ工事を行うテレビアンテナの種類では、東京スカイツリーなどの地デジ電波を送信する放送局から、NHK、広域民放などの地上波デジタル放送を受信するための地デジのアンテナ設置が必要となります。さらにBS/CSなどの衛星放送もご覧になりたい場合は、同時にBS/CS110度アンテナ取り付けを行うアンテナ工事も必要でございます。

 

ただどのようなテレビアンテナ工事においても、お客様のご要望を踏まえつつ、確実で安定した地デジまた衛星放送の受信、アンテナ本体の長寿命、高い耐久性などの条件を満たす高品質のアンテナ取り付けを実現するためには、当あさひアンテナなどアンテナ設置の専門知識を持つプロにより、現場ごとの地デジや衛星放送の電波強度、電波が届く方向、またご自宅で受信できる地デジ中継局など、アンテナ工事に必要な基本事項の確認。および数多くの現場における、各種アンテナ取り付け工事の経験が豊富で、技量が確かなアンテナ職人による的確なアンテナ設置が必須となります。

 

ここでは株式会社土屋ホームさんの戸建住宅によりご自宅を建てられるお客様が、同時に各種テレビアンテナ設置をお任せになる場合についてご説明いたします。

 

株式会社土屋ホームさんは、北海道札幌市に本社を置く住宅メーカーであり、同じく札幌市北区に本社を置く株式会社土屋ホールディングスさんの子会社になります。株式会社土屋ホールディングスさんは、1969年(昭和44年)6月に、土屋商事として創業。1976年(昭和51年)9月には株式会社丸三土屋建設として会社が設立されます。2008年(平成20年)11月には、株式会社土屋ホールディングスとして、現在の持株会社体制が成立しています。

 

現在の土屋ホールディングスさんでは、住宅事業の株式会社土屋ホームさん、リフォーム事業の株式会社土屋ホームトピアさん、不動産事業・賃貸事業の株式会社土屋ホーム不動産さんの、3事業会社を子会社として、他にも店舗や公共建設など、一般住宅以外の特殊建築を手掛ける土屋ホーム特建事業部さん。自社産業用の太陽光発電ソーラーパネルの建設、設置、運営サービスなどを提供する土屋ソーラーファクトリーさんなどの事業も擁した土屋グループとして、グループ全体で確かな住まいと豊かさを、全国のお客様にお届けしております。

 

株式会社土屋ホームさんは、主に個人向けの戸建て注文建築住宅の建築を行う、土屋グループの中核企業のひとつです。現在では土屋ホームさんでは、創業の地である北海道から東北地方、首都圏、また北陸、甲信などの東日本を中心に、注文建築住宅の販売、施工の事業を行っております。

 

 

【土屋ホーム様が提供する住宅について】

現在、土屋ホームさんが提供する戸建住宅のブランドには、注文建築住宅の「カーディナルハウス(CARDINAL HOUSE)」と、規格住宅の「リズナス(LIZNAS)」がございます。

 

「カーディナルハウス」

土屋ホームさんのカーディナルハウスは、完全自由設計の注文建築住宅です。お客様がご希望されるライフスタイルに合わせた、住宅のスタイルやデザイン、住宅性能など、世界にひとつしかない高品質なマイホームを「接客力」「品質力」「設計力」によって実現いたします。

 

・接客力

カーディナルハウスを担当する土屋ホームさんのスタッフは、厳しい社内選考に合格した、選ばれた社員によって構成されております。さらに土屋ホームさんでは、第三者機関による覆面調査も定期的に行っており、接客クオリティの向上を日々、心がけております。各スタッフはお客様に対して、家づくりのコンシェルジュともいえる存在を目指して、研鑽を続けております。

 

また実際の住宅建築にあたっては、いつでもお客様とコミュニケーションがとれるよう、特別なスマートフォンアプリもご用意させていただいております。お客様がふとアイデアを思いつかれたときや、疑問を覚えられたときなど、即座にコミュニケーションできる環境によって、お客様にご納得、ご満足いただける家づくり体験をご提供しております。

 

・品質力

カーディナルハウスの住宅品質は、北海道で創業した土屋ホームさんが、およそ50年間、現地で培ってきた業界最高水準の高気密、高断熱性能をもっています。カーディナルハウスは、Ua値が0.24W/㎡・Kと、業界でも最高水準の外皮性能を誇ります。Ua値とは「外皮平均熱貫流率」の略称であり、建物の内部、窓や壁などから外部へと逃げる熱量を、住宅の外皮などの面積全体で平均した値のことです。いわば、住宅の「熱の逃げやすさ」を示した数値です。したがってこの数値が小さいほど、住宅の気密、断熱性能が高いことになります。カーディナルハウスでは、マイナス10℃以下になる北海道の冬でも暖かく、夏も涼しく過ごせる住環境を実現しております。

