株式会社オープンハウス様の住宅における各種テレビアンテナ設置工事

2021年06月03日

21世紀、令和の現代社会は、高度な情報化社会だといえます。インターネットやスマートフォンの普及により、人はどこにいても必要な情報にアクセスできます。しかしそのような現代でも、テレビはいまだに大きな地位を占めています。

日本では1953年(昭和28年)2月1日にテレビ放送の本放送がはじまって以来、2021年(令和3年)現在で68年。いわゆる地上波テレビ番組がかつての地上波アナログ放送から、2011年(平成23年)7月24日に、地上波デジタル放送(地デジ)へと完全に切り替わってからもすでに約10年になります

テレビ本体もかつてのブラウン管テレビから、薄型で大画面も可能な液晶テレビとなり、BS/CS衛星放送の視聴、フルハイビジョンから4K8Kの高画質化、またデータ放送によりニュースや天気予報などの確認、テレビから懸賞などへの応募も可能になっています

またテレビ本体もテレビ番組の視聴だけでなく、パソコンやゲーム機、またブルーレイレコーダー、ハードディスク、外部メモリなど録画再生機器との接続。さらにはテレビに接続するスティック型パソコンの登場や、テレビを直接、インターネットと接続して、インターネットや動画サイトを閲覧できるなど、パソコンやタブレット同様の使い方も可能になっています。

しかし現在でも主なテレビの使い道といえば、地上波デジタル放送をはじめとするテレビ放送の視聴でしょう。

特に地デジは基本的に無料であり、最新のテレビドラマ、アニメ、バラエティ番組などから、報道番組まで、お茶の間で視聴できる利便性に変わりはありません。特に災害時などには、テレビはもっとも身近で確実な情報源のひとつになります。

ただご家庭でテレビ番組をご覧になるには、テレビ本体だけでなく、各種テレビアンテナの設置工事も必要です。現在の日本では大半のご家庭において、すでにテレビアンテナ設置がなされていると思われます。

しかしご自宅を新築なさる場合や、建売住宅、中古物件へのお引越し、またリフォーム、リノベーション工事などの際には、あらためてテレビアンテナ工事が必要となります。ご新居であれば新たなテレビアンテナの設置工事が、中古物件やリフォームなどでも、すでに設置されているテレビアンテナの老朽化、旧式化や、リフォームされた家屋に最適なアンテナへの交換などで、あらためてテレビアンテナの点検や再設置などが必要となることも多くございます。

基本的に一般のご自宅に設置するテレビアンテナでは、東京スカイツリーなど地デジ電波を送信している放送局から、NHK、広域民放などの地上波デジタル放送を受信する地デジテレビアンテナが必要です。さらにBS、CSなどの衛星放送もご覧になりたい場合は、BS/CS110度アンテナも設置する必要がございます。

ただどちらのアンテナも、お客様のご要望を踏まえ、現場ごとに、アンテナ工事のプロによる地デジや衛星放送の電波強度、ご自宅で受信できる地デジ中継局や電波の方向など、基本事項の確認が必須です。さらに高い施工技術に基づいた、確実で安定した地デジ、衛星放送の受信性能から、アンテナ本体の長寿命、高い耐久性などの条件を満たす適切なアンテナ工事も必要です。

ここでは日本のハウスメーカー、住宅メーカーである株式会社オープンハウスさん住宅を購入されるお客様が、各種テレビアンテナ設置工事をお任せされる場合についてご解説いたします。

オープンハウスさんは、東京都千代田区に本社を置く総合不動産会社です。1996年(平成8年)11月に株式会社アプローズとして設立され、1997年(平成9年)9月に株式会社オープンハウスへと商号変更しました事業内容は、不動産売買の代理・仲介事業新築戸建分譲事業マンション・ディベロップメント事業不動産投資事業不動産金融事業およびそれらに付帯関連する事業です。

具体的には、注文建築による一戸建て住宅の建築請負、建売分譲住宅の建築と販売、マンションなどの賃貸物件の建築、分譲など、またそれらに関連する事業になります。

オープンハウスさんは「東京に、家を持とう。」のキャッチフレーズで、首都圏において知名度を上げ、急成長した企業です。また愛知県では「名古屋に、家を持とう。」、福岡県では「福岡に、家を持とう。」というキャッチフレーズで展開しています。

またアメリカに、家を持とう。」のキャッチフレーズ、富裕層を対象した「アメリカ不動産事業」展開しており、中央区銀座にあるGINZA SIX内に「OPENHOUSE GINZA SALON」という拠点設置しております

2018年(平成30年)には、オープンハウスさんは、アメリカの経済雑誌「フォーブスが発表する「アジアの優良上場企業50社」にノミネートされていますAI(人工知能による業務の工数削減などのデジタルトランスフォーメーションにも積極的に取り組んでおり「泥臭い営業デジタルの融合」が急成長を支えているとも評価されています。

