株式会社アイダ設計様の住宅における各種テレビアンテナ設置工事

2021年06月02日

時代が21世紀、令和にいたっても、テレビはご家庭に欠かせない家電製品のひとつです現代ではテレビ放送も、地上波デジタル放送やBS/CS放送、ケーブルテレビ、光回線など多様化しており。テレビ本体もテレビ番組の視聴だけでなく、ゲーム機やブルーレイなどのモニター、インターネットの閲覧などさまざまな機能がございます。

しかし現在でもテレビの主要な役割といえば、地上波デジタル放送などテレビ番組の視聴になります。お茶の間で多彩なコンテンツを楽しめる地デジ放送の利便性は現代でも変わりはありません。特に災害時など、テレビはもっとも身近で確実な情報源のひとつになります。

ただご家庭で地上波デジタル放送をご覧になるには、テレビアンテナの設置工事必要となります。現在の日本では大半のご家庭において、すでにテレビアンテナ設置がなされていると思われます。

しかしご自宅を新築された場合には、あらためてテレビアンテナ工事が必要となります。建売住宅や中古物件のご購入、またリフォームなどでも、現存するテレビアンテナの老朽化や、最新式アンテナへの交換などで、あらためてテレビアンテナの点検や再設置などが必要な場合もございます。

基本的に一般ご家庭のテレビアンテナでは、東京スカイツリーなどの放送局から、NHK、広域民放などの地上波デジタル放送を受信する地デジテレビアンテナが必要です。さらにBS、CSなどの衛星放送もご覧になりたい場合は、BS/CS110度アンテナも設置する必要がございます。

ただどちらのアンテナも、現場ごとに中継局の方向や電波強度の確認、またお客様のご要望を踏まえ、高い施工技術に基づいた確実で安定した地デジ、衛星放送の受信性能、またアンテナ本体の長寿命、高い耐久性などの条件を満たす、プロのアンテナ設置業者による適切なアンテナ工事必要となります

ここでは株式会社アイダ設計さんの戸建住宅を購入されるお客様が、各種テレビアンテナ設置工事をお任せされる場合についてご解説いたします。

株式会社アイダ設計さんは、1981年(昭和56年)6月1日設立された木造ハウスメーカー(住宅メーカー)です。現在は埼玉県さいたま市桜区に本社を置いており事業内容は不動産業建設業建築設計土地造成プレカット加工損害保険代理業など、基本的に住宅の建築と販売、それに関連する事業になります。具体的には、注文建築住宅の請負と建設。分譲住宅の建設と販売。また土地をお持ちの方のために、賃貸物件の建設と販売、また賃貸経営の支援なども行っています。

現在、アイダ設計さんは、東北地方では宮城県福島県。関東地方では茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県。中部地方では山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県。北陸地方では新潟県。近畿地方では三重県京都府大阪府。九州地方では福岡県佐賀県熊本県鹿児島県。また沖縄県の23都府県に店舗やモデルハウスなどを置き、営業を行っております。

株式会社アイダ設計様が提供する住宅について】

前述の通りアイダ設計さんの業務は、住宅建設では、お客様のご要望に応じた一戸建て住宅を建築する注文建築、分譲地に建設した住宅を販売する分譲住宅(建売住宅)、またマンションやアパートなどの賃貸住宅の建設を行っております。

マンション、アパートに関しては各棟ごとに、全戸で受信できる共同アンテナやケーブルテレビなどの設備を設置することになります。そのためアパート、マンションに入居されるお客様が、個々にアンテナ工事などを行う必要はございません。

ここでは各住宅ごとにお客様がアンテナ設置をされることになる、アイダ設計さん注文建築、分譲住宅の一戸建て住宅について、詳しくご説明いたします。

アイダ設計さんの住宅づくりにおける基本姿勢

アイダ設計さんでは、住宅づくりの基本姿勢として5つのアイデンティティを掲げております。

住宅業界では不透明な部分が多いとよくいわれます。お客様すべてが住宅の詳しい専門知識をもっておられるわけではなく、ハウスメーカーからの説明が不十分なこともございます。特に住宅の価格についてはトラブルの元となることも少なくありません。注文住宅をお求めのお客様の中には、価格設定がわかりにくいために、満足できるご自宅づくりができない方もおられることでしょう

