株式会社 MUJI HOUSE様「無印良品の家」の戸建住宅における各種テレビアンテナ工事について

2021年11月29日

株式会社 MUJI HOUSE様「無印良品の家」の戸建住宅における各種テレビアンテナ工事について

 

インターネットやスマートフォンが普及した21世紀は、まさに高度な情報化社会といえます。現代人は、どこにいてもほとんどの場合、手元の端末で必要な情報にアクセスできる上、その場から全世界に情報を発信することもできます。そのため新聞や雑誌など従来のメディアは大きな打撃を受けているといわれますが、そのような令和の日本社会でも、主にアンテナ取り付けによってご家庭で視聴するテレビは、いまだに大きな地位を占めています。

 

日本においてアンテナ設置でテレビ放送を受信する形式の、地上波テレビ放送の本放送がはじまったのは、1953年(昭和28年)2月1日。2021年(令和3年)現在で、日本のテレビ放送は68年の歴史を誇ります。地上波のテレビ放送が、かつての地上波アナログ放送から、2011年(平成23年)7月24日に地上波デジタル放送(地デジ)へ完全に切り替わってからも、すでに約10年の歳月が過ぎています。

 

この68年の間に、テレビ放送はBS/CS衛星放送やフルハイビジョン、4K8Kなどの高画質化。またデータ放送によりリモコンの操作ですぐさまニュースや天気予報などを確認できる他、放送中のクイズ番組や、番組内のアンケート、懸賞などにその場で参加することも可能となるなど、さまざまな進化を遂げています。

 

テレビ本体も、ただアンテナ取り付けによりテレビ電波を受像するだけのブラウン管テレビから、いまや薄型で大画面も可能な液晶テレビとなっています。その役割もテレビ番組の視聴だけでなく、ゲーム機や各種録画機器、スティック型パソコンなど、さまざまな機器との接続も可能となりました。インターネット回線と接続することにより、スマートフォンによる遠隔からの操作や録画予約も可能。スマートフォンやタブレットの機能をテレビで共有したり、テレビ機能を手元の端末で共有することもできるようになりました。

 

しかし現在でも主なテレビの使い道といえば、やはり地上波デジタル放送をはじめとする、テレビアンテナ設置によるテレビ放送の視聴になります。特に地デジ放送は、地デジテレビアンテナ設置さえ行えば基本的に無料で視聴でき、最新のテレビドラマ、アニメ、バラエティ番組から報道番組などまで、お茶の間にてスイッチひとつで自由に視聴できる利便性には現代も変わりはありません。現在でも高視聴率を誇るテレビドラマなど数々の人気番組が、ほとんどの場合まずは地上波やBS/CSで初放送されます。また災害時などには、テレビはもっとも身近で確実な情報源のひとつになります。

 

ただご家庭で地デジ、BS/CSなどのテレビ番組をご覧になるためには、テレビ本体だけでなく、まずご自宅に各種テレビアンテナ設置を行う、適切なアンテナ工事が必要となります。現在の日本では大半のご家庭において、すでに地デジアンテナ工事が行われ、アンテナが取り付けられていると思われます。

 

しかしご自宅を新築なさる際や、建売住宅、中古物件へのお引越し、またリフォームなどの際には、あらためてテレビアンテナ設置が必要となるケースが多くなります。ご新居であれば、もちろん新たなテレビアンテナ取付けを行うアンテナ工事が必要です。また中古物件やリフォームなどでも、すでに設置されているテレビアンテナの老朽化、旧式化や、リフォームされた家屋に最適なアンテナへの交換などで、あらためて点検や再設置などのテレビアンテナ工事が必要となる場合が多くなります。

 

基本的に一般のご自宅で、アンテナ工事により設置するテレビアンテナの種類では、東京スカイツリーなどの地デジ電波を送信する放送局から、NHK、広域民放などの地上波デジタル放送を受信するための地デジのアンテナ設置が必要となります。さらにBS/CSなどの衛星放送もご覧になりたい場合は、同時にBS/CS110度アンテナ取り付けを行うアンテナ工事も必要です。

 

ただどのようなテレビアンテナ工事においても、お客様のご要望を踏まえつつ、確実で安定した地デジ、衛星放送の受信、アンテナ本体の長寿命、高い耐久性などの条件を満たす高品質のアンテナ取り付けを実現するためには、当あさひアンテナなどアンテナ設置の専門知識を持つプロにより、現場ごとの地デジや衛星放送の電波強度、電波が届く方向、またご自宅で受信できる地デジ中継局など、アンテナ工事に必要な基本事項の確認。および数多くの現場における、各種アンテナ取り付け工事の経験が豊富で、技量が確かなアンテナ職人による的確なアンテナ設置が必須となります。

 

今回は株式会社 MUJI HOUSE(ムジハウス)さんの戸建住宅「無印良品の家」でご自宅を建てられるお客様が、同時に各種テレビアンテナ設置をお任せになる場合についてご説明いたします。

 

株式会社MUJI HOUSE(英:MUJI HOUSE Co.,LTD)さんは、東京都豊島区東池袋に本社を置くハウスメーカーです。土地の広さや向きに合わせて数多く用意された標準プランから、お客様の敷地の条件やご予算に合わせたプランまでをご提案する「無印良品の家」を日本各地で、ほぼ全国的に販売しております。