現在のオープンハウスさんは東京都を中心に、不動産仲介事業、新築戸建分譲、マンション開発事業で自社ブランドを展開しています。マンション開発事業については「オープンレジデンシア」ブランドを展開しており、2017年(平成29年)、2018年(平成30年)の2年連続で東京23区のマンション供給棟数において国内最多を記録しています

また現在グループ企業であり、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の首都圏と、愛知県、福岡県の各地に店舗を置き、事業を展開しています。主な連結子会社には、株式会社オープンハウス・ディベロップメントさん、株式会社オープンハウス・アーキテクトさん、株式会社OHリアルエステート・マネジメントさん、株式会社アイビーネットさん、サチハワイ総合不動産会社/Sachi Hawaii-Pacific Century Properties,LLCさん、株式会社ホーク・ワンさん、株式会社プレサンスコーポレーションさん、株式会社群馬プロバスケットボールコミッションさんなどがあります。

株式会社オープンハウス様が提供する住宅について】

このようにオープンハウスさんは、東京を中心とした近隣県と愛知県、福岡県、およびアメリカ合衆国で注文建築、分譲住宅、マンション事業などを行っている企業です。

なおマンションに関しては各棟ごとに施工の時点で、全戸で受信できる共同アンテナやケーブルテレビなどの設備が設置されています。そのためマンションの各部屋をご購入、入居されるお客様が、個々にアンテナ工事などを行う必要はございません。

ここでは各住宅ごとにお客様がニーズに応じてアンテナ設置工事を行われることになる、オープンハウスさんにおける国内での注文建築、分譲住宅の一戸建て住宅について、詳しくご説明いたします。

・オープンハウスさんの住宅における「3つの安心」

オープンハウスさんでは、住宅をご注文、ご購入いただいたお客様が、末永く安心して暮らしていただけるよう、「地盤保障」「耐震性」「アフターサービス」の3点について、しっかりした配慮と保証をご用意しております。

「安心その1・地盤保証システム

地盤調査とは、住宅を建設する前の土地の地盤がその建物の重さに耐えられるかどうかを調査することです地盤が弱いと建物の重みによって、家屋が部分的に沈む「不同沈下が起こって、建物のゆがみや破損が発生するリスクがございます。そのため家屋の建築前に、地盤がどの程度の重さに耐えられるか調査しておくことは、住宅を建てる上での必須事項なのです

オープンハウスさんでは、住宅建設の着工前に地盤調査として「スクリュードライバーサウンディング試験」「スウェーデン式サウンディング試験を実施しており、その結果、必要に応じて地盤改良工事を施し、地盤の強度をしっかりと確保した上で建築を行います。

まず地盤調査によって割り出された各調査データを総合的に解析し、該当建物と地盤にとって最適となる基礎仕様によって施工いたします。オープンハウスさんでは地盤解析改良工事を請け負う会社を切り離しており、調査データを第三者的な立場で解析判定して、データに基づいた適切で確実な改良工事を行っております。

また地盤解析の結果、軟弱地盤などで基礎や家が傾き、沈下するリスクがあると判断された場合、主にいったん土地全体を掘り返して、土に固化材を混入して埋め直し、十分な圧力で地ならしを行ってしっかりした地盤へと作り変える「表層改良工法」。地盤の複数個所を深い柱上に掘削し固化材を注入して固める「柱状改良工法」。同じように地盤の複数個所に、所定の深度まで金属製のパイプを回転させて打ち込む「鋼管杭工法」の三種の工法から、地盤の状態に合わせてもっとも適切な工法を選んで、基礎の補強工事や地盤改良工事を実施します。

さらにオープンハウスさんの地盤調査の結果については、累計14万棟の実績をもつ支援機構が保証判定を実施いたします万が一、オープンハウスさんの住宅において、地盤沈下など、地盤に起因する家屋のトラブルが発生した場合には最高額で5,000万円の保証が受けられます。また保証期間については最長20年間となります

なお、オープンハウス・ディベロップメントさんが土地の分譲から建物の建築まで一貫して請け負う場合は、地盤調査地盤改良の費用は建築費用に含まれます。

「安心その2・耐震構造」

オープンハウスさんの住宅は、伝統的な「木造軸組在来工法」によって建設されています。「と「筋交い」という構造材、さらに「耐力壁」という面材を用いて、建物の剛性(強さ)を向上させています。さらに建築基準法定められた基準に対して、自社規定によって十分な耐震性を確保しておりもしもの地震に対しても安心安全な家づくりを行っています。

オープンハウスさんでは、建築基準法定められた基準に対して、柱の位置梁のサイズ本数、また土台と柱をつなぐ金物など、専用の計算ソフトによって「構造計算を行い、十分な耐震性を確保しております。また床合板(水平構面)については、3階建ての場合、すべての階の床に24mm厚以上の構造用合板を張り、床全体を強靭な一枚板とする高い水平剛性を確保することにより高い強度を誇る耐震性を実現しています

住宅の基礎構造に関しては「フルベースベタ基礎」を採用しています。「ベタ基礎」とは、部分(点)で建物を支える従来の布基礎に対して、建物の基礎全体に鉄筋入りのコンクリートを敷き詰める工法です。

