株式会社一条工務店様の住宅における各種テレビアンテナ設置工事

2021年07月26日

株式会社一条工務店様の住宅における各種テレビアンテナ設置工事

21世紀現代は、インターネットやスマートフォンにより、どこにいても必要な情報にアクセスできる高度な情報化社会です。しかし現代でも、テレビはいまだに大きな地位を占めています。

日本では1953年(昭和28年)2月1日にテレビ放送の本放送がはじまって以来、2021年(令和3年)現在で68年。いわゆる地上波テレビ番組が地上波アナログ放送から、2011年(平成23年)7月24日に地上波デジタル放送(地デジ)へと切り替わってからもすでに約10年になります。テレビ本体もかつてのブラウン管テレビから、薄型で大画面の液晶テレビとなり、BS/CS衛星放送の視聴、フルハイビジョンから4K8Kの高画質化、またデータ放送によりニュースや天気予報などの確認、テレビから懸賞などへの応募も可能になっています。

またテレビ本体もテレビ番組の視聴だけでなく、パソコンやゲーム機、録画再生機器との接続。さらにはテレビに接続するスティック型パソコンや、テレビを直接、インターネットと接続して、インターネットや動画サイトを閲覧できるなど、パソコン同様の使い方も可能になっています。しかし現在でも主なテレビの使い道といえば、地上波デジタル放送をはじめとするテレビ放送の視聴でしょう。

特に地デジは基本的に無料であり、最新のテレビ番組から報道番組まで、お茶の間で視聴できる利便性に変わりはありません。特に災害時などには、テレビはもっとも身近で確実な情報源のひとつになります。

ただご家庭でテレビ番組をご覧になるには、テレビ本体だけでなく、各種テレビアンテナの設置工事も必要です。現在の日本では大半のご家庭において、すでにテレビアンテナ設置がなされていると思われます。しかしご自宅を新築なさる場合や、建売住宅、中古物件へのお引越し、またリフォーム、リノベーション工事などの際には、あらためてテレビアンテナ工事が必要となります。ご新居であれば新たなテレビアンテナの設置工事が、中古物件やリフォームなどでも、すでに設置されているテレビアンテナの老朽化、旧式化や、リフォームされた家屋に最適なアンテナへの交換などで、あらためてテレビアンテナの点検や再設置などが必要となることも多くございます。

基本的に一般のご自宅に設置するテレビアンテナでは、東京スカイツリーなど地デジ電波を送信している放送局から、NHK、広域民放などの地上波デジタル放送を受信する地デジテレビアンテナが必要です。さらにBS、CSなどの衛星放送もご覧になりたい場合は、BS/CS110度アンテナも設置する必要がございます。

ただどちらのアンテナも、お客様のご要望を踏まえ、現場ごとに、アンテナ工事のプロによる地デジや衛星放送の電波強度、ご自宅で受信できる地デジ中継局や電波の方向など、基本事項の確認が必須です。さらに高い施工技術に基づいた、確実で安定した地デジ、衛星放送の受信性能から、アンテナ本体の長寿命、高い耐久性などの条件を満たす適切なアンテナ工事も必要です。

ここでは大手ハウスメーカーとして知られる、株式会社一条工務店さんの戸建て住宅をご購入されるお客様が、テレビアンテナ工事をお任せになる場合についてご説明いたします。

一条工務店さんは東京都江東区に本社、静岡県浜松市西区に浜松本社を置いている企業です。沖縄を除いた全国501ヶ所に拠点を持ち、工場は18ヶ所、2019年度の戸建販売戸数は業界第1位になります。また2021年にはギネス世界記録にて「年間注文住宅受注実績」「年間太陽光搭載住宅建築実績」「住宅工場規模」の3部門でトリプル記録を認定されています。

一条工務店さんでは主に木造注文住宅建設事業、リフォーム事業、マンション事業、住宅ローン事業、海外住宅事業などを行っており、特に主要な事業は日本各地における注文住宅の建築、分譲住宅の販売になります。

 

【一条工務店様が提供する住宅について】

一条工務店さんでは、日本各地で木造軸組工法や2×6工法による注文住宅および分譲住宅の建築、販売を展開しています。

「家は、性能。」を合言葉に「ダントツの住宅性能」を目指す一方で、性能とコストパフォーマンスを両立すべく、各部設備を自社グループで開発、生産する内製化や、作業の多くを工場で行うことで精度のバラツキを防ぎつつ、コストも大幅な削減も実現しています。

また実際にどんな家が建つか、お客様がイメージしやすいよう、モデルハウスを「特別仕様」ではなく、ほぼ「標準仕様」で建てています。住まいの性能はもちろん、キッチンや収納などの住宅設備までを自社グループで開発し、そのほとんどを家の単価に含まれる「標準仕様」としてご提供しています。

・一条工務店さんの住宅ラインナップ

一条工務店さんが提供する住宅のラインナップには、以下のものがあります。

「グラン・セゾン」

華麗さと重厚感を併せ持つ上質なデザインに、室内空間を美しく演出する素材や設備の使いやすさにもこだわった。風格のプレミアムスタイルで、上質なライフスタイルをご提供する住宅です。