 

「無印良品の家」というブランド名でわかる通り、MUJI HOUSEさんは、家具、衣料品、雑貨、食品など日用品の販売で知られる「無印良品(むじるしりょうひん)」ブランドの商品のひとつです。「無印良品」とは元はセゾングループさんのプライベートブランドであり、1980年代にあえてブランド名を冠さず、高品質な商品を低価格で提供することを眼目として、英語の「ノーブランドグッズ」を和訳した「無印良品」をブランド名とした、いわば「ノーブランドというブランド」でした。

1989年(平成元年)には、「無印良品」ブランド商品の企画、販売を事業とする株式会社良品計画さんが設立されます。21世紀初頭にセゾングループさんが解体された後も、その事業は順調に継続されています。

 

MUJI HOUSEさんは良品計画さんの子会社であり、「無印良品」に寄せられた「家を造ってほしい」との要望に応じて、2000年(平成12年)に設立された企業です。「無印良品」として、人々の日常生活に密着する、無駄を省いて合理的で使いやすく、低価格で高品質な生活用品を7,000点以上、販売してきた実績とノウハウを活かし、一般のハウスメーカーにはない独自の発想で創り上げられる、もっとも大きな生活用品。それが「無印良品の家」なのです。

 

【MUJI HOUSE様が提供する「無印良品の家」について】

前述のようにMUJI HOUSEさんの「無印良品の家」は、「無印良品」の商品によって培われた、合理的で無駄を省いた低価格と、実生活に密着した使いやすさと高品質を追求する、独自の発想によって提供される住宅です。

 

現在、「無印良品の家」には「木の家」「窓の家」「陽の家」「縦の家」のラインナップがあり、それぞれにおいて、ご要望や宅地の条件に合わせたさまざまなプランをご用意している他、個々のお客様のご予算やご要望などに合わせたプランのご提案もいたします。各ラインナップの内容は以下の通りです。またラインナップごとに、多彩な標準仕様や設備、オプション設備も用意されています。

 

「木の家」

「無印良品の家」でも「木の家」は、木造住宅でありながら極端に壁が少ないことが特徴です、通常の木造住宅は、何枚もの壁で家の強度を高めるため、空間の使い方に制限がございます。対する「木の家」では、家の骨格に強度をもたせることで、壁や間取りの制限なく、吹き抜けや大空間など、広々とした「一室空間」を創り出すことができます。この大空間をパーテーションや家具などの「インフィル」で仕切ることにより、自由自在に住みたい間取りへと変化させることが可能です。

 

「窓の家」

住宅を「窓」から考えたのが「窓の家」です。古代よりの住宅の歴史の中で、窓は採光のための穴から、光景を楽しむものへと変化してきました。特に日本では四季の風景を窓で切り取り、愛してきた文化がございます。その考え方から日本人の窓の原形として、お住まいの方の美意識に合わせて自在に窓を設け、外とつながる自由を大切にした家になります。また壁をくりぬいて部屋の中に窓を造ることで、家族との会話も生まれます。「窓の家」の窓には目立つフレームはございません。光がほしい場所に光を、そして風景を取り込む窓の役割を、もっともシンプルに実現いたします。また住まい各部の質感やデザインに調和があると、心地よい環境が生み出されるため、ディティールの整合性にも配慮しております。

 

「陽の家」

窓を介して庭を身近にする「陽の家」では、窓を完全に壁の中に収納できる「全開口サッシ」を採用しております。室内からは庭の風景を切り取るピクチャーウインドウとなり、室内と庭をつなげて、開口部の周辺は内でも外でもない特大の縁側のようなスペースにもなります。またウッドデッキと室内の床の段差をなくし、開口部を全開できる仕様にした結果、庭と居住スペースが地続きにつながります。庭をより身近に感じさせ、庭の使い方も広がります。

 

「縦の家」

小さな敷地にも対応できる三階建ての家「縦の家」は自由な家です。玄関をリビングにする、キッチンと子供部屋を並べる、趣味の部屋を作るなど、ライフスタイルに合わせて空間の機能を柔軟に編集できます。中央の階段の両側に用意された6つの空間「ポーション」は、いわば空っぽの箱であり、天井高も含めて組み合わせが自在。またポーションごとに空間の機能を自由に考えられるため、日常の家事を効率よく行える仕組みを作ることもできます。家の完成後も家族の成長やライフスタイルの変化などに合わせて再レイアウトが可能です。階段を登りきった先にある、ひときわ大きな窓からは家全体に光を取り込むことができます。

 

≪「無印良品の家」が永く使える理由≫

「永く使え、変えられる家」

かつて日本の住宅は寿命が30年程度といわれましたが、近年では住宅の高品質化により、一般的な戸建て住宅でも数世代にわたって住み継ぐことができる高寿命、高耐久性の家が多くなっています。一軒の家が建てられてから、耐久性の限界により住めなくなるまでは、現代では数十年から百年以上。しかしその間、その家に住むご家族の家族構成やライフスタイルは大きく変化してゆきます。

 