 

また高品質な住宅の実現には、高性能な部材や緻密な設計、工法だけでなく、それを形にする確実な施工が不可欠です。そのために土屋ホームさんでは「土屋アーキテクチュアカレッジ」という技能職(大工)の訓練学校を設立しております。施工の要となる人材をしっかり教育し、育成することで、確実な住宅品質を担保し、自信をもって永く住み継げる家をご提供しております。

 

具体的な住宅性能については、カーディナルハウスでは、断熱、気密性に関して、後述する「BES-T構法」により、独自の断熱材「SEベストボード」で、柱や梁などを含む家屋全体を外側から覆う「外断熱工法」に加え、壁の内部には断熱材「高性能グラスウール」を充填した「ダブル断熱」を採用しております。さらに熱が逃げやすい窓などの開口部には、熱伝導率が低く熱を逃しにくい樹脂製のサッシに3枚のガラスを重ねた「トリプルサッシ」を採用して、開口部の断熱性を高めております。

 

・設計力

自由設計の注文建築住宅であるカーディナルハウスは、いわば1邸1邸がオーダーメイドの住宅になります。土屋ホームさんが誇る厳選されたアーキテクト(設計者)が、お客様のご要望を叶えるプランニングとデザインをご提案いたします。お客様からの具体的なご要望も、抽象的なイメージも、余すところなく受けとめ、具体的なデザインをご提示いたします。

また担当する人間によって良くも悪くも個性が出やすいデザインについても、土屋ホームさんではクオリティのチェックが重要だと考えており、設計の総監修者を設け、カーディナルハウスとして世に送り出せるデザインのみを最終的にご提供しております。

 

「リズナス」

カーディナルハウスに限らず、一般的な注文建築住宅は、お客様のご希望通りのお住まいを実現できる半面、住宅の建築コストが高くなることや、家の設計を一から作り上げてゆくため、計画から完成までに時間がかかるというデメリットもございます。しかし土屋ホームさんのリズナスは、敷地に合わせてご用意した外見やインテリア、機能性などの多彩なプランの中から、お客様がご自身でお選びいただき、独自のマイホームを組み立ててゆく規格住宅になっております。リズナスでは、土屋ホームさんが積み上げてきた数々のノウハウを駆使し、精緻な計算によるコストカットを実現して、リーズナブルで高品質なお住まいをご提供いたします。

 

≪土屋ホームさんの戸建住宅が備える住宅性能≫

土屋ホームさんでは、注文建築のカーディナルハウス、規格住宅のリズナスともに、基本的な住宅性能において、極めて高い品質を備えております。そもそも環境変化の厳しい北海道で営業をはじめた土屋ホームさんでは、創業当時から北海道の地においても「上質な住み心地」と「揺るぎない安全」をお届けする「安心の自社大工」の家づくりにこだわり、お客様に確かな品質をお約束し続けて参りました。

今日もそのこだわりに変わりはなく、現在最高の技術を駆使して「永く快適に住み続けられる住まい」を日本全国のお客様へとお届けしております。

 

「上質な住み心地」

土屋ホームさんが北海道で創業して以来、こだわり続けているのが、北海道の冬でも快適に過ごすことができる「暖かい家」です。それは北海道の厳しい気候や環境との長い戦いでもあります。屋内の温度を逃がさない、高い「断熱性」と、確かな施工による「気密性」。さらに家全体の空気環境にも配慮した家づくりを実践し、住まわれる方がより快適に過ごしていただける「上質な住み心地」を、土屋ホームさんでは追求し続けております。

 

・BES-T構法

木材による梁や柱などで建物の骨組みを構築し、住宅の重みを支える耐力壁を設置して住宅を建築する、日本の伝統的な木造軸組構造(在来工法)は、基本的には高温多湿な日本の気候や風土にマッチする工法です。しかし一方、断熱材を用いる現代の住宅において、木造軸組工法や鉄筋工法などでは、主に柱や梁の間の壁内にのみ断熱材を充填することになります。

 

そのため断熱材の施工が十分でないと、壁と柱の間に断熱材の隙間が生じ、断熱性、気密性が損なわれる他、柱や梁などの構造躯体には断熱材が施されないため、特に鉄筋では構造躯体が外の暑さ寒さを屋内に伝えてしまう。また柱と壁の温度差などにより壁内結露が生じて、住宅の耐久性を損ねるといった問題もございました。

 

しかし土屋ホームさんでは、これらの対策のために、木造軸組工法をより進化させた独自開発の外断熱「BES-T構法」を採用しております。この「BES-T」とは、高齢者対応の「Barrier free」。耐久性の「Endurance」。省エネの「Save energy」に、科学「Technology」の、それぞれの頭文字を組み合わせた言葉であり、この3つのポイントを、科学によって徹底的に追及するという意味が込められております。