そこでアイダ設計さんまず掲げる、1つ目のアイデンティティ「正直価格」

アイダ設計さんは「お客様にとって紛らわしい価格設定はしたくない」「お客様に誤解されるような価格交渉はしたくない」「お客様に不信感を抱かせるような対応はしたくない」との思いから、常に「正直価格」でお客様向き合っているのですお客様に対して誠実で、正直なご説明とお見積りによる家づくりをご提案いたしております

また、アイダ設計さんの2のアイデンティティが、「『良い家は高いを覆すことです。

一般的に品質や性能の高い住宅は、それだけ高品質な素材や施工技術が必要となり、コストがかさんで価格が高くなるという固定観念がございます。いたって常識的な話ともいえますが、この常識打破にアイダ設計さんは挑戦し続けています。

1981年創業して以来、2021年現在で40年。アイダ設計さんは年の家づくりにより、品質の高い家を作るための技術経験、さらにコストダウンのためのノウハウを積み重ねてきました。

お客様が高価な住宅を購入されたために、経済的に苦しい生活を強いられること。また低価格でも質の低い住宅を購入してしまい、不満を抱えた生活を続けられることも、アイダ設計さんにとっては非常に不本意なことです。

アイダ設計さんでは「一人でも多くの家族に幸せで満足のいく住まいを」という信念を携え、長年、積み重ねてきた技術、経験、ノウハウをお客様へ還元して、高性能なお住まいをリーズナブルにご提供し、お客様にご満足していただくことを最優先に考えております。

・アイダ設計さんの住宅における品質性能へのこだわり

アイダ設計さんでは、創業時より「丈夫で長持ちする家」を作ることを第一に考えております。住まいの基本性能を徹底的に追求することを家づくりの根幹として、現在でもさまざまな取り組みを続けております。

「熟練の職人と厳格な現場管理

アイダ設計さんには、長年、家づくりに携わってきた大勢の熟練の職人たちが在籍しております。さらに社内の建設担当者厳格な現場管理を行っております。緻密でありながら、職人の技量を最大限に引き出すよう配慮した現場管理体制施工を進め、高品質を長く維持できる住宅が完成するのです。

自社プレカット工場による高品質の保証」

アイダ設計さんでは、自社にて建材のプレカット工場を保有しています。プレカットとは、住宅の建築に用いる建材を現場で加工するのではなく、あらかじめ工場で設計通りに加工することをいいます。プレカットは設備のそろった工場の環境で、精密機械によりミリ単位の作業が可能な上、現場の天候などの環境に左右されないため、安定した高品質の住宅を作り上げることが可能となります。

アイダ設計さんではさらに高い品質を追求するため、プレカット工場で加工する木材も、自社で直接的に仕入れ、検査をクリアした部材だけを採用しております。

震度7クラスの耐震実験をクリア

アイダ設計さんの注文住宅は、商品の仕様にもよりますが、基本的に震度7クラスの耐震実験をクリアしております実際に販売されるものと同じ住宅を建築し、実物による耐震実験を実施することにより、理論上の強度だけでなく、実証された耐震性を保証いたします。

表彰実績をもつ商品性能

アイダ設計さんの注文住宅は、「エコハウス」が総合的に見て省エネルギー性能優れた住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」にて2017年(平成29年)度の優秀賞を受賞しています。他にもアイダ設計さんは、お客様がよりご満足いただける住まいを実現するため、日々、新たな商品開発に努めております。

第三者機関による施工品質チェック

アイダ設計さんでは、より高度な住宅品質の追求と、お客様にご信頼いただくため、注文住宅に関しては社内検査だけでなく第三者住宅検査機関による施工品質チェックを実施しております。住宅性能の基本となる「構造耐力上主要な部分」「雨水の浸入を防止する部分」をはじめ、見え隠れする建物主要部分など、全6回約100項目にわたる検査をクリアした上で、お客様に住宅をお引き渡ししております。