例えば、ご夫婦の間に長男が誕生したことを機に建てた家が、その数年後には次男も誕生。そこから20年以上の後には、二人の息子は独立して家を出ることになり、ふたたび夫婦二人の生活となります。そしてさらに10年以上の 後、長男が妻や孫を連れて実家に帰り、長男家族との二世帯の暮らしがはじまるなど……半世紀足らずの間にも、さまざまな家族構成やライフスタイルの変化が生じることもございます。

 

しかし従来の日本の家では、このような家族構成の変化に対応することが難しくなっていました。そのため、多額の費用をかけて大規模なリフォーム工事をしたり、まだ十分に住める家を取り壊して建て替えたりするなどのことが行われてきました。従来の住宅では一度決めた間取りを簡単には変更できず、部屋ごとの収納の量も決まっていることが多く、家族構成やライフスタイルの変化に対応できなかったためです。

 

MUJI HOUSEさんでは、住宅の間取りと収納は、暮らしとともに変化するものだと考えております。「無印良品の家」には、決まった間取りも決まった収納もございません。空間の役割を決め込まずに、ゆるやかな一室空間にしておくことで、家族の変化に対応できる家を実現いたしました。お住まいになる方は、収納家具や建具によって一室空間を自在に仕切り、さまざまな用途やライフスタイルの変化に合わせ、間取りを組み換えて暮らし続けることができます。「無印良品の家」は基本的には天井高が同じなので、建具はレールさえあれば、1階、2階のどこにでも使用することが可能です。

 

ご家族ごとに予測、計画している将来にも、予期せぬ未来にも、大きなリフォーム工事を行わず、柔軟に対応できることが、「無印良品の家」が永く使える理由なのです。

 

「長期優良住宅」

「無印良品の家」は国土交通省認定の「長期優良住宅」にも対応しております。長期優良住宅とは、政府が「長期にわたって安心・快適に住み続けられる優良な住宅」として設けた基準で、その基準を満たす建物だけが認定を受けられる制度のことです。高品質の住宅を、手入れを続けて永く大切に使うことを念頭に置いた長期優良住宅の制度は、日本の住宅の品質の向上と長寿命化を目指して2009年(平成21年)にスタートしました。

 

「無印良品の家」は標準仕様で、国が定めた長期優良住宅の認定基準以上を満たしています。この長期優良住宅認定を受け、通知書を取得することは、すなわち住宅性能の高さの証明となり、住宅の高い資産価値を維持できるため、将来、もしお住まいを売却される場合にも非常に有利となります。さらに住宅ローンや固定資産税の減税、各種税金軽減や住宅ローンの金利優遇、地震保険などの保険料割引といった、さまざまな経済的メリットも得られます。なお、床面積 75㎡未満、計画道路にかかる敷地など、条件が満たない場合は長期優良住宅の対象外となる場合もございますが、その場合も「低炭素住宅」の認定を受けることができます。

 

「管理とメンテナンス」

「無印良品の家」では、お引き渡しの際には、洋服に縫い付けられた品質表示タグのように、全棟に「シリアルプレート」が取り付けられており。以後、住宅の品質は個別に管理されます。住宅完成後は10年間で合計5回の定期点検によって安心をサポートいたします。また点検、清掃、修理が簡単に行えるよう、あらかじめ床下配管や排気ダクト用の点検口が設置され、給排水の配管は直接、基礎コンクリートに埋め込んでおりません。このように躯体や構造を傷めず修理・交換できるよう、メンテナンスしやすい仕組みを随所に採用しております。

 

≪「無印良品の家」の安心・安全≫

「無印良品の家」は、強度実験で品質が保証された集成材によって、極めて骨太の柱や梁を構築し、さらに長寿命で耐久性の高い金物で接合する「SE構法」を採用。そして地震に対する強さ、構造の強靭さを、一棟ごとに構造計算で証明しております。

 

「SE工法とは?」

「無印良品の家」の耐震性が、従来の木造住宅より飛躍的に高まった理由も、SE構法によります。SE構法とは、柱や壁で建築を支えるのではなく、強靭に組まれた柱と梁で建築を支える構造です。建物を骨組み全体で支えることにより、柱や壁の数が少なくても、強度は従来の木造住宅よりも向上しているのです。

 

使用する木材は、木の風合いを活かしながら、無垢材のように品質のバラつきや弱点が存在しない、均質の高品質な木材を貼り合わせることでそれぞれの強弱の性質を補い合い、均一で安定した強さを実現した「集成材」を採用しております。集成材は金属やコンクリートのように構造計算が可能なため、近年は大規模施設の構造にも使用されています。「無印良品の家」の骨格は、この「JAS構造用集成材」の安心と安全が支えております。

 

従来の木造軸組工法(在来工法)による木造住宅は、柱や梁などの結合部を互いに削って組み合わせるため「断面欠損」が生じ、結合部の強度が低下する弱点がございました。しかしSE構法では、丈夫な「SE金物」を使った断面欠損の少ない構造で、集成材の柱と梁を堅牢に接合しており、構造全体で地震の力を受け止める優れた耐震性能を実現します。SE金物の特殊表面加工は、600時間の塩水噴霧試験でも劣化がみられず、接合部の高い防錆力を保ち続けます。

 