 

このBES-T構法では「SEベストボード」という独自の断熱材を使用いたします。SEベストボードは、住宅の断熱材としてよく利用される高性能グラスウールに比べても、約1.6倍の断熱性能を持ち、湿気や火事にも強い押出法ポリスチレンフォームです。独自開発により高性能だけでなく、コストカットも実現しております。さらに通常の木造軸組工法では、床下は非断熱空間になっていることが多くなります。しかし土屋ホームさんの住宅では、基礎部分に十分な防湿対策を施し、その上の床下空間に断熱材を敷き詰める「基礎断熱工法」を採用。より高い断熱性能を実現しております。

 

住宅でもっとも熱が逃げやすい部分は、窓などの開口部です。土屋ホームさんでは、窓には「高機能樹脂サッシ」が採用されています。通常の窓枠はアルミサッシが一般的になっていますが、高機能樹脂サッシはアルミの1000分の1の熱伝導率になります。さらに窓ガラスには、複数枚のガラスを重ねた「高断熱複層ガラス」が標準採用されております。そのため窓から冷暖房の効果が逃げにくく、外気の影響も受けにくい、開口部も高断熱の住宅になっております。

 

土屋ホームさんのBES-T構法は、柱や梁などの構造躯体ごと、住宅全体を外側から断熱材で包み込み、柱や断熱材の隙間から家の中の「暖かさ」が逃げるのを防ぎます。さらに基礎断熱や窓の断熱により、住宅の内部を魔法瓶のように密閉しております。そのため夏は涼しく冬は暖かい、そして最小限の冷暖房の使用により高い効果を得られるため、省エネにもつながる「高断熱・高気密」の家を実現する工法です。

 

また「BES-T」のトップである「B」に「バリアフリー」が入っている通り、BES-T構法はバリアフリーへの対処も存分になされております。さまざまな配慮により高齢の方でも安心して楽に暮らせる他、その高い断熱、気密性により、トイレや浴室、洗面所などを含め、屋内の各居室における温度差も解消しております。そのため特にご高齢の方でリスクが高い、屋内の各部屋における温度差から生じる「ヒートショック」の危険性を避けることにもつながります。

 

・24時間換気システム

気密性の高い住宅は冷暖房効率が高まり、快適な暮らしを約束してくれますが、一方で外気から厳密に遮断されるため、住宅の換気性能が重要となります。土屋ホームさんでは、気密性、断熱性の高い住宅に、屋内の淀んだ空気を計画的に排出し、高性能フィルターにより浄化された新鮮な外気を取り入れる「24時間計画換気システム」を採用しております。

 

この換気システムでは、冷暖房により適温にされた屋内の空気と、夏は暑く、冬は寒い外気を交換する際、互いの温度を高効率で交換し、適温にした外気を取り入れる「熱交換換気」を行います。そのため冬場の屋内の温かさ、夏場の涼しさを保ちつつ、快適な空気環境を実現いたします。さらに冷暖房の無駄をなくすことで、省エネにもつながります。

 

「揺るぎない安心」

土屋ホームさんでは、地震や火災、環境問題など、住宅を取り巻くさまざまな問題と向き合いながら、お客様に安心して暮らしていただくため、住宅の安全性の向上を目指して、伝統的な工法と自由な発想の技術を組み合わせた、独自の技術開発を行っており、よりハイレベルな安全性能を実現しております。土屋ホームさんは、お客様に末永い安心をご提供できる「揺るぎない安全」を追求し続けております。

 

・土屋ホームさん独自の構造体

通常の木造軸組工法では、地震や台風などの際に、その外力が柱や梁の接合部に集中します。そのため大きな地震などの際は、接合部が自身の力に耐えきれずに破損が起こり、さらには住宅の倒壊につながるケースもございます。しかし土屋ホームさんの住まいでは、伝統的な軸組構造と壁構造を組み合わせた「点」と「面」で家を支えております。そのため地震や台風などの外力を、バランスよく建物全体に分散させることができ、大きな地震や台風でも部分からの破損が生じにくい、強靭な住宅を成り立たせております。

 

土屋ホームさんでは、構造躯体などの木材には「エンジニアリングウッド」と呼ばれる集成材が使われています。通常の木からそのまま切り出した木材(無垢材)では、個々の木により強度や水分量などの品質の差や、節や弱い部分などの部分的な弱点も生じることがございます。エンジニアリングウッドは、品質の等しい複数の木材から、節などの弱点を排除し、接着して造ることにより、どの木材もほぼ均質の高品質を実現した、木材の工業製品ともいうべき優れた建材です。土屋ホームさんで使われるエンジニアリングウッドは、一般的な無垢材のおよそ1.5倍の強度を誇り、耐震性をはじめ住宅の強靭さをより高めております。