建物35年保証&アフターサービス

アイダ設計さんの注文住宅には35年保証」の長期保証が付属しています。

この建物35年保証は、お客様が弊社の規定に基づく点検を、弊社にてお受けになり、建物の品質と性能を持続していくため必要な「防蟻工事」。およびメンテナンスの必要ありと判断された場合の「防水工事」「構造躯体を守るための工事」について、有償メンテナンス工事を継続して施工された場合について、住宅の「構造躯体」について最長で35年保証を行うというものになります。

この長期保証制度を実現するため、アイダ設計さんではお客様のご入居後も自社専門スタッフによる定期点検を実施しております。定期的にメンテナンスを行うことで、住まいの品質性能を継続して守り続けます

ISO9001・14001』の同時取得

ISO9001」とは品質管理の国際規格、ISO14001は環境管理の国際規格のことです。アイダ設計さんでは確かな品質システムと、自然環境にやさしい家づくりを目指しISO9001・14001の認証を同時取得しております。

アイダ設計さんでは、住宅およびサービスの品質向上と、お客様のより高いご満足を目指すとともに、豊かな地球環境を未来へと残しておくために、最大限の努力を行っておりますこれアイダ設計さんが、地域の皆に長く愛される住まいを提供し、地域の一員として長くお付き合いいただくため、企業として果たすべき重要な使命だと考えていることです

・アイダ設計さんのコストダウンへのこだわり

アイダ設計さんは、前述のように住宅の高い品質はもちろん、お客様の利益を最優先に、よりリーズナブル住宅をご提供すべく務めております。お客様に「アイダ設計さんに任せてよかった」と思っていただくために、品質を維持しつつ、コスト削減のため、常にさまざまな取り組みを行っております。

一括仕入れでコスト削減

アイダ設計さんでは、お客様に人気の高い「システムキッチン」「ユニットバスなど、快適な暮らしための最新設備を一括で大量仕入れしております。この一括大量仕入れにより、大幅な値引きによるコスト削減が可能となり、お客様のニーズに合った高品質な設備を、個々の購入では考えられないお安い価格でご提供しております。

自社プレカット工場によるコスト削減

前述の通り、アイダ設計さんでは、自社で高品質な木材の仕入れから行い、プレカット工場でカットして建材を加工管理しておりますプレカット工場に建材加工することにより、現場では加工済みの建材を持ち込み、組み立てるだけの作業がほとんどになります。これにより住宅の安定した高品質だけでなく、現場作業効率化による工期の短縮とコスト削減実現しております

自社一貫体制によるコスト削減

アイダ設計さんでは、住宅を建てる土地の仕入れから測量設計施工アフターサービスまでを、すべて自社一貫によって対応しております。外注を行わないため、中間コスト削減が可能となりますまた社内でも各部分についての責任が明確となるため、すべての社員が一棟一棟心をこめてお客様に対応いたしております

お客様の夢を叶えるアイダ設計さんの「設計」

アイダ設計さんはその社名の通り、もともとは住宅設計からスタートした会社です。設計をルーツとするハウスメーカーとして、現在でも社内に設計専門の部署を設けており、年2000棟以上の設計実績を積み重ねております。このようにさまざまなご要望、現場の条件に応じた住宅設計のノウハウを生かし、アイダ設計さんでは、お客様の「夢のお住まい」を確実に実現する設計をご提案いたします。

アイダ設計さんのアイデンティティの3つ目は「『設計』でお客様の夢をかなえる」ことです。

お客様の要望+αの提案

アイダ設計さんの注文住宅は、まず設計部門の担当者が、お客様のご要望理想をとことん伺うことからスタートします。お客様のどのようなご要望であっても、細部まで反映しながら、現実的に可能な限り、できる限りお客様の理想に近い住まいを作り上げてゆきます

お客様と共に、真剣にお客様の夢へと向き合い、ニーズにぴったりのプランをご提案する、それがアイダ設計さんのスタイルです。

アイダ設計さんでは狭小地設計が自慢

一般的に狭小地の住宅設計は難しいといわれます。ハウスメーカーさんによっては、狭小地における住宅設計は困難な分、設計料が高くなるというケースもございます。しかしアイダ設計さんに、狭小地だから高い設計料をいただくという発想はございません。