柱と梁を接合する金物には「Sボルト」が使われております。Sボルトは表面にいくつもの輪をはめこんだような凹凸加工が施され、木材にねじ込むことで引張剛性を向上させた、SE構法ならではの特殊な接合パーツです。万が一、構造の木材が経年変化により乾燥・収縮する、いわゆる「木がやせる」ことによりボルトとナットが緩んでも、接合部に食い込んで定着することで、地震時のさらなる安全性を確保いたします。

 

また主要な柱は「柱脚金物」によって柱と基礎を強固に固定。高強度の「アンカーボルト」によって基礎に直接取り付けております。これにより大きな地震によって倒壊した住宅に見られる、土台から柱が抜けてしまうといった現象を厳重に防止します。

 

≪「無印良品の家」の快適性≫

「家じゅうで快適な室温を実現する高性能な壁」

箱のすべての面が断熱材で覆われた保温ケースの中は、熱源や保冷剤がなくとも温度が保たれ、氷も簡単には溶けません。これは熱が逃げないよう密閉し、箱の六方を断熱材で覆っているためです。「無印良品の家」の断熱性も同じ発想です。住宅の気密性を高め、建物の外を高性能な断熱材で包み込むことにより、室内の隅々まで同じ快適温度に保つことを可能にしております。冬場、部屋の間での急激な温度差は、いわゆる「ヒートショック」と呼ばれる血圧の急変を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすリスクもございます。ご家族に健やかに暮らしていただくためにも、無印良品さんでは住宅の高断熱を重視しております。

 

「無印良品の家」では、国が定める断熱基準よりも高い性能をベンチマークに据えて、全棟で「ダブル断熱工法」を標準採用しております。住宅の断熱性能が義務化された現代でも長く価値を保ち続ける、次世代の性能基準を盛り込んだ仕様です。ダブル断熱は建物を断熱材で包み込む「外断熱」に加え、室内側の壁の内側にも断熱材を充填する「内断熱」も施す工法です。内断熱により、壁の内と外の温度差によって生じる壁内部の結露を抑え、建物の耐久性を向上させると同時に、カビや腐朽菌などの発生も抑制いたします。

 

「+AIR」

従来の住宅では、建物を「スケルトン(構造体)」と「インフィル(内装・設備)」に分けて考えることで合理性と耐久性が生まれ、住宅の性能も高まると考えられてきました。しかし「無印良品の家」は構造や素材だけではなく「空気の質」でも家の性能が決まると考えております。「+AIR」とは「無印良品の家」が提唱する、快適さを実現するための新しい仕組みです。

 

これまでは個人の感覚で捉えられていた「明るい」「温かい」「涼しい」「新鮮な空気」などを、データの数値により可視化。一棟ごとに立地条件や周辺環境に合わせた通風、日射取得と遮蔽をシミュレーションし、そこから生活スタイルや暮らし方に合わせた、快適な室内環境のアドバイスを実施しております。電気や燃料、設備の力だけに頼るのではなく、建物と自然の力を駆使し、四季を感じながら心地よく暮らていただける、快適で環境負荷の少ない住まいを目指しております。

 

「+AIRシミュレーション」

住宅の冷暖房による熱がもっとも逃げやすいのが、窓などの開口部です。もし窓まわりに壁と同じ断熱性能があれば、住宅の欲しい場所へと自由に窓を取り付けることもできます。これを実現するのが「無印良品の家」が標準採用する「トリプルガラス」の「アルミ樹脂複合サッシ」です。アルミサッシの室内側に熱伝導率の低い樹脂素材を組み合わせて、外部の熱を絶縁することでサッシの断熱性能を向上させております。

 

また「無印良品の家」では、リビングや寝室から「高性能フィルター」を通して清浄化した新鮮な空気を取り込み、トイレや洗面室などからは湿気やにおいを含んだ古い空気をファンで排出する24時間稼働の「換気システム」を設置しております。給気口から取り込んだ新しい空気が、屋内の古い空気を効率よく追い出す、計画的に効果的な気流を作り出し、室内の空気を常に新鮮に保ちます。

 

≪「無印良品の家」の研究と技術≫

「無印良品の家」では、快適・安全に、永く住める家づくりのため、前述の工法や建材、設備と、それらを支えるさまざまなテクノロジーや研究結果を取り入れています。

 

「SE構法の構造計算と耐震シミュレーション」

前述のように「無印良品の家」では、鉄骨造や鉄筋コンクリート造、大規模建築物と同じ手法で行う「構造計算」を全棟で行っております。集成材やSE金物などの部材の強度が判明していること。接合部に強度の基準があること。構造部材や接合部などの強度が一定の基準値を満たしていることなどによって、はじめて家の安全性を数値で証明する構造計算が可能となります。

 

「無印良品の家」では、一般的な木造住宅の、建築基準法施行令46条による「壁量計算」は行いません。ビルなどの大規模建築物と同じ手法を取り入れた構造計算を実施いたします。さらに独自の計算方法として、部材1本、接合部1カ所ごとの力を細かく解析するなどの計算も実施いたします。このような構造計算により、家にどれほどの力が加わるのかを、一棟ずつ個別に、精密に計算しております。

 