ベタ基礎は布基礎と違って敷き詰められた基礎の全体(面)で建物の重みを支えるため、不動沈下が起こりにくい上、剛性が強く耐震性が高まる。さらに地面からの湿気やシロアリにも強いという特性があります。特にオープンハウスさんのフルベースベタ基礎では、構造検討を行うことにより適切な鉄筋量を算出し、安全な基礎を構築します

オープンハウスさんの住宅では「」「などの木材は、専用のプレカット工場におけるコンピュータ制御システムにより、ミリ単位まで正確に加工されます。そのため各部材をバランスよく精密に組み合わせることが可能になります

さらにプレカット工場によりあらかじめ部材を加工することで、従来の現場で部材を加工する工法に比べて、雨などの悪天候、悪環境による部材の劣化や、職人が十分に技量を発揮できないといった状況が起こらず、住宅の高品質が保証されます。部材があらかじめ加工されていることで、現場での作業工程が少なくなり、施工日数やコストの軽減にもつながります。

構造躯体」となる柱や梁には、「エンジニアリング・ウッド(構造用集成材)」を標準採用していますエンジニアリング・ウッドとは、原料となる丸太から切り出した、「ラミナ」と呼ばれるひき板や小角材などを乾燥させ、節や割れなど自然の木材にある質の劣る部分を取り除き、繊維方向をそろえて接着して作る木質材料のことです。天然木材の無垢材では、どうしても品質などにばらつきが生じます。しかしエンジニアリング・ウッドは、木材の高品質な部分のみを集め、加工し、均質にして成形した木材の工業製品ともいえるもので、均一な高品質で強度や寸法安定性、耐久性に優れており、湾曲した材料も製造できるなどの特徴があります。

オープンハウスさんのエンジニアリング・ウッドは最新の木材乾燥技術によって木材の細胞膜中の水分まで放出させ、含水率を抑えています。その特徴としては、曲げ強度(ヤング係数)が無垢材の約1.5倍狂い、反り、割れなど変形強度のばらつきが少ないといった点が挙げられます。

柱や梁に設置される「引き寄せ金物(ホールダウン金物)」は、構造計算によって算出された適切な金物を施工します。地震などによる柱の引き抜きに対応し、地震に耐えられる頑強な構造を実現するホールダウン金物を採用しています。1994年(平成6年)阪神大震災、木造3階建ての住宅に被害が少ないという事実がございま。これは木造三階建て構造計算を行い、ホールダウン金物を設置していたためだと考えられています。

面材耐力壁」には「novopanSTP」を採用しています。面材耐力壁は、地震力などの水平荷重を壁面全体で受け止め、四周に留めた一本一本の釘で支えるものです。この耐力面材「novopanSTP Ⅱ」を住宅の外周部全体に施工し、高い耐震性を実現しています。

この「novopanSTP Ⅱ」「筋交い」併用することによ、最高で壁倍率7.0倍の強度を実現できる他、住宅の開口部大きく取れるという利点もございます。

オープンハウスさんの住宅では、玄関を一段下げたタイプの物件には「気密基礎パッキンを採用、床下の通風性を向上させています。

また建物のすべてに一般的なグラスウール製の断熱材よりも気密性が高く、防湿機密性にも優れた「高性能グラスウール」を採用しています。住宅で外気に接する部分には、すべて断熱材を敷き詰めており、上から準耐火仕様の石膏ボードとクロスを貼るため空調効率がよく、屋内外での万が一の火災の際にも、延焼を防止できる家を実現しております。

さらにオープンハウスさんの注文住宅は、オプションで制震装置の設置も可能です。制振装置とは、家屋の強靭さで地震の揺れに耐える耐震構造ではなく、地震の揺れを吸収する装置を家屋の各部に設置することで、地震による家屋のダメージを軽減するものです。耐震構造と制振装置の併用により、長年にわたって高い耐震性を維持することが可能です。

オープンハウスさんでは、土台梁との接合部分で効率く揺れを吸収する「ダイヤモンド型フレーム」と大きな減衰力で揺れや変形を低減する「鉄のダンパー」の2つの制震装置をご用意しております。

「安心その3・アフターサービス」

オープンハウスさんでは、住宅のお引き渡し後も、構造耐力上主要な部分への保証はもちろん第三者保証、長期保証などもご提供しております。また定期的な点検メンテナンスサポートなどもご用意しており、充実したアフターサービスによってお客様がマイホームにて長く、安心して暮らしていただけるようサポートを続けていきます。

住宅の保証期間については、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品格法)により、新築住宅の構造耐力上主要な部分(基礎・柱・梁など)雨水の侵入を防止する部分(屋根・外壁など)」の瑕疵保証を10年間にわたって行うことが、住宅供給者(ハウスメーカー)に義務付けられており、もちろんオープンハウスさんでも対応しております。

また。この「10年保証をより確実にするためには、信頼できる第三者のサポートが必要となります。そこでオープンハウス・ディベロップメントさんでは、財団法人住宅保証機構に登録し、住宅瑕疵担保履行法(特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律)にもとづく保険に加入しております。