アイダ設計さんでは、狭小地だからといって設計料高くするのは、設計力および技術経験が乏しい証拠だと考えております。アイダ設計さんでは、設立当初からごく普通に、狭小地の設計を手がけてまいりました。そのため狭小地だからといって設計料を上げるようなことは、決してありえないのです。

・アイダ設計さんの「大工育成」

アイダ設計さんでは「良い家をつくることは、良い人材をつくること」だと考えております。前述のようにアイダ設計さんは、長年の経験を持つ、多くの大工、熟練の建築職人が在籍しております。

会社側でいかに緻密設計プランを立て、高品質の建材を用意し、プレカット工場で精密な加工を行い、その他、厳密なチェックなど万全の態勢を整えても、現場で家を作る職人たちの技量がなくてはすべては台無し、リーズナブルで高品質な住宅は実現できなくなります。そのためアイダ設計さんでは、これからの家づくりを担う人材の育成に力を入れております。

アイダ設計さんの4つ目のアイデンティティは「大工育成への取り組み」です。

アイダ設計さんの社員大工育成プロジェクト

アイダ設計さんでは創立以来、木造建築にこだわり続け、数々の木造住宅を作ってきました。そんなアイダ設計さんが取り組む「社員大工育成プロジェクト」は、熟練の棟梁による現場指導により、若い職人たちは着実に技術を習得していきます。

建築大工の人数は、年々減少し続けています。アイダ設計さんの設立とほぼ同時期、1980年(昭和55年)には、全国の大工の人数はおよそ94万人でしたが、2015年(平成27年)にはほぼ6割減の約40万人となっており、今後も減少が続くことが予測されています。

さらに職人の高齢化も、業界では深刻な問題となっております。

しかし前述の通り、優れた住宅は、最終的には現場で建築を担当する大工の優れた技があってこそ実現するものです。

大工の減少と高齢化が進む中で、アイダ設計さんは人材育成に努めることによって、次世代を担う大工に技術を継承し、住宅業界をさらに盛り上げてゆきたいと考えております。人手不足の現状ですが、アイダ設計さん若い大工たちに、木造建築が本来もつ素晴らしさ、仕事の楽しさを教え、未来の棟梁を担う優れた人材を育成してゆきたいと考えてます。

アイダ設計さんの若手社員大工へのサポート体制

アイダ設計さんでは、若手大工は社員大工として入社後、現場でベテラン大工について実践指導を受けることができます。親方や先輩大工のもとで学ぶことにより大工としての技術はもちろん挨拶や社会人マナー、業界や一般の常識なども身に付いてゆきます。

大工はひとつずつ必要な技術を身に付けていき、経験を重ねることで、何歳になっても成長し続けることが可能な職種です。この社員大工の育成がこれからの住まいづくりへと繋がっていくのです。

アイダ設計さんでは、若手の大工が給料を得て働きながら技術を習得できるよう、ベテラン大工から技術継承しつつ、お客様に満足して頂ける家づくり追求する体制を整えております。現場の大工としてもやりがいのある邸別設計と、定期的に行われる安全指導ミーティング。また車や道具は支給、一人前になるまでしっかりサポートするなど、技術から心がけまで一流の大工を育成し、自社の社員であることを超え、日本の家づくりを支える人材を輩出していくことを社会的な務めとしております。

・アイダ設計さんの「エコ住宅への取り組み」

アイダ設計では、以前より自然エネルギーを取り入れた環境家計に優しい住宅をご提供しておりいま話題のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅の推進にいち早く取り組んでまいりました。今後も省エネルギーによる環境負荷削減の推進と快適な住まいづくりの実現に貢献することを目指してまいります。

アイダ設計さんの5つ目のアイデンティティは「エコ住宅への取り組み」です。

アイダ設計さんの環境への取り組み実績

アイダ設計さんでは、2010年(平成22年)には、国の認める省エネ基準を満たす住宅の新築、リフォームにポイントを発行する制度の「エコポイント」対応住宅をご提供しております。

また2011年(平成23年)には、地球温暖化対策としての住宅の省エネ化、住宅市場の活性化、さらに同年、発生した東日本大震災の復興支援のため、エコ住宅の新築などをした場合にポイントを発行する制度「復興支援・住宅エコポイント」対応住宅のご提供も行っております。