 

また木造軸組工法では、柱や梁を組み合わせる接合部分には、互いがかみ合うように木材を削る、穴を開けるなどの加工を行いますが、この加工は「断面欠損」となり、結合部の強度を低下させる原因にもなってしまいます。土屋ホームさんでは、この接合部分に、オリジナルの「接合金物」を採用。結合部を緊密に補強することで、住宅の耐久性能を向上させております。

 

・基礎部、土台部

住宅において基礎部、土台部は住まいの耐久性や耐震性の要となる重要な部分です。土屋ホームさんの基礎・土台は、基本的に鉄筋とコンクリートを組み合わせた強靭な構造の「ベタ基礎」を採用しております。ベタ基礎は、基礎部一面に鉄筋コンクリートを敷き詰め、住宅を基礎部全体の「面」で支える構造になります。この構造により、地震や台風などの際も、外力を基礎部全体で受け止め、分散するため、高い耐震性、耐風性にもつながる他、地盤の場所によって不釣り合いに住宅が沈下する「不同沈下」をも防止します。

 

さらにベタ基礎は地面全体を鉄筋コンクリートで覆うため、地面からの湿気やシロアリにも強くなっており、住宅の確実な安全性、耐久性を実現いたします。特に土屋ホームさんの基礎部は一体化された箱型になっており、引っ張り力にも強い強靭な鉄筋を採用。コンクリートを分厚く配して鉄筋の腐食を防止します。土台にはコンクリートと鉄筋を組み合わせた構造を採用し、通常のものに比べて1.2倍の厚さの土台と、アンカーボルト(住宅の構造部材や設備機器などを固定するため、基礎部などのコンクリートに埋め込んで用いるボルト)には一般的な12mmのものと比べ、16mmの太さをもつオリジナルのものを使用しております。総じて土屋ホームさんの住宅の基礎部は、建築基準法で定められた最大強度より、およそ1.6倍の強度をもっており、住宅の安心を支えてくれます。

 

また前述のように土屋ホームさんの住宅の基礎部には「基礎断熱工法」が用いられています。そのため基礎部と土台部は気密材で密着されており、床下の自然換気がとれない状態になっていますが、その代わりに「床下換気システム」が標準装備されています。このシステムにより床下の湿気を除去し、湿気による腐食やシロアリの発生なども防止し、住宅の耐久性を高めております。

 

住宅を建てる前の地盤については、土屋ホームさんでは住宅を設計する前に必ず地盤調査を実施して、住宅の建設に相応しい地盤の強度を備えているかを確認しております。そして地盤の脆弱性が判明した場合には、補強が必要な部分に適切な改良工事などを施し、基礎設計から強靱な家づくりを実践しております。

 

「住宅の建築技術」

住宅の建設において、いかに緻密な設計や高品質の部材、精密な工法を用意しても、実際に現場で建築を手掛ける職人の技量に不足があれば、すべては絵に描いた餅、完成した住宅は品質の低いものになります。土屋ホームさんでは、高品質で人と環境に優しい住まいの実現を追求し続けた中で、技術開発と同時に、その技術を万全に生かし、理論上の高品質を具現化する自社大工(職人)の育成にも力を注いでまいりました。土屋ホームさんでは外部の職人に仕事を委託するのではなく、高度な知識と技術を習得した、自社の職人たちが責任を持って直接の施工を行う「安心の自社大工」による家づくりで、確かな住宅の品質をお約束いたします。

 

・自社工場

土屋ホームさんは、住宅の構造計算による緻密な設計、積算から、部材の生産、品質や工程、安全の管理にいたるまで、一貫した施工管理体制を敷いています。住宅の部材については、自社工場および地域指定工場において、お客様の一邸ごとに、その設計データを元に部材を加工し、現場に運んで施工する「プレカット方式」を採用しております。

 

工場による部材加工では、コンピューターなどの高度な機械で制御される徹底した品質管理と加工精度を実現できます。また屋内の安定した環境による加工は、職人の緻密な手作業についても、万全の環境と設備により、その技量を万全に発揮できるものになります。建設現場での加工では、厳しい自然環境などが、部材の品質や職人の技量にも影響を与えることがございます。工場内でのプレカット方式ではそのような影響が生じず、あらゆる部材について安定した高品質が保障されます。さらに工場で精密かつスピーディーに加工した部材を現場に持ち込み、現場では最低限の作業で建設を行うことにより、工期と削減とコストカットも実現できます。

 