さらにオープンハウスさんでは、お引き渡し後1年、2年の節目に、無償にて定期点検を行っています。定期点検の時期には事前にご連絡の上、点検専門の委託業者(株式会社バーンリペアさん)がご自宅のご訪問いたします。その際の指導事項などについては、保証書で規定された条件に則して誠心誠意対応してまいりますので、その都度ご連絡ください。

・オープンハウスさんの「注文住宅」

オープンハウスさんでは、注文建築、分譲住宅ともに、お客様のニーズにお応えするさまざまなサービスをご用意しております。

立地から住宅そのものまで、マイホームに強いこだわりをお持ちのお客様にとっては、分譲住宅などではなかか希望通りのお住まいは見つけられないと思います。オープンハウスさんでは、まず土地から探して、こだわりの家を実現する「注文住宅」をご用意しており、それぞれのご家族のライフスタイルに合致した「理想の家」を安心価格でご提供いたしております。

「オープンハウスさんの注文住宅における『土地探し』」

オープンハウスさんで注文住宅をご検討のお客様には、まずは「住みたいエリア」からご検討ください。

例えば「住み慣れた街」や「あこがれの地域」または「通勤しやすい地域」「お子様の学区を重視」など、ご家庭によってさまざまな条件があると思います。土地の仕入れ能力に定評のあるオープンハウスさんであれば、ご希望の街の好立地な物件を、豊富な選択肢の中からぶことができます。

「オープンハウスさんの注文住宅における『設計』と『参考プラン』」

お客様のご希望通りのマイホームを実現する注文建築ですが、お客様にとっては、現実的に住宅への希望がどこまで実現できるか、土地や周辺地域などの条件、またご予算枠でどこまでの住宅が可能か、さらには具体的なイメージの組み立て方がわからないなど、さまざまなお悩みがあると思います。

そこでオープンハウスさんでは、住宅を建てる土地ごとに「参考プラン」をご用意しております。参考プランとは、それぞれの土地の形状や周辺環境などを踏まえた、設計士おすすめの建築プランになります。

オープンハウスさんの設計師は、シンプルな外観と使いやすい間取り、さらに光と風に恵まれた快適な参考プランをご提案いたしており、選んだ土地に「どんなマイホームを建てられるか」というイメージづくり活用できます

この参考プランが気に入っていただければ、そのままご採用いただくことも可能で。建築費用もプランごとに明示されているため安心できます。なお参考プランの費用目安は、おおよそ1,200万円から、1,500万円(税込)になります

もちろん「注文住宅」であるからには、参考プランをベースにして、お客様それぞれのライフスタイルにあわせてお好みのマイホームを仕上げていく「カスタマイズ」がメインとなります。オープンハウスさんの注文住宅は、参考プランをベースに間取り、内外装、設備を選べるセミオーダー形式になっており、設計士がお客様と一緒に考えてゆき「理想の家」を叶えます。

例えば、外壁やアプローチなどの敷石、ドア壁紙などの内装、キッチンやバスルームなど、ショールームにて実物を見ながら選ぶこともできます

総じて、オープンハウスさんの「注文住宅」のメリットは、参考プランであれば建売住宅と大差のない費用で建てられる。フルオーダー住宅に比べると価格が低く、完成までの手間が少ない。設計士と直接、相談しながらこだわりを実現できる注文建築でありながら建売住宅に近い価格と手軽さを備えていることなどになります。

一方で構造や仕様など、すべてを自由に決めることはできない。また建売住宅に比べると、打ち合わせなどに時間や手間がかかるといったデメリットもございます。

オープンハウスさんの注文住宅は、建売住宅に近い価格でできるだけ希望通りのマイホームを実現したい。また時間や手間がかかっても、建物へのこだわりを実現したい住宅の間取りに、どうしても譲れない希望の条件があるといったお客様におすすめとなります。

オープンハウスさんの「分譲住宅」

オープンハウスさんでは、前述のように東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県といった首都圏の主要地域と、愛知県、福岡県の各地に分譲住宅地を置き、さまざまな建売住宅を販売しております。そしてオープンハウスグループさんは、2021年の’21年度全国No.1ホームビルダー大全集」において、東京都区部No.1、神奈川県No.1、さいたま市商圏No.1、名古屋区部No.1を獲得しています

オープンハウスさんの分譲住宅が、このような高評価を獲得した理由には、以下のような要因がございます。

限られた敷地でも広い住空間を実現し、敷地の条件を活かしきる設計力

オープンハウスさんは、長年の豊富な実績と蓄積されたノウハウによって取得した土地の特性を最大限に活かしプランニングを実践しておりますそのため地域の法的規制や厳しい土地条件をクリアし、多彩な企画力と設計力によって、広い住空間を実現しています。