「アイ・スマート」

業界最高峰の性能を誇る「超省エネ・超健康住宅」。外壁や窓などのエクステリアからキッチンなどの設備まで、デザインと機能性を両立。機能性を追求したスマート住宅です。

「アイ・キューブ」

「外内ダブル断熱構法」を採用し、業界トップクラスの省エネ性能をもつシンプルモダンなエコ住宅です。

「セゾン」

格調高いヨーロピアンデザインと素材にこだわった本物志向の家。無垢材をふんだんに使った上質な室内空間とレンガタイル貼りで快適な暮らしをご提供します。

「セゾンA」

セゾンのスタイルを元に、カジュアル、モダン、ヨーロピアンなど幅広い世代の感性にマッチする住宅です。

「ブリアール」

オールドテラコッタの屋根瓦、アーチウォールなどの装飾を施し、プロバンスの香りが漂う南欧風の魅力的な住宅です。

「百年」

伝統と風格が漂う本格的な和風住宅から、現代的に洗練された和モダンまで、日本の伝統美を活かす和の住宅です。

戸建分譲住宅「アイ・パレット」

圧倒的な高性能を誇りながら、驚くほどお得。生涯コストのことまで考えた高性能分譲住宅です。

また上記のラインナップを元に、開放的で段差も温度差もなく、太陽光のメリットも大きい「平屋」。高気密・高断熱などの性能で心地よい暮らしを叶える「三階建て」。多彩な同居スタイルに対応できる「二世帯住宅」などのタイプを選ぶこともできます。

・一条工務店さんの住宅におけるテクノロジー

「外内ダブル断熱構造」(対応商品:アイ・スマート)

一条工務店さんの住宅は、住宅をすっぽり包む「魔法瓶」のように、高い断熱性と省エネ性を実現する高断熱構造「外内ダブル断熱構法」を採用しています。この構法は、外壁、天井、床に一般的なグラスウールの約2倍の断熱性を持つ「高性能ウレタンフォーム」を用い、構造材の外側と内側にダブルで重ねるものです。

さらに住宅でもっとも熱が逃げやすい窓には、業界トップクラスの断熱性能を誇る「防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ」(対応商品:アイ・スマート、グラン・セゾン、セゾン、セゾンA、ブリアール、百年)を開発。一般的な住宅の「ペアガラスアルミサッシ」に比べ、約5倍の断熱性能を実現します。また換気による熱逃げを最大限に防ぎ、室内の快適な温度を空気の清浄性を保ち、省エネにも役立つ熱交換換気システム「ロスガード90」(対応商品:全モデル)を標準搭載しています。

「高気密構造」(対応商品:アイ・スマート、アイ・キューブ)

住宅外部の熱気や冷気、また花粉、粉塵、害虫などの有害因子を住宅に侵入させないため、気密性は欠かせない性能です。

一条工務店さんの「高気密構造」は、国の定めた次世代省エネルギー基準「C値」の5cm²/m²をはるかに上回る0.59cm²/m²(平均実測値)を記録。宮城県、山形県、福島県などのⅢ地域より南で、8倍の気密性を達成しています。これは、もっとも冷えこむ北海道(I地域)の基準をもクリアする高性能です。住宅の隙間となる換気口には、外気を室内の温度に近づけて取り込む「熱交換型」換気システムと高性能フィルターを採用。花粉など粉塵の侵入を防いでいます。

また一条工務店さんでは、一邸ごとの設計に合わせて工場で断熱材の組み込みや気密加工を行い、現場の施工では気密性を保つのが難しい形状でも高い気密性を確保します。また接合部には気密パッキンを施し、現場での施工精度のムラをなくしています。現場ではパネル同士の接合部にわずかな隙間も出ないよう、さらにシーリングや気密シールなどの施工を行います。

さらに実際に建てる家を一棟ごとに、専用の測定機器による気密測定を実施し、高い自社基準をクリアしているか必ず確認しており、より精度の高い家づくりを実現しています。

「全館床暖房」(対応商品:全モデル)

一条工務店さんの住宅で「全館床暖房」を採用しています。全館床暖房は上下の温度差がなく、部屋全体と全身をムラなく暖めます。大人も子供も快適に暮らせて、火を使う器具もなく安心、安全です。さらにホコリを巻き上げないため、清浄な空気を維持できます。

また全館床暖房は温めすぎず温度差も少ないため結露が発生しにくく、カビやダニの発生も抑えます。家屋内での温度差が皆無に近い全館床暖房は、屋内での温度差によるヒートショックも防止できます。

さらに前述した家屋の断熱性と合わせ、省エネ性もダントツで、環境にも優しく冷暖房費を節約できます。

「大容量太陽光発電」(対応商品:アイ・スマート、アイ・キューブ、グラン・セゾン、セゾン、セゾンA、ブリアール)

一条工務店さんでは太陽光発電にオリジナルの「屋根一体型太陽光パネル」を採用。自社グループ生産で「高性能&リーズナブル」を実現しています。自社の建物規格寸法に合わせられるため、屋根一体型で面積を最大限に活かせ、品質管理も万全です。台風や地震などの災害による停電で、生活を守るライフラインとなるのも太陽光発電です。