・土屋アーキテクチャカレッジ

高度な設計、部材、技術を結集して、高品質な住宅を完成させる要が、確実な施工を行う現場の技能職(大工)の、職人としての技量になります。品質の実現には、確実な施工が不可欠です。土屋ホームさんでは、自社の技能職の訓練学校として「土屋アーキテクチュアカレッジ」を設立しており、施工の要となる人材、高品質な住宅を完成させる決め手となる、まさに会社にとっての財宝「人財」をしっかりと育成しております。土屋ホームがもっとも誇る「人財」の力で、自信と誇りをもって「永く快適に住み続けられる住まい」をご提供いたしております。

 

 

【土屋ホーム様の戸建住宅におけるテレビアンテナ工事】

このように土屋ホームさんでは、注文建築のカーディナルハウス、規格住宅のリズナス、その双方において、北海道の厳しい自然環境に培われた高い断熱、気密性能をベースに、耐震性、耐久性などに優れた住宅性能を備えております。また注文建築、規格住宅と共に程度の差はあれ、お客様のご希望を反映する夢のマイホームの実現が可能となり、高品質の住宅性能と共に、長きにわたって快適で安心して暮らせるお住まいをご提供いたしております。

 

「土屋ホームさんにおける各種テレビアンテナ工事の具体的な進め方」

土屋ホームさんによってお住まいを建てられる際、地上波デジタル放送やBS/CS放送など各種テレビアンテナ設置に関しては、お引き渡しの前に、お客様のご要望に応じたアンテナ設置工事を、当あさひアンテナはじめ、土屋ホームさんと提携したアンテナ工事の専門業者が設置することになります。まずはプランニングの段階で、お客様の地デジ、BS/CSのテレビ(TV)受信など、アンテナ取り付けに関するご要望を確認いたします。

 

お客様のテレビアンテナ設置に関する主なご要望では、

・受信性能が安定して故障しにくいアンテナ取り付けを。

・CS/BSのテレビ(TV)放送が観られるアンテナ工事を。

などの基本的なことから、

・本体価格やアンテナ設置費用を低価格に。

・家屋のデザイン性を崩さないアンテナ取り付けを。

・屋内の各部屋でテレビ(TV)を観られるアンテナ工事を。

・テレビ(TV)への配線が目立たないアンテナ設置を。

など、さまざまなものがございます。

 

他にもアンテナ取付けについて多いお客様からのご相談では、例えば首都圏であれば、地デジ放送の東京MX、テレビ神奈川(TVK)、千葉テレビ(CTC、ちばテレ)、テレビ埼玉(TVS、テレ玉)など、特定の都道府県を対象にした地方テレビ局(地方チャンネル)のテレビ(TV)番組を、近隣の都道府県でも視聴できるアンテナ工事はできるか、というものがございます。

 

いわゆる東京MXなどの地方テレビ(TV)局、地方チャンネルは、基本的に東京都内の東京MX、神奈川県のテレビ神奈川など、その都県のみを対象とするローカルテレビ(TV)放送局になります。

 

例えば東京MXは、主に東京スカイツリーから地デジ電波を発信しております。ただし通常のNHKや広域民放の地デジ電波に比べると、地デジ電波の出力が弱いため、東京MXの地デジ電波はスカイツリーを中心に、神奈川県では厚木市や横須賀市あたり。埼玉県では行田市や川越市、東松山市や行田市のあたり。千葉県では野田市、成田市、八街市、木更津市のあたりまでがアンテナ設置により受信できる限界になります。また東京都内でも青梅や奥多摩などの南部にあたり、スカイツリーからの東京MXの地デジ電波が届きにくい地域には、要所に中継局が設置されており、周辺地域へのアンテナ取り付けで受信できます。

 

同じように千葉県の千葉テレビでは船橋市の船橋局、埼玉県のテレビ埼玉ではさいたま市桜区の浦和局など、県内で中心となる地デジ電波放送局の他、県内の各地に中継局が設置されており、各地方テレビ(TV)局の地デジ電波は、該当する都道府県内のほぼ全域と、隣接して中継局に近い他都道府県の一部地域であれば、適切なアンテナ工事により受信できます。

 

ただ各地方テレビ(TV)局の地デジ電波が届く限界に近い地域では、地デジの電波状態が安定せず、安定した受信のためには、アンテナ設置に際して、高性能アンテナや、地デジ電波を増幅するアンテナブースターなどの使用が必要なケースもございます。

 

また地デジアンテナは、地デジのテレビ(TV)電波を発信する電波塔に向けての、正確なアンテナ設置が必要でございます。

そのため同じ地デジのテレビ(TV)電波でも、NHK、広域民放の地デジ電波を発信するスカイツリーなど主要な中継局と、各地方テレビ(TV)局の地デジ電波を送信する中継局との方向は大きく異なる場合は、各中継局に向けた別個の地デジアンテナ設置が必要となり、アンテナ工事費用がかさむケースも考えられます。

 