都心でリーズナブルな価格を実現する、設計の強みを活かした土地の仕入力

オープンハウスさんは、自社独自の建築ノウハウを構築しています。それを活かして首都圏や愛知県、福岡県内など営業エリア内をくまなく回って、他社では商品化が難しい土地や割安な住宅用地など仕入れ、高度な設計技術により住宅を建設。土地の価格を抑えることで、家屋そのものの品質は決して落とすことなく、通常よりリーズナブルな住宅を提供しております。

「丁寧でスピーディな接客と、豊富な独自物件を活かした提案力

オープンハウスさんでは、分譲住宅、注文建築のどちらをご希望のお客様にも、プロの営業スタッフがついてサポートいたします。

現代はインターネットでさまざまな情報を収集できる時代ですが、特に住宅に関する専門知識の乏しい方が、莫大な情報から適切なものを選び出すのは、かえって困難となります

オープンハウスさんの営業スタッフは、一顧客一担当制であり、熱意と行動力のある若手から、知識と経験の豊富なベテランまで豊富な人材が専門知識を駆使し無駄な時間や労力を省いて効率よく「理想の家」を手に入れられるよう、全力でお手伝いいたします。

具体的には、お客様が漠然と家の購入を考えはじめた最初の時期には、営業スタッフはお客様のコンサルタントとして親身になってご相談に応じます、住宅の知識がない方でも、初歩的な疑問からお悩みまで誠意をもってお答えし、今後の段取りを教えます。

ご相談の結果、お客様が理想とする住宅のご希望条件が確定し、物件をお探しになる段階では、頼れるパートナーとしてご希望条件にもとづく物件探しを代行し、インターネット上に公開される前の新着情報もいち早くお伝えいたします。

ご希望に沿う複数の候補が出そろった時点では、営業スタッフは信頼できるアドバイザーとして、住まいのプロフェッショナルならではの視点で環境や立地、お好みのテイスト、住宅の将来性やローンの支払いなどお客様が見落としがちなポイントや注意点、評価点など、さまざまな助言により、お客様が決して後悔なさることのないマイホーム購入をご案内いたします。

そしてご契約の時点でも、営業スタッフはお客様に寄り添い、お客様以上の真剣度を持って、トータルな考慮とスピーディなご提案で一緒に考え、きめ細かくサポートいたします。オープンハウスさんの営業スタッフは、家探しの最初から最後まで、お客様にご納得とご満足いただける接客をお約束いたします。

「ユニークなCMで知名度アップ

オープンハウスさんは2021年現在放送中のテレビCMでもよく知られています。戸建て住宅が欲しい賃貸住宅住まいのを演じるのは、NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」主演などで知られる女優の戸田恵梨香さん。夫役はお笑いトリオ「東京03」の角田晃広さん。

夫に戸建て住宅をねだるも、いつもはぐらかされてしまう戸田さん。しかしそこに、現在の家に住む妖怪、座敷童子が登場。演じるのは映画「LIARGAME」などで知られる二枚目俳優、松田翔太さん。戸田さんにしか見えない座敷童子も一戸建てに興味があり、妻と妖怪、ふたり(?)で夢の一戸建てを入手すべくあの手この手の作戦を繰り広げるという、シュールにしてコミカルなシリーズCMになっています。

株式会社オープンハウス様の戸建住宅におけるテレビアンテナ工事】

このようにオープンハウスさんでは、耐震性、断熱性など、基本的な住宅性能の高さや充実したアフターサービスはもちろん、参考プランをベースにしてリーズナブルに理想の住宅を実現できる注文住宅。東京都心やその周辺、また愛知県や福岡県において、ご希望の条件でリーズナブルにマイホームを取得できる分譲住宅と、お客様のニーズに応じたさまざまな住宅プランをご用意しております。

オープンハウスさんの住宅において地上波デジタル放送やBS/CS放送など各種テレビアンテナ工事に関しては、ご入居の前に、お客様のご要望に応じたものを、株式会社オープンハウスさんと提携した専門のアンテナ工事業者が設置することになります。

まずはプランニングの段階で、お客様の地デジ、BS/CSのテレビ(TV)放送などアンテナに関するご要望を確認いたします。そのためお客様におかれましては、入居されてテレビ本体を設置すれば、すぐに地デジ放送をはじめ、ご希望の各種テレビ放送をご覧になることが可能です。

お客様のテレビアンテナ設置工事に関するご要望では

「受信性能が安定して故障しにくいアンテナを」

CS/BSのテレビ(TV)放送を観たい」

などの基本事項はもちろん、

「アンテナ本体設置工事費用を安く抑えたい

目立たず家屋の外観を崩さないアンテナ機種がほしい

「屋内の各部屋でテレビ(TV)放送を観たい」

「テレビ(TV)への配線を目立たなくしたい」

など、さまざまなものがございます。

またオープンハウスさんの主な影響地域にあたる首都圏では、地デジ放送の東京MX、テレビ神奈川(TVK)、千葉テレビ(CTC、ちばテレ)、テレビ埼玉(TVS、テレ玉)など、特定の都道府県を対象にした地方テレビ局(地方チャンネル)のテレビ(TV)番組を、別の都道府県でも視聴することは可能か、というご相談も多く聞かれます。