住宅を支える「基礎構造」は、地耐力や地域特性などの総合的な判断を加えて設計する必要がございます。「無印良品の家」のSE構法では、「FEM(Finite Element Method:有限要素法)解析」によって建物に加わる力を解析。これは従来の木造住宅における基礎の構造計算とは異なり、大規模建築物と同様に、基礎梁と耐圧版とを合わせた状態で行う立体的な計算手法であり、地盤に応じた強固な基礎設計を実現いたします。

 

さらに地盤についても「無印良品の家」では、家を建てる前にまず地盤を調査し、その結果を元に基礎まで構造設計を実施いたします。上部構造から基礎構造へ作用する力の分布を明確に算出できるため、上部構造に適した基礎の計画が可能となるのです。そして建物の接地圧(上部構造の重量+基礎の重量)と、地盤の強さを表す地耐力とを比べた場合、地耐力が上回るように設計いたします。

 

「+AIRシミュレーション」

住宅の窓は、日射については、夏と冬とで正反対の役割となります。冬には太陽の暖かさを室内に伝えてくれる窓が、夏には厳しい日射と猛暑を室内へと通してしまいます。このような問題を解決するのが「無印良品の家」の実施する「日射シミュレーション」です。日当りは住まいのどの場所がよいか、日射は季節や時間によってどう異なるかを表示し、同じ窓を通じて、夏場にはいかに太陽の熱を遮り、冬場にはいかに太陽の熱を得るのかをシミュレーションプログラムで検証。家と日当りの関係を把握しながら、敷地内における建物の配置やゾーニング、効果的な窓の配置、日射を遮蔽する庇などを細密に検討いたします。

 

風向きは土地や季節によっても異なります。シミュレーションの際は、アメダスデータを元に卓越風(ある地域で、ある期間にもっとも吹きやすい風)の頻度と方位を図示した風配図を作成。特に風通しをよくしたい夏場の最適な窓の位置やサイズを検証、可視化して、直接的、間接的に風を取り込む方法もご提案いたします。

 

シミュレーションでは、まず冷暖房を用いず、窓を閉め切った状態での自然室温を確認いたします。そして冷暖房負荷計算によって、室内で所定の温湿度(冬場の暖房使用では18℃以上、夏場の冷房使用では27℃以下・湿度60%以下)を維持するのに必要なエネルギー量を1年分、導き出します。さらに温熱性能の単位(MJ/㎡・年)からは把握しづらいエネルギー量を「月々の光熱費」として算出し、おおよその「家のランニングコスト」を予測いたします。この結果と一般的な日本の住宅(30年前の建物、旧省エネルギー基準相当)との性能を比較することで、お住まいがどの程度、温熱性能に優れるかを具体的に把握できるのです。

 

【無印良品様の戸建住宅におけるテレビアンテナ工事】

このように「無印良品の家」は、独自の発想によって構築された、シンプルながらさまざまなライフスタイルを楽しめる家です。さらに「長期優良住宅」にも対応するなど、耐久性や断熱性、気密性なども高く、永く安心して暮らせる家になっております。

 

『無印良品の家』における各種テレビアンテナ工事の具体的な進め方」

「無印良品の家」で建てられたお住まいの、地上波デジタル放送やBS/CS放送など各種テレビアンテナ設置に関しては、お客様がご入居される前に、ご要望に応じたアンテナ設置工事を、当あさひアンテナはじめ、アンテナ工事の専門業者が施行することになります。当あさひアンテナでは、まずはプランニングの段階で、お客様の地デジ、BS/CSのテレビ(TV)受信など、アンテナ取り付けに関するご要望を確認しております。

 

一般的なお客様のテレビアンテナ設置に関する主なご要望では、

・受信性能が安定して故障しにくいアンテナ取り付けを。

・CS/BSのテレビ(TV)放送が観られるアンテナ工事を。

などの基本的なことから、

・本体価格やアンテナ設置費用を低価格に。

・家屋のデザイン性を崩さないアンテナ取り付けを。

・屋内の各部屋でテレビ(TV)を観られるアンテナ工事を。

・テレビ(TV)への配線が目立たないアンテナ設置を。

など、さまざまなものがございます。

 

他にもアンテナ取付けについて多いご相談では、例えば首都圏であれば、地デジ放送の東京MX、テレビ神奈川(TVK)、千葉テレビ(CTC、ちばテレ)、テレビ埼玉(TVS、テレ玉)など、特定の都道府県を対象にした地方テレビ局(地方チャンネル)のテレビ(TV)番組を、近隣の都道府県でも視聴できるアンテナ工事はできるか、というものがございます。

 

いわゆる東京MXなどの地方テレビ(TV)局、地方チャンネルは、基本的に東京都内の東京MX、神奈川県のテレビ神奈川など、その都県のみを対象とするローカルテレビ(TV)放送局になります。

 

例えば東京MXは、主に東京スカイツリーから地デジ電波を発信しております。ただし通常のNHKや広域民放の地デジ電波に比べると電波の出力が弱いため、東京MXの地デジ電波はスカイツリーを中心に、神奈川県では厚木市や横須賀市あたり。埼玉県では行田市や川越市、東松山市や行田市のあたり。千葉県では野田市、成田市、八街市、木更津市のあたりまでがアンテナ設置により受信できる限界になります。