一条工務店さんの太陽光パネルは、地震や火事などの災害に強く、耐久性も高く、屋根材としても優れています。さまざまな実験により高性能、高品質を証明しており、屋根全体の大容量搭載をお勧めできます。瓦屋根やスレートなどに太陽光パネルを載せた屋根より重量が軽く、耐震性にもメリットがあります。耐久性の高い太陽光パネルは、塗り替えも不要でメンテナンスの面でも安心です。

さらに「屋根の飛び火性能実験」に合格するなど、防火性能の規定に適合する大臣認定を取得。太陽光パネルの下の優れた下地材で防水対策も万全。5層構造による高い耐久性、耐候性も実現します。また降ひょう実験、対衝撃性実験、機械的荷重試験などを実施し、世界有数の認証機関「Intertek(インターテック)」からもその品質を認められています。

また一条工務店さんでは、インターネット回線で「夢発電システム」の発電状況を常に見守る「太陽光発電モニタリングシステム」を採用しており、万が一の不具合もすぐに発見できます。データは一条工務店さんのデータ管理サーバーに自動送信され、24時間365日モニタリングしております。万が一にも不具合が発生次第、お客さまに修理、点検のご連絡をします。

お客様自身も、外出先からでも、スマートフォンなどの専用アプリで発電量や売電量を確認できる、電力の「見える化」により、さらなる「節電」にもつながります。

「超ZEH(ゼッチ)性能」(対応商品:アイ・スマート)

「ZEH」とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略です。高い断熱性能や高効率の冷暖房機器、家庭での電力管理ができるHEMSなどによる「省エネ」と、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせ、住まいの年間一次エネルギー消費量がほぼゼロになる住まいのことです。

一条工務店さんでは、超気密、超断熱による「超省エネ」と大容量太陽光発電による「超創エネ」により、使用電力より創る電力が高い「超ZEH」の住まいを実現します。前述の「外内ダブル断熱構造」により、その断熱性能は国が定めるZEH基準の2倍以上になります。さらに「屋根一体型太陽光パネル」はメンテナンスコストも軽減できる上、太陽光を受けるスペースを無駄なく発電に利用できます。

このように一条工務店さんの住まいは、優れた断熱性能により、冷暖房費は通常のZEHの家に比べ年間で9万円もお得という試算がでています。しかもその高性能は標準仕様になっています。

 

株式会社一条工務店様の住宅における各種テレビアンテナ設置工事「ツインモノコック構造」(対応商品:アイ・スマート、アイ・キューブ、アイ・パレット)

一条工務店さんの家は「壁」「床」「天井」を強力に結びつけた強靭な箱型の構造「ツインモノコック構造」になっています。

従来の日本家屋の、梁や柱の骨組みで家を支える「木造軸組構法」では、地震など外部からの力を柱が交差する「点」で受け止めており、大地震などの際に「点」に力が集中して歪みが生じ、そこから破損、崩壊しやすい弱点がありました。

ツインモノコック構造は、各階を六面体の箱型パネルで構成することで、地震などの力を壁、床、天井の「面」全体で受け止め、外からの力を分散。ゆがみにくく耐震性に優れた住まいを実現しています。

建物の強度を支える壁を「耐力壁」と呼び、その強さは「壁倍率」で表されます。一条工務店さんの住宅は、建築基準法の認定上の上限値である「壁倍率5倍」の強度を持った耐力壁も使用しています。

また建物には、耐力壁が地震の揺れに耐える強さの中心「剛心」と、建物の重さの中心「重心」があります。その重心と剛心のずれを「偏心」、ずれの程度を「偏心率」といいます。この値が大きいほど地震の時に建物がねじれやすく、耐震性が損なわれます。一条工務店さんでは、この「偏心率」が小さくなるよう、厳しい社内基準により設計しています。

床には耐力壁と一体化して、重力にも水平方向にも強さを発揮する、床全体が一枚板のような「剛床」を採用しています。1階、2階の天井にも構造用合板を採用し、水平方向の剛性をさらに強固にし、壁の四面を上下からしっかり挟んで、強靭な六面体を構成します。

ただ、壁、床、天井の個々がどれだけ強靭でも、接合が弱ければ地震の際にねじれによるダメージを受けてしまいます。一条工務店さんでは決められた基準に対し最大2倍以上の釘を増し打ちし、長さも最大1.5倍の釘を使うことで、壁、床、天井の強固な接続による耐震構造を実現しています。さらに現場で釘を打つ箇所にあらかじめ工場でマーキングし、精度も高めています。

他にも「工場生産率約80%」「防腐防蟻処理」「地盤調査」「実大耐震実験」などにより、安心の耐震性能をお約束します。

 

「実大耐震実験」(対応商品:全モデル)

一条工務店さんでは、住宅メーカーでもいち早く実物大の住宅を用いた「実大耐震実験」を開始しています。東京大学をはじめ大学や研究機関と連携した実験であることも特徴です。家屋の形状や構造などさまざまな側面による耐震実験を行い、住宅業界にとっても貴重かつ豊富なデータを産学協同で検証することが、確かな安心の裏付けになっています。

産学協同による耐震実験では、地面の動きにより地震の大きさを示すガル(加速度)やカイン(速度)だけでなく、過去の地震波と実際の被害状況を分析し、地震波の「周期」と建物の周期の関係が、住宅倒壊と深い関わりがあることを割り出しています。