いわゆる東京MXなどの地方テレビ(TV)局、地方チャンネルは、基本的に東京都内の東京MX、神奈川県のテレビ神奈川など、その都県のみを対象とするローカルテレビ(TV)放送局になります。

例えば東京MXは、主に東京スカイツリーから地デジ電波を発信しております。ただし通常のNHKや広域民放の地デジ電波に比べると電波の出力が弱いため、東京MXの地デジ電波はスカイツリーを中心に、神奈川県では厚木市や横須賀市あたり。埼玉県では行田市や川越市、東松山市や行田市のあたり。千葉県では野田市、成田市、八街市、木更津市のあたりまでが受信できる限界になります。また東京都内でも青梅や奥多摩などの南部にあたり、スカイツリーからの東京MXの地デジ電波が届きにくい地域には、要所に中継局が設置されています。

同じように千葉県の千葉テレビでは船橋市の船橋局、埼玉県のテレビ埼玉ではさいたま市桜区の浦和局など、県内で中心となる地デジ電波放送局の他、県内の各地に中継局が設置されており、各地方テレビ(TV)局の地デジ電波は、該当する都道府県内のほぼ全域と、隣接して中継局に近い他都道府県の一部地域であれば受信できます。

ただ各地方テレビ(TV)局の地デジ電波が届く限界に近い地域では、地デジの電波状態が安定せず、安定した受信のためには高性能アンテナや、地デジ電波を増幅するアンテナブースターなどの設置が必要なケースもございます。

また地デジアンテナは、地デジのテレビ(TV)電波を発信する電波塔に向ける必要がございます。そのため同じ地デジのテレビ(TV)電波でも、NHK、広域民放の地デジ電波を発信するスカイツリーなど主要な中継局と、各地方テレビ(TV)局の地デジ電波を送信する中継局との位置が異なる場合は、各中継局に向けた別個の地デジアンテナ設置が必要となり、工事費用がかさむケースも考えられます。

他地域の地方テレビ(TV)局が受信できる地域では、現場によっては地デジ電波が高層ビルなどに反射した「反射波」を利用して、方向の異なる地デジ電波を一台の地デジアンテナで受信できるケースもございますが、どのような現場でも必ず可能とは申せません。

テレビアンテナを設置するご自宅やその場所、立地によっても、地デジ放送、BS/CS放送の受信に関して、さまざまな条件が生じてまいります。例えば「地デジの放送局から距離が遠い」「現場周辺の地形が複雑になっている」「住宅の近隣に高層建築がある」などの要因で地デジの電波状態が悪いといった問題から「海沿いや豪雪地帯のため、サビや積雪によるテレビアンテナの故障が発生しやすい」などの問題もございます。

オープンハウスさん住宅ではテレビアンテナに関しても住宅のスタイルや機能との調和を重んじつつ、地デジや衛星放送の受信感度、デザイン性、耐久性から、費用や価格など、お客様のあらゆるご要望に応じる設置工事を実施いたします。

オープンハウスさんではご入居の前に、提携する当あさひアンテナなど、確かな技術をもつ専門のアンテナ工事業者がアンテナ設置工事を担当し、お客様や株式会社オープンハウスさんとの綿密な連携により、ご要望に応じたさまざな工法をご提案いたします。

また現在ではテレビアンテナによる地デジや衛星放送の受信に限らず、ケーブルテレビ(TV)、インターネットの光回線(光テレビ(TV)など)のご利用でも、地デジなどと同じ各種テレビ(TV)放送をご視聴いただけます。

そのため他地域の地方テレビ(TV)局を視聴したいなどのご要望や、現場の地デジ電波状態などでは、ケーブルテレビ(TV)や光回線をご利用されるほうが安定して多くのテレビ(TV)チャンネルをご視聴できる上、価格もアンテナ工事費用などよりもリーズナブルな場合もございます。その場合はアンテナの設置にこだわらず、ケーブルテレビ(TV)や光テレビ(TV)などの設置工事をご提案いたしております。

・テレビアンテナの種類

まず現在、ご家庭で用いられる基本的な地デジ用テレビ(TV)アンテナの機種は「八木式アンテナ」と「デザインアンテナ」になります。

「八木式アンテナ」は屋根の上などによく見られる、昔ながらの魚の骨のような地デジアンテナです。日本ではアナログテレビ(TV)放送の黎明期から使われている機種になります。素材や耐久力などは時代につれて進化し続けていますが、アンテナの基本設計は開発当時から変わっていません。それほど設計の完成度が高く、現在でも地デジ電波の高い受信能力を誇るテレビ(TV)アンテナの機種です。

特に高所に設置できることもあり、テレビ(TV)放送局から距離が遠い、また地形が複雑な地域でも高い受信能力を発揮する優秀な地デジアンテナです。反面、基本的に屋外に設置される八木式アンテナは風雨などの影響を受けやすく、歳月により確実に老朽化していく弱点もございます。また家屋のデザイン性を重んじるお客様からは、家屋の外観性が悪くなるとのご意見をいただくこともございます。