2013年(平成25年)には、太陽光発電3.5kwを搭載したオール電化住宅「ECOHOUSE(エコハウス)」の販売を開始しています。

2015年(平成27年)には、世界ではCOP21「パリ協定」により、190ヶ国以上の国と地域が脱炭素化を目標に掲げ、合意しています。同年にアイダ設計さんでは、省エネ住宅・エコリフォームの普及などを目的として、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対して、様々な商品などと交換できるポイントを発行する制度の「省エネ住宅ポイント」対応住宅を販売しております。

ZEHビルダー登録制度が開始された2016年(平成28年)には、いち早くZEHビルダー登録を行い、注文住宅「BRAVO ZNEXT」など、ZEH基準をクリアした注文住宅の販売を開始しています。コンセプトは「4つの健康」を叶える家であり、住宅性能表示制度も取得しております。

2017年(平成29年)には、分譲住宅「BRAVO SIMPLE2016」で一次エネルギー等級5を取得し、フラット35A基準をクリアするという建物性能の向上。さらに注文建築住宅の仕様「BRAVO」シリーズでは、「STANDARD」「FAMILY」「STYLE」の建物性能を向上させました。

また太陽光発電システムを標準で搭載した分譲住宅「BRAVO SIMPLE2018」の販売も開始しています。

2018年(平成30年)には、このような数々の実績が身を結び、省エネルギー性能に優れた住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017」において、アイダ設計さんの「ECOHOUSE」が優秀賞を受賞しました。また建材、住宅設備機器の最大手、LIXIL(リクシル)さん主催の「住宅施工例コンテスト2018においては、アイダ設計さんの「BRAVO ZNEXT」がエコロジー賞を受賞しています。

他にも同年、アイダ設計さんでは、太陽光発電と高効率設備による省エネで、ランニングコストを抑えるZEH(nearly zeh)仕様の分譲仕様「BRAVO SIMPLE ZERO」の販売を開始しています。

また環境省が行う「省エネ」「低炭素型の製品」「サービス・行動」など、地球球温暖化対策に資する、また快適な暮らしにもつながるあらゆる賢い選択を目指す取組「COOL CHOICE」事業へ賛同。環境省の「COOL CHOICEエコ住キャンペーン」体験宿泊事業に「BRAVO ZNEXT」が選出されています。

その後も、2019年(平成31年・令和元年)には、「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018」において、アイダ設計さんの「BRAVO ZNEXT」が省エネルギー性能の優れた住宅として優秀賞を受賞。

2020年(令和2年)には「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」にて、「BRAVO ZNEXT」が特別優秀賞を、「BRAVO SIMPLE ZERO」が優秀賞、また優秀企業賞の3部門を受賞しています。

さらに今年、2021年の「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2020」では、「BRAVO ZNEXT」が優秀賞、また省エネ住宅優良企業賞をW受賞しており、2017年度より4年連続の受賞を果たしております。

アイダ設計さんにおける注文建築住宅

アイダ設計さんの注文住宅には、安心、低価格、高品質を実現した「ブラーボ(BRAVO)」シリーズがございます。

同シリーズはリーズナブルながら、充実の性能とこだわりの自由設計で、理想のマイホームを実現いたします。シリーズの主なプランには以下のものがございます。

・ブラーボゼネクト(BRAVO ZXEXT)

「ゼネクト」は高性能で安心な設計のZEH住宅で、家族の健康を守る健康な家づくりにより、常識を覆す新たな家の形をご提供いたします。

ゼネクトの仕様は、自由設計/ベタ基礎/ZEH住宅/硬質ウレタンフォーム断熱材住宅/性能表示制度/面材工法/アルミ樹脂複合サッシ/全熱交換換気システム/第三者機関検査/35年長期保証になります。

・ブラーボコンフォート(BRAVO COMFORT)

「コンフォート」はダイライトを使用した面材工法による強固な耐震構造や、ウレタン吹付断熱による高い断熱性など、よりプレミアムで快適な暮らしを創造する、高グレードな設備を揃えたワンランク上の注文住宅になります。