この点に着目し、建物を倒壊させやすい周期「キラーパルス」を含むさまざまな地震波を中心に、繰り返し実験を行い、厳しい環境下で建物の強度を確認しています。

一条工務店さんは、実際に販売するすべての商品タイプで実験を行い、どの商品タイプも地震に強く、安心であることを実証しています。またその実験基準は、倒壊しないことではなく、「地震後も安心して生活が送れる」ことです。建物は、実際に生活できる間取りに加え、家具や家電、収納内部まで再現し、生活荷重を考慮した状態で実験を行います。そして実験前後の気密測定では、その性能値の変化がなく、建物の気密性能が維持されていることを立証。太陽光パネルも正常に通電し、外壁タイルの落下もありませんでした。

 

「高耐久・高耐震基礎」(対応商品:全モデル)

一条工務店さんでは、住宅の「基礎」も、建築基準法を大幅に上回る自社基準の耐震設計で、巨大地震から建物をしっかり守ります。

一般の基礎よりも太くどっしりした異形鉄筋を配置し、鉄筋の間隔を表す配筋ピッチは建築基準法より細かくするなど、一般より厳しい自社基準で、安心と安全をお届けします。その基準は以下の通りです。なお()内は建築基準法による規定です。

・土台幅140mm(89mm)

・立ち上がり幅160mm(120mm)

・配筋ピッチ200mm(300mm)

・主筋異形鉄筋16mm(13mm)

さらに基礎全面に防湿コンクリート80mmおよび防湿フィルムを排することで、地面からの湿気やシロアリ対策も万全です。ちなみに建築基準法では防湿フィルムのみになります。また地震の揺れにより建物の引き抜きを防ぐ「ホールダウン金物」も、基準を上回るグレードのものを採用しています。さらに住宅の建築前には厳密な「地盤調査」を行い、地盤に問題がある場合は、土地の状態に合わせた最適な工法で地盤を強化し、安全性を確保します。

 

「地盤調査」(対応商品:全モデル)

前述した地盤調査については、一条工務店さんでは、機器の制度にもJISより厳しい基準でこだわった「スクリューウエイト貫入試験」をはじめ、土地の周辺観察はもちろん、地図や地名から過去の状況も分析。これらに基づいて最適な基礎選定を行っています。もちろんこれらの調査はすべて無料で、建てる前に、すべての土地で地盤調査を実施します。

また一条工務店さんでは、業界初の「地盤調査研究所」を自社に開設。全国各地の地盤データや情報を日々蓄積し、約70万件もの膨大な地盤のデータベースを構築しています。また社員には「地盤調査基礎講習」「地盤調査検査員資格取得講習」を実施。地盤調査検査員の育成にも努めています。

自社に地盤調査研究所をもつメリットは、地盤調査、基礎選定、施工、保証まで一貫してご提供できることです。コスト面でもバランスのとれた地盤補強や基礎選定が可能であり、地盤にも一条工務店さんが責任を持つため安心です。

 

「防腐・防蟻処理」(対応商品:全モデル)

防腐、防蟻対策については、影響を受けやすい構造材、下地材に隙間なく徹底した処理を施すことが肝要です。一条工務店さんでは、組み合わせると表面に出なくなる部材の面も工場で丸ごと防腐、防蟻処理を施しており、躯体の組み立て後に薬剤を表面塗布する通常の現場処理とは異なり、部材全体にシロアリの入る弱点をつくりません。

建築基準法における一般的な防腐・防蟻の処理範囲は、地面から1メートルの高さまでです。しかし一条工務店さんでは、床下と1階の構造材のほぼすべて。1階の断熱材、バルコニー、破風板にも処理を施します。シロアリは木材だけでなく、断熱材、コンクリートなどあらゆるものを侵食します。そのため断熱性が永続するようよう、断熱材にも防蟻処理を施します。シロアリによる被害は耐震性の低下にもつながるため、一条工務店さんでは、防腐、防蟻対策も徹底しています。

 

「ハイドロテクトタイル」(対応商品:アイ・スマート、グラン・セゾン、アイ・キューブ)

一条工務店さんの「ハイドロテクトタイル」は、優れた耐久性を持つタイルに、太陽と雨の力で汚れを落とす「セルフクリーニング機能」をプラスした理想の外壁材です。空気中の水分で表面に水幕を形成し、チリ、ホコリの吸着を防ぐ他、光触媒が紫外線により活性酸素を発生させ、油汚れを分解、付着力を弱め、さらに雨水が表面に広がり、汚れを浮かせて洗い流すセルフクリーニング効果で、年月を経ても美しい外壁を保ちます。

また「タイル」素材は、タイルにかけられる釉薬(ゆうやく)がガラスの膜となり表面を覆い、美しさを出すと共に、汚れも防ぎます。原料が天然素材であるため、自然の岩や石と同じく強い日差しや風雨を受けても変色しにくく、酸やアルカリに対しても劣化しにくい性質を持ちます。さらに石などと同じく高い硬度を誇り、物などが当たっても、小さなキズもほとんどつきません。陶磁器と同じく高温の炎で長時間かけて焼き固められるため、火にも強く、またハイドロテクトタイルは吸水率3.0%以下で水分をほとんど吸わないため、凍害にも強くなっています。