「デザインアンテナ」は家屋の外壁などに設置する、平面で軽量薄型の地デジアンテナです。家屋の外観を損なわない、自然環境の影響を受けにくく経年劣化を軽減できる、修理やメンテナンスも簡単など多くのメリットがあり、現在では人気ナンバーワンの地デジアンテナです。薄型でさまざまなカラーもあり、壁面デザインの一貫としてもマッチいたします。

また現在のデザインアンテナは基本モデルが20素子相当であり、八木式アンテナと比べて地デジ受信の性能にほとんど差はございません。ただデザインアンテナは八木式アンテナよりも設置位置が低い分、地デジの受信感度もやや低くなる傾向がございます。アンテナ本体価格や設置工事費も、八木式アンテナに比べるとやや割高になります。

BS/CSテレビ(TV)放送では、従来のハイビジョン(2K)放送だけでなく、現在では超高画質となるスーパーハイビジョン、4K8Kの衛星テレビ(TV)放送に対応した、2K4K8K対応BS/CS110度アンテナがございます。

4K8K放送では、テレビ(TV)受像機、いわゆるテレビ本体も4K8K対応のものが必要ですが、株式会社オープンハウスさんの住宅ではBS/CSアンテナ設置工事においても、基本的に2K4K8K対応BS/CS110度アンテナが用いられています。また4K8Kなどは求めないので工事費用を安くしたいとお考えのお客様には、通常の2K対応BS/CS110度アンテナの設置も承ります。

・実際のテレビ(TV)アンテナ工事における各種工法

地デジアンテナの機種や各種テレビアンテナ設置工事におけるアンテナ設置の位置や工法などについては、お客様のご要望を元に、株式会社オープンハウスさんより高い工事技術力を認められた当あさひアンテナをはじめアンテナ工事の専門業者が、ご自宅で受信できる地デジの中継局や、現場の地デジ、衛星放送の電波状態などを確認し、もっとも適切なアンテナ設置工事をご提案いたします。

テレビアンテナの設置についても、現在では確実な受信性能を維持しつつ、家屋の外観性の重視から、アンテナの故障、経年劣化などを抑えるためのさまざまな工法もございます。

基本的にオープンハウスさんの住宅におけるテレビアンテナ設置の場合、どのようなアンテナ工事であっても、まず家屋の特性や住宅機能、他の設備などとの調和を重視し、配線などがシンプルに整理された見栄えのいいテレビアンテナ設置を行なっています。見栄えのいい施工には安定した地デジ、衛星放送の受信とアンテナの長寿命を実現する他、メンテナンスや万が一のトラブルの際の修理もスムーズに行えるメリットがございます。

やや大型になる八木式アンテナやBS/CSパラボラアンテナでは、例えば壁面やベランダの外、内側など、風雨を受けにくい位置に設置して老朽化を軽減する工法がございます。

ベランダ内側への設置では空間を少し消費いたしますが、その分、老朽化や故障のリスクを抑えられ、メンテナンスも簡単になります。ただテレビアンテナは基本的に、地デジ電波を発信する放送局や、衛星放送の電波の方向にアンテナを向けることが必須となるため、ご自宅の位置や角度などの条件により、ご自宅内でもアンテナを設置できる場所に制約が生じます。その点はどうかご承知おきください。

またご自宅が海沿いにある場合は、潮風により八木式アンテナやBS/CSアンテナのサビが進み、故障や寿命低下を招く塩害が、積雪の多い地域ではアンテナへの積雪により受信不良や故障、寿命低下を招く雪害が生じることもございます。

他にも台風や強風の多い地域では、やはり風雨によるダメージの蓄積などもあり、現場の自然環境によってテレビアンテナにさまざまな影響が発生するケースが考えられます。

このような自然環境からテレビアンテナを守る対策としては、塩害ではアンテナ本体や固定具、ケーブルなども含めて錆びに強い抗サビ、対塩害仕様のものを使用する。雪害では通常より取付金具の強度(耐荷重)が高く、表面に雪が付着しにくい加工がなされた雪害対策用のアンテナを用いるなどの方法がございます。

さらにテレビアンテナや接続部全体を覆う「レドーム」と呼ばれるカバーを装着することで、雪害、塩害をはじめ、さまざまな自然環境や経年劣化への対策に高い効果が得られます。

また当あさひアンテナをはじめ、株式会社オープンハウスさんと提携するアンテナ工事の職人は、その住宅の品質にふさわしい高いテレビアンテナ設置技術を備えております。

弊社の場合では、例えば八木式アンテナでは、専門的な技法によりアンテナケーブルや接続各部に防水テープを隙間なく巻きつけ、浸水や塩分による腐食を阻止する緻密な施工を行っており、潮風や強風、積雪などの影響を受けやすい地域でも、通常の八木式アンテナと代わらない強度と寿命をお約束いたします。

壁面に設置するデザインアンテナでは自然環境への抵抗力が高くなりますが、弊社では壁に取り付ける際のネジ穴に防水用シリコンを埋め込み、穴からの浸水などによる腐食を防止するなど、家屋の品質を損ねないアンテナ設置工事を実践しております。