コンフォートの仕様は、自由設計/ベタ基礎/硬質ウレタンフォーム断熱材/基礎断熱/住宅性能表示制度/面材工法/アルミ樹脂複合サッシ/全熱交換換気システム/第三者機関検査/35年長期保証になります。

・アイベスト(AiBEST

「アイベスト」は設備、構造ともに最高クラスの注文建築です。水回りやリビング、居室すべての暮らしやすさを向上させ、威風堂々と贅沢を感じられる上品で落ち着きの漂う住宅です。

アイベストの仕様は、自由設計/ベタ基礎/シックハウス対策/石膏ボード/硬質ウレタンフォーム断熱材/基礎断熱/面材工法/樹脂サッシ/全熱交換換気システム/第三者機関検査/35年長期保証になります。

・ブラーボスタンダード(BLAVO STANDARD)

「スタンダード」はその名の通り、当社で一番人気のスタンダードプランです。1000万円台で必要十分のコストパフォーマンスに優れた住宅性能を備えており、家族のライフスタイルに合わせ快適なプランをご提案いたします。

スタンダードの仕様は、自由設計/ベタ基礎/高性能グラス/ウール断熱材/アルミ樹脂複合サッシ/第三者機関検査/35年長期保証になります。

またアイダ設計さんの注文建築では、お客様から特にご要望の多い住宅性能を反映したコンセプト住宅もご用意しております。

主なラインナップは以下の通りですが、他にもお客様のご要望に応じてさまざまなプランをご用意できます。

・スイートハウス

「新しい生活様式」を実現する住まいのご提案です。家族安心して生活できるよう、玄関のカードキーや宅配ボックス。玄関からすぐの洗面台など、ウイルス対策に配慮した新しい住宅スタイルは、スマートな利便性や防犯性も高くなっています。

・エコハウス

前述の通り、「ハウスオブザイヤーインエナジー2017」において優秀賞を受賞している、地球にやさしい太陽光発電付きのオール電化住宅です。

・セーフティハウス2

「地震対策」「火災対策」「台風対策」「防犯対策」の4点に対して厳重な設備を用意し、大切なご家族をさまざまな災害から守ることのできる、住宅性能評価書における「耐震等級3」を取得している安心安全な住宅です

・オープンテラスのある平屋

生活空間がワンフロアでつながる、のびやかで魅力的な暮らしを享受できる住宅です。勾配天井やフルオープンテラス、サッシなど、明るく開放的な空間で家族そろって快適に生活できます。

・楽らくご長寿さん

高齢者の目線から、さまざまなバリアフリー性能など、家屋の隅から隅まで安心安全の設備をそろえた、シニアに優しい平屋住宅です。

〇アイダ設計さんの分譲住宅

アイダ設計さんでは、全国各地に分譲住宅地を造成し、分譲住宅をご用意しております。分譲住宅に関しても、アイダ設計さんのポリシー通り、リーズナブルでありながら高性能な住宅になっております。

ラインナップも、ZEH物件、広々リビング、価格が1000万円台、オール電化、太陽光発電、即入居可、南向き、敷地50坪以上など、住宅そのものの条件や性能から、田舎暮らしや駅、学校、商業施設の近くなど、周辺の住環境まで、さまざまな条件をご用意しており、お客様のご要望に見合う住宅を見つけることができます。

株式会社アイダ設計様の戸建住宅におけるテレビアンテナ工事】

このようにアイダ設計さんの木造戸建住宅、リーズナブルながら高い住宅性能を誇り、注文建築ではさまざまなプランを選択できる他、分譲住宅にも多彩なタイプの住宅をご用意しております。購入後も最長35年の保証やアフターサービス制度など、長期間、安心してお住まいいただける住宅になっております。

アイダ設計さんの住宅において地上波デジタル放送やBS/CS放送など各種テレビアンテナ工事に関しては、ご入居の前に、お客様のご要望に応じたものを、アイダ設計さんと提携した専門のアンテナ工事業者が設置することになります。まずはプランニングの段階で、アンテナ業者から、お客様の地デジ、BS/CSのテレビ(TV)放送などアンテナに関するご要望を確認いたします。