他地域の地方テレビ(TV)局が受信できる地域では、現場によっては地デジ電波が高層ビルなどに反射した「反射波」を利用して、アンテナ取り付けの工夫により、方向の異なる地デジ電波を一台の地デジアンテナで受信できるケースもございますが、どのような現場でも必ず可能とは申せません。

 

テレビアンテナ工事を行うご自宅やその場所、立地などによっても、地デジ放送、BS/CS放送の受信、アンテナ取り付けに関して、さまざまな条件が生じてまいります。

例えば「地デジの放送局から距離が遠い」「地形が複雑」「近隣に高層建築がある」などの要因で地デジの電波状態が悪いといった問題から「海沿いや豪雪地帯のため、サビや積雪によるテレビアンテナの故障が発生しやすい」などの問題もございます。このような現場では、地デジ電波を安定して受信し、お客様に快適に各種テレビ(TV)番組をご視聴いただくためには、テレビアンテナ工事の専門業者による、現場の電場状態を把握し、地デジ、BS/CS電波を確実に受信できる工夫を凝らした、的確なテレビアンテナ取り付けが必要となります。

 

土屋ホームさんの住宅ではテレビアンテナ工事に関しても、住宅のスタイルや機能との調和を重んじつつ、地デジや衛星放送の受信感度、デザイン性、耐久性から、費用や価格など、お客様のあらゆるご要望に応じるアンテナ設置を実施いたします。

 

土屋ホームさんではご入居の前に、提携する当あさひアンテナなど、確かな技術をもつ専門のアンテナ工事業者がアンテナ取付けを担当し、お客様や土屋ホームさんとの綿密な連携により、ご要望に応じたさまざまなアンテナ設置をご提案いたします。

 

また現在ではテレビアンテナ工事による地デジや衛星放送の受信に限らず、ケーブルテレビ(TV)、インターネットの光回線(光テレビ(TV)など)のご利用でも、地デジなどと同じ各種のテレビ(TV)放送をご視聴いただけます。

 

そのため他地域の地方テレビ(TV)局を視聴したいなどのご要望や、現場の地デジ電波状態などでは、ケーブルテレビ(TV)や光回線をご利用されるほうが、テレビアンテナ工事よりも安定して多くのテレビ(TV)チャンネルをご視聴できる上、価格もアンテナ設置の費用などよりもリーズナブルとなる場合もございます。その場合、弊社ではアンテナ取り付けにこだわらず、ケーブルテレビ(TV)や光テレビ(TV)などの設置工事をご提案いたしております。

 

「ご自宅へのテレビアンテナ工事で設置できるアンテナ機種」

現在、戸建住宅へのテレビアンテナ取り付けに用いられる基本的な地デジ用テレビ(TV)アンテナの機種は「八木式アンテナ」と「デザインアンテナ」になります。

 

「八木式アンテナ」は屋根の上などによく見られる、昔ながらの魚の骨のような地デジアンテナです。日本ではアナログテレビ(TV)放送の黎明期から使われている機種であり、素材や耐久力などは時代につれて進化し続けていますが、アンテナの基本設計は開発当時から変わっておりません。それほど設計の完成度が高く、現在でも地デジ電波の高い受信能力を誇るテレビ(TV)アンテナの機種です。

 

特に高所へのアンテナ設置が可能なこともあり、テレビ(TV)放送局から距離が遠い、また地形が複雑な地域でも高い受信能力を発揮する優秀な地デジアンテナです。反面、基本的に八木式アンテナ取り付けは屋外になるため、風雨などの影響を受けやすく、歳月により確実に老朽化していく弱点もございます。また家屋のデザイン性を重んじるお客様からは、八木式アンテナ設置では家屋の外観性が悪くなるとのご意見をいただくこともございます。

 

「デザインアンテナ」は家屋の外壁などにアンテナ設置を行う、平面で軽量薄型の地デジアンテナです。家屋の外観を損なわない、自然環境の影響を受けにくく経年劣化を軽減できる、修理やメンテナンスも簡単など多くのメリットがあり、現在では地デジアンテナ設置では人気ナンバーワンの機種です。薄型でさまざまなカラーもあり、壁面デザインの一貫としてもマッチいたします。

 

また現在のデザインアンテナは基本モデルが20素子相当であり、八木式アンテナと比べても地デジ受信の性能にほとんど差はございません。ただデザインアンテナは八木式アンテナよりもアンテナ設置の位置が低い分、地デジの受信感度もやや低くなる傾向がございます。本体価格やアンテナ取り付け工事費用も、八木式アンテナに比べるとやや割高になります。

 

BS/CSテレビ(TV)放送では、従来のハイビジョン(2K)放送だけでなく、現在では超高画質となるスーパーハイビジョン、4K8Kの衛星テレビ(TV)放送に対応した、2K4K8K対応BS/CS110度アンテナがございます。