このようにハイドロテクトタイルは、塗り直しなども不要でメンテナンス費も軽減でき、自社グループ工場で生産するため価格もリーズナブルになっています。

 

「エアーフローシステム」(対応商品:全モデル)

一条工務店さんの家は気密性の高さが特徴ですが、一方で結露、湿気対策として「エアーフローシステム」を採用しています。

住宅の長寿命には、壁の中に発生する結露への対策が重要です。結露はカビや腐れの元となり、建物の傷みやアレルギーなどの原因になるからです。エアーフローシステムは、外壁材と透湿防水シートの間に通気層を設け、風の通り道を作っています。また地面に近い下部材が湿気にさらされないよう基礎自体も高く設計。オリジナルの基礎スペーサーを設置し、床下に空気や湿気がたまらないスペースを作ることで、万全の湿気対策を行っています。

結露は冬場に発生すると思われがちですが、屋外の暑さと冷房の効いた屋内の温度差で発生する「夏型結露」にも注意が必要です。夏型結露は壁の中、特に断熱材の内部で発生します。一条工務店が採用する「高性能ウレタンフォーム」「EPS」など、水蒸気を通しにくい発泡プラスチック系断熱材は、水分を含みにくいため夏型結露の心配もなく、変形もしにくいので耐久性も保てます。

 

「防水対策」(対応商品:全モデル)

大雨などで雨水が屋内に侵入すると、家屋の構造を痛める原因になります。また雨漏りによる湿気や水分により、雨漏り個所の他にもダメージが及ぶ「雨漏り二次災害」にも注意が必要です。

一条工務店さんでは、自社グループの工場で窓と壁パネルをあらかじめ一体化することで、現場では不可能な隙間のない高精度施工を実現しています。さらに外壁との接合部は防水シートを二重にして十分に立ち上げ、その上に両端を折り返した板金を水切りとして施工。雨漏りを万全に防ぎます。屋根も太陽光パネルの一体型により、雨漏りの弱点をつくりません。さらにオリジナルの太陽光パネル下地用ルーフィングにより雨水が浸入しにくくなっています。

バルコニーの床にはFRP防水を施し、工場でユニット化。あとはつなぎ合わせるのみの状態で現場へ運びます。現場施工を減らすことで高精度を実現し、ジョイント部分にも入念なFRP防水処理を施します。また「高性能樹脂サッシ」の水密性は最高等級の「W-5」をクリア。高層ビルや強風地帯の建物でも耐えられる防水性能を、実験により実証しています。

 

「火災への備え」(対応商品:全モデル)

一条工務店さんでは、火災への備えとして、まず全館床暖房、IHクッキングヒーターなど、火を使わない設備を用意することで、火災のリスクを抑えており、空気もクリーンに保てます。

さらに住宅は火に強い「省令準耐火構造」に適合。万が一の火災でも被害を最小限に抑えます。「ファイヤーストップ構造」によって、火の通り道となる壁などの内側で枠組材が空気の流れを遮断し、火の燃え広がりを防止します。

一般的に木は燃えやすいと思われがちですが、実際には木材は燃えると表面が炭化層となり、内部への火の進行を遅らせて構造材の強度低下を抑えます。一方、鉄は800℃を超えると急激に強度が低下し、変形、崩落などが発生します。

一条工務店さんは自社グループの施設内に火災試験炉を持っているため、さまざまな部材で実験を行い、最適な防火構造を検証することが可能になっています。また太陽光パネル採用の屋根は「屋根の飛び火性能実験」に合格するなど、防火性能の規定に適合する大臣認定を取得しています。

 

「工場生産率80%の高品質な住まい」(対応商品:全モデル)

これまで何度か記したとおり、一条工務店さんの住宅は、自社グループ工場でほとんどの部分を生産。コンピューター制御による全自動プレカットシステムや専用の組み立てラインを導入し、現場施工では不可能な作業を可能にして、高性能な住まいをご提供しています。

断熱材の製造も自社グループ工場で行い、現場施工では品質確保が難しい壁や窓も、工場で組み上げて現場に運ぶことで、気密性などの性能を確保。壁内の断熱材もスイッチ配線部分や壁内の配管部分など、必要なカッティングを前もって工場で行うことにより、施工精度を高めています。これらの工夫により、高精度な住宅でも、コストを抑えてリーズナブルに提供できるのです。

一条工務店グループの工場は、住宅の部材やユニットを製造する施設としては、世界ナンバー1の規模であることが、2019年度のギネスブックでも認められています。

 

【一条工務店様の戸建住宅におけるテレビアンテナ工事】

このように一条工務店さんでは、高い住宅性能をもつ住宅を、コストパフォーマンスの高い価格でご提供しています。

一条工務店さんの住宅で、地上波デジタル放送やBS/CS放送など各種テレビアンテナ工事に関しては、ご入居の前に、お客様のご要望に応じたものを、一条工務店さんと提携した専門のアンテナ工事業者が設置することになります。まずはプランニングの段階で、お客様の地デジ、BS/CSのテレビ(TV)放送などアンテナに関するご要望を確認いたします。

 