またデザインアンテナでは、ご自宅の外観にまったく影響を与えず、降雪や潮風など自然環境の影響も受けず、経年劣化を最小限に抑える工法として、屋根裏(天井裏)の空間にデザインアンテナを設置する工法もございます。

ただ屋根裏へのデザインアンテナ設置は、屋根という外壁を隔てるため、どうしても屋外より地デジの電波状態が低下いたします。

そのため現場の地デジ電波状態やご自宅の屋根裏空間の形状、断熱材の素材などの条件によっては、設置スペースが確保できない、地デジ電波が受信できないため工事が不可能となるケースや、別料金で高性能アンテナやアンテナブースターなどの設置が必要となり、工事の価格が上昇するケースもございます。その点は何とぞご了承ください

アンテナ本体 型番

  • デザインアンテナsss

    型番:UAH201(最新モデル)
    (同軸ケーブル:白か黒の2色のうち、おすすめは外壁になじむ色)
    工事費込み 20,000円(税込)

    カラーバリエーションはオフホワイト、ライトブラウン、スーパーブラック、ブラックブラウンの4色から現場で選択することが可能です。同じUHF20素子相当のデザインアンテナを比較した場合、業界トップクラスの受信性能、高利得を誇る大手DXアンテナ社製。本体の厚みはわずか4.9cm、サイズは9cm×22cmで業界最小クラス。コンパクトサイズのため狭い屋根裏や天井裏などへの取り付けも最適。壁面に取り付けの場合は、極細のビスを6箇所打ち込んで金具を取り付け、金具にガチャンと本体をはめ込みボルトを締めるだけの簡単施工が可能なため建物へのダメージを極力軽減できます。ブースターが必要な場合はUAH201の背面にスッキリ取り付けられる構造になっており、表にブースターが露出しないので外観もキレイに保てます(弊社では電波状況が悪くない限り、なるべくブースターも屋内の、分配器の近くに隠してしております)。修理の場合、ブースター内蔵タイプのデザインアンテナとは異なり、ブースターだけの交換をできるメリットがあります。太陽光発電システムや片流れ屋根で屋根上に屋根馬を立てられず昔ながらの八木アンテナを設置できない住宅にも最適。耐風速(破戒風速)50m/sですが、屋内や外壁など、強風の影響を受けにくい取り付け位置と形状をしているため、災害にも強いアンテナとなっております。当店人気ナンバー1の地デジアンテナでございます。

  • 八木アンテナ

    型番:UA20(最新モデル)
    工事費込み 15,000円(税込)

    その昔、八木秀次博士が発明した形状(魚の骨のような形状)からマイナーチェンジを繰り返し洗練されたフォルムとなり、中・弱電界エリアにも対応可能な安心のDXアンテナ社製。UHF20素子アンテナの性能で、吹きさらしで障害物の少ない屋根上に設置することが多いため利得が高くなっております。万が一、壁面や屋内でデザインアンテナを取り付けられない物件 にも最適。従来の鉄製の太いワイヤーとは異なり、ステンレス製の丈夫で錆びにくいワイヤー(支線)を採用。アンテナマストから屋根の四隅に向けて4本の支線を張り巡らせ、さらに張り巡らせた支線の途中からも屋根馬に向けて4本の支線をバランスよく張り、合計8本の支線で頑丈に設置しております。サイズは51.8cm×34cm×101.4cmとなっており、VHF(アナログアンテナ)と比較して、大幅なサイズダウンと軽量化がなされています。しかも耐風速(破壊風速)50m/s。地デジ放送が始まる前の時代より、屋根上に設置するアンテナは災害に強くなっていると言えるでしょう。当店で人気ナンバー2の地デジアンテナでございます。

  • 2K4K8K対応 BS/CS110度アンテナ

    型番:BC45AS(最新モデル)
    工事費込み 15,000円(税込)

    2018年12月1日以降、実用放送開始予定の4K8K衛星放送(NHKのみ4K&8Kを同時配信)に備えてオールマイティーなDXアンテナ社製のBC453をBS放送、CS放送をご覧になりたいすべての方へ提供しております(大規模な集合住宅は例外)。従来の2K専用BS/CS110 度アンテナと同じでサイズで円盤の直径は45センチ。そうでありながら、電送周波数の帯域が広いため、従来のフルハイビジョン(2K放送・約200万画素)からスーパーハイビジョン(4K放送・約800万画素/8K放送・約3,300万画素)まで受信可能です。「大は小を兼ねる」と言えます。2020年のオリンピックに向けて4K8Kの実用放送がますます拡充されるということが総務省より発表され、各メーカーの4K8Kテレビは増産がはじまり、その価格も落ち着いてきました。そのような状況のなか、あさひアンテナにも2K4K8K対応BS/CS110度アンテナの問合せが数多く寄せられております。最新式のアンテナでも、大量仕入れでコストをおさえて仕入れておりますので、低価格を実現できました。