また東京都内でも青梅や奥多摩などの南部にあたり、スカイツリーからの東京MXの地デジ電波が届きにくい地域には、要所に中継局が設置されており、周辺地域へのアンテナ取り付けで受信できます。

 

同じように千葉県の千葉テレビでは船橋市の船橋局、埼玉県のテレビ埼玉ではさいたま市桜区の浦和局など、県内で中心となる地デジ電波放送局の他、県内の各地に中継局が設置されており、各地方テレビ(TV)局の地デジ電波は、該当する都道府県内のほぼ全域と、隣接して中継局に近い他都道府県の一部地域であれば、適切なアンテナ工事により受信できます。

 

ただ各地方テレビ(TV)局の地デジ電波が届く限界に近い地域では、地デジの電波状態が安定せず、安定した受信のためには、アンテナ設置に際して、高性能アンテナや、地デジ電波を増幅するアンテナブースターなどの使用が必要なケースもございます。

 

また地デジアンテナは、地デジのテレビ(TV)電波を発信する電波塔に向けて、正確なアンテナ設置が必要でございます。

そのため同じ地デジのテレビ(TV)電波でも、NHK、広域民放の地デジ電波を発信するスカイツリーなど主要な中継局と、各地方テレビ(TV)局の地デジ電波を送信する中継局との方向は大きく異なる場合は、各中継局に向けた別個の地デジアンテナ設置が必要となり、アンテナ工事費用がかさむケースも考えられます。

 

他地域の地方テレビ(TV)局が受信できる地域では、現場によっては地デジ電波が高層ビルなどに反射した「反射波」を利用して、アンテナ取り付けの工夫により、方向の異なる地デジ電波を一台の地デジアンテナで受信できるケースもございますが、どのような現場でも必ず可能とは申せません。

 

テレビアンテナ工事を行うご自宅やその場所、立地などによっても、地デジ放送、BS/CS放送の受信、アンテナ取り付けに関して、さまざまな条件が生じてまいります。

例えば「地デジの放送局から距離が遠い」「地形が複雑」「近隣に高層建築がある」などの要因で地デジの電波状態が悪いといった問題から「海沿いや豪雪地帯のため、サビや積雪によるテレビアンテナの故障が発生しやすい」などの問題もございます。このような現場では、地デジ電波を安定して受信し、お客様に快適に各種テレビ(TV)番組をご視聴いただくためには、テレビアンテナ工事の専門業者による、現場の電場状態を把握し、地デジ、BS/CS電波を確実に受信できる工夫を凝らした、的確なテレビアンテナ取り付けが必要となります。

 

「無印良品の家」ではテレビアンテナ工事に関しても、当あさひアンテナなど、確かな技術をもつ専門のアンテナ工事業者がアンテナ設置を担当し、住宅のスタイルや機能との調和を重んじつつ、地デジや衛星放送の受信感度、デザイン性、耐久性から、費用や価格など、お客様のご要望に応じるアンテナ設置を実施いたします。

 

また現在ではテレビアンテナ工事による地デジや衛星放送の受信に限らず、ケーブルテレビ(TV)、インターネットの光回線(光テレビ(TV)など)のご利用でも、地デジなどと同じ各種のテレビ(TV)放送をご視聴いただけます。

 

そのため他地域の地方テレビ(TV)局を視聴したいなどのご要望や、現場の地デジ電波状態などでは、ケーブルテレビ(TV)や光回線をご利用されるほうが、テレビアンテナ工事よりも安定して多くのテレビ(TV)チャンネルをご視聴できる上、価格もアンテナ設置の費用などよりもリーズナブルとなる場合もございます。その場合、弊社ではアンテナ取り付けにこだわらず、ケーブルテレビ(TV)や光テレビ(TV)などの設置工事をご提案いたしております。

 

「ご自宅へのテレビアンテナ工事で設置できるアンテナ機種」

現在、戸建住宅へのテレビアンテナ取り付けに用いられる基本的な地デジ用テレビ(TV)アンテナの機種は「八木式アンテナ」と「デザインアンテナ」になります。

 

「八木式アンテナ」は屋根の上などによく見られる、昔ながらの魚の骨のような地デジアンテナです。日本ではアナログテレビ(TV)放送の黎明期から使われている機種であり、素材や耐久力などは時代につれて進化し続けていますが、アンテナの基本設計は開発当時から変わっておりません。それほど設計の完成度が高く、現在でも地デジ電波の高い受信能力を誇るテレビ(TV)アンテナの機種です。

 

特に高所へのアンテナ設置が可能なこともあり、テレビ(TV)放送局から距離が遠い、また地形が複雑な地域でも高い受信能力を発揮する優秀な地デジアンテナです。反面、基本的に八木式アンテナ取り付けは屋外になるため、風雨などの影響を受けやすく、歳月により確実に老朽化していく弱点もございます。また家屋のデザイン性を重んじるお客様からは、八木式アンテナ設置では家屋の外観性が悪くなるとのご意見をいただくこともございます。

 

「デザインアンテナ」は家屋の外壁などにアンテナ設置を行う、平面で軽量薄型の地デジアンテナです。家屋の外観を損なわない、自然環境の影響を受けにくく経年劣化を軽減できる、修理やメンテナンスも簡単など多くのメリットがあり、現在では地デジアンテナ設置では人気ナンバーワンの機種です。薄型でさまざまなカラーもあり、壁面デザインの一貫としてもマッチいたします。