お客様のテレビアンテナ設置工事に関するご要望では「受信性能が安定して故障しにくいアンテナを」「CS/BSのテレビ(TV)放送を観たい」などはもちろん、「アンテナや工事費用を低価格に」「家屋の外観を崩さないアンテナを」「屋内の各部屋でテレビ(TV)を観たい」「テレビ(TV)への配線を目立たなくしたい」など、さまざまなものがございます。

また首都圏を例に挙げれば、地デジ放送の東京MX、テレビ神奈川(TVK)、千葉テレビ(CTC、ちばテレ)、テレビ埼玉(TVS、テレ玉)など、特定の都道府県を対象にした地方テレビ局(地方チャンネル)のテレビ(TV)番組を、別の都道府県でも視聴することは可能か、というご相談も多く聞かれます。

いわゆる東京MXなどの地方テレビ(TV)局、地方チャンネルは、基本的に東京都内の東京MX、神奈川県のテレビ神奈川など、その都道府県のみを対象とするローカルテレビ(TV)放送局になります。

例えば東京MXは、主に東京スカイツリーから地デジ電波を発信しております。ただし通常のNHKや広域民放の地デジ電波に比べると電波の出力が弱いため、東京MXの地デジ電波はスカイツリーを中心に、神奈川県では厚木市や横須賀市あたり。埼玉県では行田市や川越市、東松山市や行田市のあたり。千葉県では野田市、成田市、八街市、木更津市のあたりまでが受信できる限界になります。また東京都内でも青梅や奥多摩などの南部にあたり、スカイツリーからの東京MXの地デジ電波が届きにくい地域には、要所に中継局が設置されています。

同じように千葉県の千葉テレビでは船橋市の船橋局、埼玉県のテレビ埼玉ではさいたま市桜区の浦和局など、県内で中心となる地デジ電波放送局の他、県内の各地に中継局が設置されており、各地方テレビ(TV)局の地デジ電波は、該当する都道府県内のほぼ全域と、隣接して中継局に近い他都道府県の一部地域であれば受信できます。

ただ各地方テレビ(TV)局の地デジ電波が届く限界に近い地域では、地デジの電波状態が安定せず、安定した受信のためには高性能アンテナや、地デジ電波を増幅するアンテナブースターなどの設置が必要なケースもございます。

また地デジアンテナは、地デジのテレビ(TV)電波を発信する電波塔に向ける必要がございます。そのため同じ地デジのテレビ(TV)電波でも、NHK、広域民放の地デジ電波を発信するスカイツリーなど主要な中継局と、各地方テレビ(TV)局の地デジ電波を送信する中継局との位置が異なる場合は、各中継局に向けた別個の地デジアンテナ設置が必要となり、工事費用がかさむケースも考えられます。

他地域の地方テレビ(TV)局が受信できる地域では、現場によっては地デジ電波が高層ビルなどに反射した「反射波」を利用して、方向の異なる地デジ電波を一台の地デジアンテナで受信できるケースもございますが、どのような現場でも必ず可能とは申せません。

テレビアンテナを設置するご自宅やその場所、立地によっても、地デジ放送、BS/CS放送の受信に関して、さまざまな条件が生じてまいります。例えば「地デジの放送局から距離が遠い」「地形が複雑」「近隣に高層建築がある」などの要因で地デジの電波状態が悪いといった問題から「海沿いや豪雪地帯のため、サビや積雪によるテレビアンテナの故障が発生しやすい」などの問題もございます。

アイダ設計さん住宅ではテレビアンテナに関しても住宅のスタイルや機能との調和を重んじつつ、地デジや衛星放送の受信感度、デザイン性、耐久性から、費用や価格など、お客様のあらゆるご要望に応じる設置工事を実施いたします。

アイダ設計さんではご入居の前に、提携する当あさひアンテナなど、確かな技術をもつ専門のアンテナ工事業者がアンテナ設置工事を担当し、お客様やアイダ設計さんとの綿密な連携により、ご要望に応じたさまざな工法をご提案いたします。

また現在ではテレビアンテナによる地デジや衛星放送の受信に限らず、ケーブルテレビ(TV)、インターネットの光回線(光テレビ(TV)など)のご利用でも、地デジなどと同じ各種テレビ(TV)放送をご視聴いただけます。

