加須市不動岡|戸建「 CATVから切替→ローチャンネル八木アンテナ工事」

2022年01月30日

加須市不動岡の戸建てにテレビアンテナ工事にお伺いしました。

築20年とのことですが、とても大きくて立派なお宅です。つややかな瓦屋根ときれいなタイル外壁に格調の高さを感じます。

お客さまはケーブルテレビから地デジアンテナへの切り替えをご希望です。最初は八木アンテナをつけられていたそうですが、それからケーブルテレビに変更され、悩まれて、やはりアンテナを立てることをお決めになりました。

前回はベランダ横のアンテナ用ポールに設置されたのですが、テレビが見られないことが増えたため、屋根上に移設されたそうです。

今回はアンテナ用ポールにユニコーンアンテナもしくは八木アンテナの取付けをご希望です。屋根への取り付けは雨漏りが不安なために避けたいとのことです。

ポールにユニコーンアンテナ取付けを考えたのですが、電波を測ってみますとレベルが低かったため、八木アンテナがベターではないかというお話になりました。

以前取り付けられていたパラスタック八木アンテナは東京スカイツリーができる以前のものなので、一般的な20素子八木アンテナでも設置できる可能性はあると考えました。

重量的にも重さを出さないよう、ローチャンネル八木アンテナをご提案させていただきました。ローチャンネルアンテナは、13-34chに特化した中電界用のアンテナで、低い周波数で動作利得が高く、電波取得に優れています。通常の八木アンテナより重量が軽いので、建物にかかる負荷も少なくてすみます。

お客さまのご了承をいただきましたので、工事に取りかかります。アンテナ用ポールに差し込むようにローチャンネル八木アンテナ設置を行いました。

ブースター用の電源は一階リビングに設えられていましたので、そちらからブースター本体へ電気供給を行いました。

アンテナ設置を終えたあとは問題がないか周囲を確認し、次にテレビで最終確認・チャンネルスキャンをします。お客さまのご了承をいただきましたので、戸建てアンテナ工事は完了となります。

お客様は若いご夫妻ですが、ご主人さまが工具の名前などに詳しいお方です。工事のやり方をご説明させていただきますと、すぐに理解してくださったのでとてもやりやすく、「施工のやり方もきれいですね」とお褒めくださいました。とても嬉しくありがたかったです。

わずらわしい月々のお支払いはもう発生しません。立派なお家でキレイに映るお好みの地デジ番組をお楽しみくださいませ!

 

つややかな瓦屋根ときれいなタイル外壁に格調の高さを感じる立派なお宅です。

 

アンテナ専用ポールにローチャンネル八木アンテナ設置工事を行いました。

 

一階リビングにブースター電源が設置されていました。

アンテナ本体 型番