お客様のテレビアンテナ設置工事に関するご要望では「受信性能が安定して故障しにくいアンテナを」「CS/BSのテレビ(TV)放送を観たい」などはもちろん、「アンテナや工事費用を低価格に」「家屋の外観を崩さないアンテナを」「屋内の各部屋でテレビ(TV)を観たい」「テレビ(TV)への配線を目立たなくしたい」など、さまざまなものがございます。

 

また首都圏を例に挙げれば、地デジ放送の東京MX、テレビ神奈川(TVK)、千葉テレビ(CTC、ちばテレ)、テレビ埼玉(TVS、テレ玉)など、特定の都道府県を対象にした地方テレビ局(地方チャンネル)のテレビ(TV)番組を、別の都道府県でも視聴することは可能か、というご相談も多く聞かれます。

 

いわゆる東京MXなどの地方テレビ(TV)局、地方チャンネルは、基本的に東京都内の東京MX、神奈川県のテレビ神奈川など、その都県のみを対象とするローカルテレビ(TV)放送局になります。

 

例えば東京MXは、主に東京スカイツリーから地デジ電波を発信しております。ただし通常のNHKや広域民放の地デジ電波に比べると電波の出力が弱いため、東京MXの地デジ電波はスカイツリーを中心に、神奈川県では厚木市や横須賀市あたり。埼玉県では行田市や川越市、東松山市や行田市のあたり。千葉県では野田市、成田市、八街市、木更津市のあたりまでが受信できる限界になります。また東京都内でも青梅や奥多摩などの南部にあたり、スカイツリーからの東京MXの地デジ電波が届きにくい地域には、要所に中継局が設置されています。

 

同じように千葉県の千葉テレビでは船橋市の船橋局、埼玉県のテレビ埼玉ではさいたま市桜区の浦和局など、県内で中心となる地デジ電波放送局の他、県内の各地に中継局が設置されており、各地方テレビ(TV)局の地デジ電波は、該当する都道府県内のほぼ全域と、隣接して中継局に近い他都道府県の一部地域であれば受信できます。

 

ただ各地方テレビ(TV)局の地デジ電波が届く限界に近い地域では、地デジの電波状態が安定せず、安定した受信のためには高性能アンテナや、地デジ電波を増幅するアンテナブースターなどの設置が必要なケースもございます。

 

また地デジアンテナは、地デジのテレビ(TV)電波を発信する電波塔に向ける必要がございます。そのため同じ地デジのテレビ(TV)電波でも、NHK、広域民放の地デジ電波を発信するスカイツリーなど主要な中継局と、各地方テレビ(TV)局の地デジ電波を送信する中継局との位置が異なる場合は、各中継局に向けた別個の地デジアンテナ設置が必要となり、工事費用がかさむケースも考えられます。

 

他地域の地方テレビ(TV)局が受信できる地域では、現場によっては地デジ電波が高層ビルなどに反射した「反射波」を利用して、方向の異なる地デジ電波を一台の地デジアンテナで受信できるケースもございますが、どのような現場でも必ず可能とは申せません。

 

テレビアンテナを設置するご自宅やその場所、立地によっても、地デジ放送、BS/CS放送の受信に関して、さまざまな条件が生じてまいります。例えば「地デジの放送局から距離が遠い」「地形が複雑」「近隣に高層建築がある」などの要因で地デジの電波状態が悪いといった問題から「海沿いや豪雪地帯のため、サビや積雪によるテレビアンテナの故障が発生しやすい」などの問題もございます。

 

一条工務店さんの住宅では、テレビアンテナに関しても住宅のスタイルや機能との調和を重んじつつ、地デジや衛星放送の受信感度、デザイン性、耐久性から、費用や価格など、お客様のあらゆるご要望に応じる設置工事を実施いたします。

 

一条工務店さんではご入居の前に、提携する当あさひアンテナなど、確かな技術をもつ専門のアンテナ工事業者がアンテナ設置工事を担当し、お客様や一条工務店さんとの綿密な連携により、ご要望に応じたさまざまな工法をご提案いたします。

 

また現在ではテレビアンテナによる地デジや衛星放送の受信に限らず、ケーブルテレビ(TV)、インターネットの光回線(光テレビ(TV)など)のご利用でも、地デジなどと同じ各種のテレビ(TV)放送をご視聴いただけます。

 

そのため他地域の地方テレビ(TV)局を視聴したいなどのご要望や、現場の地デジ電波状態などでは、ケーブルテレビ(TV)や光回線をご利用されるほうが安定して多くのテレビ(TV)チャンネルをご視聴できる上、価格もアンテナ工事費用などよりもリーズナブルな場合もございます。その場合はアンテナの設置にこだわらず、ケーブルテレビ(TV)や光テレビ(TV)などの設置工事をご提案いたしております。

 

・テレビアンテナの種類

まず現在、ご家庭で用いられる基本的な地デジ用テレビ(TV)アンテナの機種は「八木式アンテナ」と「デザインアンテナ」になります。

 

「八木式アンテナ」は屋根の上などによく見られる、昔ながらの魚の骨のような地デジアンテナです。日本ではアナログテレビ(TV)放送の黎明期から使われている機種になります。素材や耐久力などは時代につれて進化し続けていますが、アンテナの基本設計は開発当時から変わっていません。それほど設計の完成度が高く、現在でも地デジ電波の高い受信能力を誇るテレビ(TV)アンテナの機種です。

 