 

また現在のデザインアンテナは基本モデルが20素子相当であり、八木式アンテナと比べても地デジ受信の性能にほとんど差はございません。ただデザインアンテナは八木式アンテナよりもアンテナ設置の位置が低い分、地デジの受信感度もやや低くなる傾向がございます。本体価格やアンテナ取り付け工事費用も、八木式アンテナに比べるとやや割高になります。

 

BS/CSテレビ(TV)放送では、従来のハイビジョン(2K)放送だけでなく、現在では超高画質となるスーパーハイビジョン、4K8Kの衛星テレビ(TV)放送に対応した、2K4K8K対応BS/CS110度アンテナがございます。

 

4K8K放送では、テレビ(TV)受像機、いわゆるテレビ本体も4K8K対応のものが必要ですが、無印良品さんの住宅ではBS/CSのアンテナ工事においても、基本的に2K4K8K対応BS/CS110度アンテナ設置が行われます。また4K8Kなどは求めないので工事費用を安くしたいとお考えのお客様には、通常の2K対応BS/CS110度アンテナ取付けのアンテナ工事も承ります。

 

「ご自宅でのテレビ(TV)アンテナ工事における各種アンテナ設置工法」

「無印良品の家」ではテレビアンテナ工事に関しても、当あさひアンテナなど、確かな技術をもつ専門のアンテナ工事業者がアンテナ設置を担当し、住宅のスタイルや機能との調和を重んじつつ、地デジや衛星放送の受信感度、デザイン性、耐久性から、費用や価格など、お客様のご要望に応じるアンテナ設置を実施いたします。

 

それぞれ条件が異なる各お住まいのテレビアンテナ取り付けについても、現在では確実な地デジ、BS/CSの受信性能を維持しつつ、家屋の外観性の重視から、アンテナの故障、経年劣化などを抑えるためのさまざまな工法もございます。

 

当あさひアンテナでは、基本的に「無印良品の家」におけるテレビアンテナ設置において、まず一戸ごとの建つエリアや形状などの違い、また「無飲料品の家」独自の特性や機能、設備などとの調和を考慮して、配線などを可能な限りシンプルに整理した、見栄えのいいテレビアンテナ工事を追求しております。シンプルで見栄えのいい施工は、安定した地デジ、衛星放送の受信や、アンテナの長寿命、またメンテナンスや万が一のトラブルの際のスムーズな修理などにもつながってまいります。

 

やや大型になる八木式アンテナやBS/CSパラボラアンテナ設置では、例えば壁面やベランダの外、内側など、風雨を受けにくい位置に設置して老朽化を軽減するアンテナ工事の工法がございます。

 

ベランダ内側へのアンテナ取り付けでは空間を少し消費いたしますが、その分、老朽化や故障のリスクを抑えられ、定期的なメンテナンスも簡単になり、より長寿命や故障の予防が期待できます。ただテレビアンテナは基本的に、地デジ電波を発信する放送局や、衛星放送の電波の方向へ向けるアンテナ設置が必須となるため、ご自宅の位置や角度などの条件により、ご自宅内でもアンテナを設置できる場所に制約が生じてまいります。その点はどうかご承知おきください。

 

またご自宅が海沿いにある場合は、潮風により八木式アンテナやBS/CSアンテナのサビが進み、故障や寿命低下を招く塩害が、積雪の多い地域ではアンテナへの積雪により受信不良や故障、寿命低下を招く雪害が生じることもございます。

他にも台風や強風の多い地域では、やはり風雨によるダメージの蓄積などもあり、現場の自然環境によってはテレビアンテナにさまざまな影響が発生するケースが考えられます。

 

このような自然環境からテレビアンテナを守るための、アンテナ取り付けの際の対策としては、塩害ではアンテナ本体や固定具、ケーブルなども含めて錆びに強い抗サビ、対塩害仕様のアンテナを設置する。雪害では通常よりアンテナ取付け金具の強度(耐荷重)が高く、表面に雪が付着しにくい加工がなされた雪害対策用のアンテナ設置を行うなどの工法がございます。

 

さらにアンテナ工事の際に、テレビアンテナや接続部全体を覆う「レドーム」と呼ばれるカバーを装着することで、雪害、塩害をはじめ、さまざまな自然環境や経年劣化への対策に高い効果が得られます。

 

また当あさひアンテナをはじめ、アンテナ工事専門の職人は、その住宅の品質にふさわしい高いテレビアンテナ設置の技術を備えております。

 

弊社の場合では、例えば八木式アンテナでは、専門的な技法によりアンテナケーブルや接続各部に防水テープを隙間なく巻きつけ、浸水や塩分による腐食を阻止する緻密なアンテナ設置を行っており、潮風や強風、積雪などの影響を受けやすい地域でも、通常の八木式アンテナ工事と代わらない強度と寿命をお約束いたします。

 

壁面に設置するデザインアンテナ設置では自然環境への抵抗力が高くなりますが、弊社では壁に取り付ける際のネジ穴に防水用シリコンを埋め込み、穴からの浸水などによる腐食を防止するなど、家屋の品質を損ねない設置を行うアンテナ工事を実践しております。