 

4K8K放送では、テレビ(TV)受像機、いわゆるテレビ本体も4K8K対応のものが必要ですが、土屋ホームさんの住宅ではBS/CSのアンテナ工事においても、基本的に2K4K8K対応BS/CS110度アンテナ設置が行われます。また4K8Kなどは求めないので工事費用を安くしたいとお考えのお客様には、通常の2K対応BS/CS110度アンテナ取付けのアンテナ工事も承ります。

 

「ご自宅でのテレビ(TV)アンテナ工事における各種アンテナ設置工法」

地デジアンテナの機種や各種テレビアンテナ設置の位置や工法などについては、お客様のご要望を元に、土屋ホームさんより高いアンテナ取り付けの技術力を認められた当あさひアンテナをはじめアンテナ工事の専門業者が、ご自宅で受信できる地デジの中継局や、現場の地デジ、衛星放送の電波状態などを確認し、もっとも適切な設置を行うアンテナ工事をご提案いたします。

 

現場ごとのテレビアンテナ取り付けについても、現在では確実な地デジ、BS/CSの受信性能を維持しつつ、家屋の外観性の重視から、アンテナの故障、経年劣化などを抑えるためのさまざまな工法もございます。

 

基本的に土屋ホームさんの住宅におけるテレビアンテナ設置の場合、どのようなアンテナ取付けであっても、まず家屋の特性や住宅機能、他の設備などとの調和を考慮し、配線などがシンプルに整理された見栄えのいい設置を行うテレビアンテナ工事を行なっています。見栄えのいい施工のアンテナ取り付けには安定した地デジ、衛星放送の受信とアンテナの長寿命を実現する他、メンテナンスや万が一のトラブルの際の修理もスムーズに行えるメリットがございます。

 

やや大型になる八木式アンテナやBS/CSパラボラアンテナ設置では、例えば壁面やベランダの外、内側など、風雨を受けにくい位置に設置して老朽化を軽減するアンテナ工事の工法がございます。

 

ベランダ内側へのアンテナ取り付けでは空間を少し消費いたしますが、その分、老朽化や故障のリスクを抑えられ、定期的なメンテナンスも簡単になり、より長寿命や故障の予防が期待できます。ただテレビアンテナは基本的に、地デジ電波を発信する放送局や、衛星放送の電波の方向へ向けるアンテナ設置が必須となるため、ご自宅の位置や角度などの条件により、ご自宅内でもアンテナを設置できる場所に制約が生じてまいります。その点はどうかご承知おきください。

 

またご自宅が海沿いにある場合は、潮風により八木式アンテナやBS/CSアンテナのサビが進み、故障や寿命低下を招く塩害が、積雪の多い地域ではアンテナへの積雪により受信不良や故障、寿命低下を招く雪害が生じることもございます。

他にも台風や強風の多い地域では、やはり風雨によるダメージの蓄積などもあり、現場の自然環境によってはテレビアンテナにさまざまな影響が発生するケースが考えられます。

 

このような自然環境からテレビアンテナを守るための、アンテナ取り付けの際の対策としては、塩害ではアンテナ本体や固定具、ケーブルなども含めて錆びに強い抗サビ、対塩害仕様のアンテナを設置する。雪害では通常よりアンテナ取付け金具の強度(耐荷重)が高く、表面に雪が付着しにくい加工がなされた雪害対策用のアンテナ設置を行うなどの工法がございます。

 

さらにアンテナ工事の際に、テレビアンテナや接続部全体を覆う「レドーム」と呼ばれるカバーを装着することで、雪害、塩害をはじめ、さまざまな自然環境や経年劣化への対策に高い効果が得られます。

 

また当あさひアンテナをはじめ、土屋ホームさんと提携するアンテナ工事の職人は、その住宅の品質にふさわしい高いテレビアンテナ設置の技術を備えております。

 

弊社の場合では、例えば八木式アンテナでは、専門的な技法によりアンテナケーブルや接続各部に防水テープを隙間なく巻きつけ、浸水や塩分による腐食を阻止する緻密なアンテナ設置を行っており、潮風や強風、積雪などの影響を受けやすい地域でも、通常の八木式アンテナ工事と代わらない強度と寿命をお約束いたします。

 

壁面に設置するデザインアンテナ設置では自然環境への抵抗力が高くなりますが、弊社では壁に取り付ける際のネジ穴に防水用シリコンを埋め込み、穴からの浸水などによる腐食を防止するなど、家屋の品質を損ねない設置を行うアンテナ工事を実践しております。

 

またデザインアンテナ取り付けでは、ご自宅の外観にまったく影響を与えず、降雪や潮風など自然環境の影響も受けず、経年劣化を最小限に抑えるアンテナ設置として、屋根裏(天井裏、小屋裏)の空間に設置するアンテナ工事もございます。