特に高所に設置できることもあり、テレビ(TV)放送局から距離が遠い、また地形が複雑な地域でも高い受信能力を発揮する優秀な地デジアンテナです。反面、基本的に屋外に設置される八木式アンテナは風雨などの影響を受けやすく、歳月により確実に老朽化していく弱点もございます。また家屋のデザイン性を重んじるお客様からは、家屋の外観性が悪くなるとのご意見をいただくこともございます。

 

「デザインアンテナ」は家屋の外壁などに設置する、平面で軽量薄型の地デジアンテナです。家屋の外観を損なわない、自然環境の影響を受けにくく経年劣化を軽減できる、修理やメンテナンスも簡単など多くのメリットがあり、現在では人気ナンバーワンの地デジアンテナです。薄型でさまざまなカラーもあり、壁面デザインの一貫としてもマッチいたします。

 

また現在のデザインアンテナは基本モデルが20素子相当であり、八木式アンテナと比べて地デジ受信の性能にほとんど差はございません。ただデザインアンテナは八木式アンテナよりも設置位置が低い分、地デジの受信感度もやや低くなる傾向がございます。アンテナ本体価格や設置工事費も、八木式アンテナに比べるとやや割高になります。

 

BS/CSテレビ(TV)放送では、従来のハイビジョン(2K)放送だけでなく、現在では超高画質となるスーパーハイビジョン、4K8Kの衛星テレビ(TV)放送に対応した、2K4K8K対応BS/CS110度アンテナがございます。

 

4K8K放送では、テレビ(TV)受像機、いわゆるテレビ本体も4K8K対応のものが必要ですが、一条工務店さんの住宅ではBS/CSアンテナ設置工事においても、基本的に2K4K8K対応BS/CS110度アンテナが用いられています。また4K8Kなどは求めないので工事費用を安くしたいとお考えのお客様には、通常の2K対応BS/CS110度アンテナの設置も承ります。

 

・実際のテレビ(TV)アンテナ工事における各種工法

地デジアンテナの機種や各種テレビアンテナ設置工事におけるアンテナ設置の位置や工法などについては、お客様のご要望を元に、一条工務店さんより高い工事技術力を認められた当あさひアンテナをはじめアンテナ工事の専門業者が、ご自宅で受信できる地デジの中継局や、現場の地デジ、衛星放送の電波状態などを確認し、もっとも適切なアンテナ設置工事をご提案いたします。

 

テレビアンテナの設置についても、現在では確実な受信性能を維持しつつ、家屋の外観性の重視から、アンテナの故障、経年劣化などを抑えるためのさまざまな工法もございます。

 

基本的に一条工務店さんの住宅におけるテレビアンテナ設置の場合、どのようなアンテナ工事であっても、まず家屋の特性や住宅機能、他の設備などとの調和を重視し、配線などがシンプルに整理された見栄えのいいテレビアンテナ設置を行なっています。見栄えのいい施工には安定した地デジ、衛星放送の受信とアンテナの長寿命を実現する他、メンテナンスや万が一のトラブルの際の修理もスムーズに行えるメリットがございます。

 

やや大型になる八木式アンテナやBS/CSパラボラアンテナでは、例えば壁面やベランダの外、内側など、風雨を受けにくい位置に設置して老朽化を軽減する工法がございます。

 

ベランダ内側への設置では空間を少し消費いたしますが、その分、老朽化や故障のリスクを抑えられ、メンテナンスも簡単になります。ただテレビアンテナは基本的に、地デジ電波を発信する放送局や、衛星放送の電波の方向にアンテナを向けることが必須となるため、ご自宅の位置や角度などの条件により、ご自宅内でもアンテナを設置できる場所に制約が生じます。その点はどうかご承知おきください。

 

またご自宅が海沿いにある場合は、潮風により八木式アンテナやBS/CSアンテナのサビが進み、故障や寿命低下を招く塩害が、積雪の多い地域ではアンテナへの積雪により受信不良や故障、寿命低下を招く雪害が生じることもございます。

 

他にも台風や強風の多い地域では、やはり風雨によるダメージの蓄積などもあり、現場の自然環境によってテレビアンテナにさまざまな影響が発生するケースが考えられます。

 

このような自然環境からテレビアンテナを守る対策としては、塩害ではアンテナ本体や固定具、ケーブルなども含めて錆びに強い抗サビ、対塩害仕様のものを使用する。雪害では通常より取付金具の強度(耐荷重)が高く、表面に雪が付着しにくい加工がなされた雪害対策用のアンテナを用いるなどの方法がございます。

 

さらにテレビアンテナや接続部全体を覆う「レドーム」と呼ばれるカバーを装着することで、雪害、塩害をはじめ、さまざまな自然環境や経年劣化への対策に高い効果が得られます。

 

また当あさひアンテナをはじめ、一条工務店さんと提携するアンテナ工事の職人は、その住宅の品質にふさわしい高いテレビアンテナ設置技術を備えております。

 

弊社の場合では、例えば八木式アンテナでは、専門的な技法によりアンテナケーブルや接続各部に防水テープを隙間なく巻きつけ、浸水や塩分による腐食を阻止する緻密な施工を行っており、潮風や強風、積雪などの影響を受けやすい地域でも、通常の八木式アンテナと代わらない強度と寿命をお約束いたします。