 

またデザインアンテナ取り付けでは、ご自宅の外観にまったく影響を与えず、降雪や潮風など自然環境の影響も受けず、経年劣化を最小限に抑えるアンテナ設置として、屋根裏(天井裏、小屋裏)の空間に設置するアンテナ工事もございます。

 

ただ屋根裏にデザインアンテナ取り付けを行うアンテナ工事では、屋根という外壁を隔てるため、どうしても屋外よりは地デジの電波状態が低下してまいります。

そのため現場の地デジ電波状態やご自宅の屋根裏空間の形状、断熱材の素材などの条件によっては、設置スペースが確保できない、地デジ電波が受信できないためアンテナ工事が不可能となるケースや、別料金で高性能アンテナやアンテナブースターなどの設置が必要となり、アンテナ取り付けの工事費用が上昇するケースもございます。その点は何とぞご了承ください。

無料見積もり

無料見積もり


LINE見積もりバナー

LINE見積もりバナー


フリーダイヤルバナー

フリーダイヤルバナー

アンテナ本体 型番

  • デザインアンテナ

    型番:UAH201(最新モデル)
    (同軸ケーブル:白か黒の2色のうち、おすすめは外壁になじむ色)
    工事費込み 20,000円(税込)

    カラーバリエーションはオフホワイトライトブラウンスーパーブラックブラックブラウンの4色から現場で選択することが可能です。同じUHF20素子相当のデザインアンテナを比較した場合、業界トップクラスの受信性能、高利得を誇る大手DXアンテナ社製。本体の厚みはわずか119mm、サイズは高さ590mm×幅220mmで業界最小クラス。コンパクトサイズのため狭い屋根裏や天井裏などへの取り付けも最適。壁面に取り付けの場合は、極細のビスを6箇所打ち込んで金具を取り付け、金具にガチャンと本体をはめ込みボルトを締めるだけの簡単施工が可能なため建物へのダメージを極力軽減できます。ブースターが必要な場合はUAH201の背面にスッキリ取り付けられる構造になっており、表にブースターが露出しないので外観もキレイに保てます(弊社では電波状況が悪くない限り、なるべくブースターも屋内の、分配器の近くに隠してしております)。修理の場合、ブースター内蔵タイプのデザインアンテナとは異なり、ブースターだけの交換をできるメリットがあります。太陽光発電システムや片流れ屋根で屋根上に屋根馬を立てられず昔ながらの八木アンテナを設置できない住宅にも最適。耐風速(破戒風速)50m/sですが、屋内や外壁など、強風の影響を受けにくい取り付け位置と形状をしているため、災害にも強いアンテナとなっております。当店人気ナンバー1の地デジアンテナでございます。

  • 八木アンテナ

    型番:UA20(最新モデル)
    工事費込み 15,000円(税込)

    その昔、八木秀次博士が発明した形状(魚の骨のような形状)からマイナーチェンジを繰り返し洗練されたフォルムとなり、中・弱電界エリアにも対応可能な安心のDXアンテナ社製。UHF20素子アンテナの性能で、吹きさらしで障害物の少ない屋根上に設置することが多いため利得が高くなっております。万が一、壁面や屋内でデザインアンテナを取り付けられない物件 にも最適。従来の鉄製の太いワイヤーとは異なり、ステンレス製の丈夫で錆びにくいワイヤー(支線)を採用。アンテナマストから屋根の四隅に向けて4本の支線を張り巡らせ、さらに張り巡らせた支線の途中からも屋根馬に向けて4本の支線をバランスよく張り、合計8本の支線で頑丈に設置しております。サイズは51.8cm×34cm×101.4cmとなっており、VHF(アナログアンテナ)と比較して、大幅なサイズダウンと軽量化がなされています。しかも耐風速(破壊風速)50m/s。地デジ放送が始まる前の時代より、屋根上に設置するアンテナは災害に強くなっていると言えるでしょう。当店で人気ナンバー2の地デジアンテナでございます。

  • 2K4K8K対応 BS/CS110度アンテナ

    型番:BC45AS(最新モデル)
    工事費込み 15,000円(税込)

    2018年12月1日以降、実用放送開始予定の4K8K衛星放送(NHKのみ4K&8Kを同時配信)に備えてオールマイティーなDXアンテナ社製のBC453をBS放送、CS放送をご覧になりたいすべての方へ提供しております(大規模な集合住宅は例外)。従来の2K専用BS/CS110 度アンテナと同じでサイズで円盤の直径は45センチ。そうでありながら、電送周波数の帯域が広いため、従来のフルハイビジョン(2K放送・約200万画素)からスーパーハイビジョン(4K放送・約800万画素/8K放送・約3,300万画素)まで受信可能です。「大は小を兼ねる」と言えます。2020年のオリンピックに向けて4K8Kの実用放送がますます拡充されるということが総務省より発表され、各メーカーの4K8Kテレビは増産がはじまり、その価格も落ち着いてきました。そのような状況のなか、あさひアンテナにも2K4K8K対応BS/CS110度アンテナの問合せが数多く寄せられております。最新式のアンテナでも、大量仕入れでコストをおさえて仕入れておりますので、低価格を実現できました。