 

ただ屋根裏にデザインアンテナ取り付けを行うアンテナ工事では、屋根という外壁を隔てるため、どうしても屋外よりは地デジの電波状態が低下してまいります。

そのため現場の地デジ電波状態やご自宅の屋根裏空間の形状、断熱材の素材などの条件によっては、設置スペースが確保できない、地デジ電波が受信できないためアンテナ工事が不可能となるケースや、別料金で高性能アンテナやアンテナブースターなどの設置が必要となり、アンテナ取り付けの工事費用が上昇するケースもございます。その点は何とぞご了承ください。

アンテナ本体 型番

  • デザインアンテナsss

    型番:UAH201(最新モデル)
    (同軸ケーブル:白か黒の2色のうち、おすすめは外壁になじむ色)
    工事費込み 20,000円(税込)

    カラーバリエーションはオフホワイト、ライトブラウン、スーパーブラック、ブラックブラウンの4色から現場で選択することが可能です。同じUHF20素子相当のデザインアンテナを比較した場合、業界トップクラスの受信性能、高利得を誇る大手DXアンテナ社製。本体の厚みはわずか4.9cm、サイズは9cm×22cmで業界最小クラス。コンパクトサイズのため狭い屋根裏や天井裏などへの取り付けも最適。壁面に取り付けの場合は、極細のビスを6箇所打ち込んで金具を取り付け、金具にガチャンと本体をはめ込みボルトを締めるだけの簡単施工が可能なため建物へのダメージを極力軽減できます。ブースターが必要な場合はUAH201の背面にスッキリ取り付けられる構造になっており、表にブースターが露出しないので外観もキレイに保てます(弊社では電波状況が悪くない限り、なるべくブースターも屋内の、分配器の近くに隠してしております)。修理の場合、ブースター内蔵タイプのデザインアンテナとは異なり、ブースターだけの交換をできるメリットがあります。太陽光発電システムや片流れ屋根で屋根上に屋根馬を立てられず昔ながらの八木アンテナを設置できない住宅にも最適。耐風速(破戒風速)50m/sですが、屋内や外壁など、強風の影響を受けにくい取り付け位置と形状をしているため、災害にも強いアンテナとなっております。当店人気ナンバー1の地デジアンテナでございます。

  • 八木アンテナ

    型番:UA20(最新モデル)
    工事費込み 15,000円(税込)

    その昔、八木秀次博士が発明した形状(魚の骨のような形状)からマイナーチェンジを繰り返し洗練されたフォルムとなり、中・弱電界エリアにも対応可能な安心のDXアンテナ社製。UHF20素子アンテナの性能で、吹きさらしで障害物の少ない屋根上に設置することが多いため利得が高くなっております。万が一、壁面や屋内でデザインアンテナを取り付けられない物件 にも最適。従来の鉄製の太いワイヤーとは異なり、ステンレス製の丈夫で錆びにくいワイヤー(支線)を採用。アンテナマストから屋根の四隅に向けて4本の支線を張り巡らせ、さらに張り巡らせた支線の途中からも屋根馬に向けて4本の支線をバランスよく張り、合計8本の支線で頑丈に設置しております。サイズは51.8cm×34cm×101.4cmとなっており、VHF(アナログアンテナ)と比較して、大幅なサイズダウンと軽量化がなされています。しかも耐風速(破壊風速)50m/s。地デジ放送が始まる前の時代より、屋根上に設置するアンテナは災害に強くなっていると言えるでしょう。当店で人気ナンバー2の地デジアンテナでございます。

  • 2K4K8K対応 BS/CS110度アンテナ

    型番:BC45AS(最新モデル)
    工事費込み 15,000円(税込)

    2018年12月1日以降、実用放送開始予定の4K8K衛星放送(NHKのみ4K&8Kを同時配信)に備えてオールマイティーなDXアンテナ社製のBC453をBS放送、CS放送をご覧になりたいすべての方へ提供しております(大規模な集合住宅は例外)。従来の2K専用BS/CS110 度アンテナと同じでサイズで円盤の直径は45センチ。そうでありながら、電送周波数の帯域が広いため、従来のフルハイビジョン(2K放送・約200万画素)からスーパーハイビジョン(4K放送・約800万画素/8K放送・約3,300万画素)まで受信可能です。「大は小を兼ねる」と言えます。2020年のオリンピックに向けて4K8Kの実用放送がますます拡充されるということが総務省より発表され、各メーカーの4K8Kテレビは増産がはじまり、その価格も落ち着いてきました。そのような状況のなか、あさひアンテナにも2K4K8K対応BS/CS110度アンテナの問合せが数多く寄せられております。最新式のアンテナでも、大量仕入れでコストをおさえて仕入れておりますので、低価格を実現できました。