 

壁面に設置するデザインアンテナでは自然環境への抵抗力が高くなりますが、弊社では壁に取り付ける際のネジ穴に防水用シリコンを埋め込み、穴からの浸水などによる腐食を防止するなど、家屋の品質を損ねないアンテナ設置工事を実践しております。

 

またデザインアンテナでは、ご自宅の外観にまったく影響を与えず、降雪や潮風など自然環境の影響も受けず、経年劣化を最小限に抑える工法として、屋根裏(天井裏)の空間にデザインアンテナを設置する工法もございます。

 

ただ屋根裏へのデザインアンテナ設置は、屋根という外壁を隔てるため、どうしても屋外より地デジの電波状態が低下いたします。

そのため現場の地デジ電波状態やご自宅の屋根裏空間の形状、断熱材の素材などの条件によっては、設置スペースが確保できない、地デジ電波が受信できないため工事が不可能となるケースや、別料金で高性能アンテナやアンテナブースターなどの設置が必要となり、工事の価格が上昇するケースもございます。その点は何とぞご了承ください。

アンテナ本体 型番

  • デザインアンテナsss

    型番:UAH201(最新モデル)
    (同軸ケーブル:白か黒の2色のうち、おすすめは外壁になじむ色)
    工事費込み 20,000円(税込)

    カラーバリエーションはオフホワイト、ライトブラウン、スーパーブラック、ブラックブラウンの4色から現場で選択することが可能です。同じUHF20素子相当のデザインアンテナを比較した場合、業界トップクラスの受信性能、高利得を誇る大手DXアンテナ社製。本体の厚みはわずか4.9cm、サイズは9cm×22cmで業界最小クラス。コンパクトサイズのため狭い屋根裏や天井裏などへの取り付けも最適。壁面に取り付けの場合は、極細のビスを6箇所打ち込んで金具を取り付け、金具にガチャンと本体をはめ込みボルトを締めるだけの簡単施工が可能なため建物へのダメージを極力軽減できます。ブースターが必要な場合はUAH201の背面にスッキリ取り付けられる構造になっており、表にブースターが露出しないので外観もキレイに保てます(弊社では電波状況が悪くない限り、なるべくブースターも屋内の、分配器の近くに隠してしております)。修理の場合、ブースター内蔵タイプのデザインアンテナとは異なり、ブースターだけの交換をできるメリットがあります。太陽光発電システムや片流れ屋根で屋根上に屋根馬を立てられず昔ながらの八木アンテナを設置できない住宅にも最適。耐風速(破戒風速)50m/sですが、屋内や外壁など、強風の影響を受けにくい取り付け位置と形状をしているため、災害にも強いアンテナとなっております。当店人気ナンバー1の地デジアンテナでございます。

  • 八木アンテナ

    型番:UA20(最新モデル)
    工事費込み 15,000円(税込)

    その昔、八木秀次博士が発明した形状(魚の骨のような形状)からマイナーチェンジを繰り返し洗練されたフォルムとなり、中・弱電界エリアにも対応可能な安心のDXアンテナ社製。UHF20素子アンテナの性能で、吹きさらしで障害物の少ない屋根上に設置することが多いため利得が高くなっております。万が一、壁面や屋内でデザインアンテナを取り付けられない物件 にも最適。従来の鉄製の太いワイヤーとは異なり、ステンレス製の丈夫で錆びにくいワイヤー(支線)を採用。アンテナマストから屋根の四隅に向けて4本の支線を張り巡らせ、さらに張り巡らせた支線の途中からも屋根馬に向けて4本の支線をバランスよく張り、合計8本の支線で頑丈に設置しております。サイズは51.8cm×34cm×101.4cmとなっており、VHF(アナログアンテナ)と比較して、大幅なサイズダウンと軽量化がなされています。しかも耐風速(破壊風速)50m/s。地デジ放送が始まる前の時代より、屋根上に設置するアンテナは災害に強くなっていると言えるでしょう。当店で人気ナンバー2の地デジアンテナでございます。

  • 2K4K8K対応 BS/CS110度アンテナ

    型番:BC45AS(最新モデル)
    工事費込み 15,000円(税込)

    2018年12月1日以降、実用放送開始予定の4K8K衛星放送(NHKのみ4K&8Kを同時配信)に備えてオールマイティーなDXアンテナ社製のBC453をBS放送、CS放送をご覧になりたいすべての方へ提供しております(大規模な集合住宅は例外)。従来の2K専用BS/CS110 度アンテナと同じでサイズで円盤の直径は45センチ。そうでありながら、電送周波数の帯域が広いため、従来のフルハイビジョン(2K放送・約200万画素)からスーパーハイビジョン(4K放送・約800万画素/8K放送・約3,300万画素)まで受信可能です。「大は小を兼ねる」と言えます。2020年のオリンピックに向けて4K8Kの実用放送がますます拡充されるということが総務省より発表され、各メーカーの4K8Kテレビは増産がはじまり、その価格も落ち着いてきました。そのような状況のなか、あさひアンテナにも2K4K8K対応BS/CS110度アンテナの問合せが数多く寄せられております。最新式のアンテナでも、大量仕入れでコストをおさえて仕入れておりますので、低価格を実現できました。