そのため他地域の地方テレビ(TV)局を視聴したいなどのご要望や、現場の地デジ電波状態などでは、ケーブルテレビ(TV)や光回線をご利用されるほうが安定して多くのテレビ(TV)チャンネルをご視聴できる上、価格もアンテナ工事費用などよりもリーズナブルな場合もございます。その場合はアンテナの設置にこだわらず、ケーブルテレビ(TV)や光テレビ(TV)などの設置工事をご提案いたしております。

・テレビアンテナの種類

まず現在、ご家庭で用いられる基本的な地デジ用テレビ(TV)アンテナの機種は「八木式アンテナ」と「デザインアンテナ」になります。

「八木式アンテナ」は屋根の上などによく見られる、昔ながらの魚の骨のような地デジアンテナです。日本ではアナログテレビ(TV)放送の黎明期から使われている機種になります。素材や耐久力などは時代につれて進化し続けていますが、アンテナの基本設計は開発当時から変わっていません。それほど設計の完成度が高く、現在でも地デジ電波の高い受信能力を誇るテレビ(TV)アンテナの機種です。

特に高所に設置できることもあり、テレビ(TV)放送局から距離が遠い、また地形が複雑な地域でも高い受信能力を発揮する優秀な地デジアンテナです。反面、基本的に屋外に設置される八木式アンテナは風雨などの影響を受けやすく、歳月により確実に老朽化していく弱点もございます。また家屋のデザイン性を重んじるお客様からは、家屋の外観性が悪くなるとのご意見をいただくこともございます。

「デザインアンテナ」は家屋の外壁などに設置する、平面で軽量薄型の地デジアンテナです。家屋の外観を損なわない、自然環境の影響を受けにくく経年劣化を軽減できる、修理やメンテナンスも簡単など多くのメリットがあり、現在では人気ナンバーワンの地デジアンテナです。薄型でさまざまなカラーもあり、壁面デザインの一貫としてもマッチいたします。

また現在のデザインアンテナは基本モデルが20素子相当であり、八木式アンテナと比べて地デジ受信の性能にほとんど差はございません。ただデザインアンテナは八木式アンテナよりも設置位置が低い分、地デジの受信感度もやや低くなる傾向がございます。アンテナ本体価格や設置工事費も、八木式アンテナに比べるとやや割高になります。

BS/CSテレビ(TV)放送では、従来のハイビジョン(2K)放送だけでなく、現在では超高画質となるスーパーハイビジョン、4K8Kの衛星テレビ(TV)放送に対応した、2K4K8K対応BS/CS110度アンテナがございます。

4K8K放送では、テレビ(TV)受像機、いわゆるテレビ本体も4K8K対応のものが必要ですが、アイダ設計さんの住宅ではBS/CSアンテナ設置工事においても、基本的に2K4K8K対応BS/CS110度アンテナが用いられています。また4K8Kなどは求めないので工事費用を安くしたいとお考えのお客様には、通常の2K対応BS/CS110度アンテナの設置も承ります。

・実際のテレビ(TV)アンテナ工事における各種工法

地デジアンテナの機種や各種テレビアンテナ設置工事におけるアンテナ設置の位置や工法などについては、お客様のご要望を元に、アイダ設計さんより高い工事技術力を認められた当あさひアンテナをはじめアンテナ工事の専門業者が、ご自宅で受信できる地デジの中継局や、現場の地デジ、衛星放送の電波状態などを確認し、もっとも適切なアンテナ設置工事をご提案いたします。

テレビアンテナの設置についても、現在では確実な受信性能を維持しつつ、家屋の外観性の重視から、アンテナの故障、経年劣化などを抑えるためのさまざまな工法もございます。

基本的にアイダ設計さんの住宅におけるテレビアンテナ設置の場合、どのようなアンテナ工事であっても、まず家屋の特性や住宅機能、他の設備などとの調和を重視し、配線などがシンプルに整理された見栄えのいいテレビアンテナ設置を行なっています。見栄えのいい施工には安定した地デジ、衛星放送の受信とアンテナの長寿命を実現する他、メンテナンスや万が一のトラブルの際の修理もスムーズに行えるメリットがございます。

やや大型になる八木式アンテナやBS/CSパラボラアンテナでは、例えば壁面やベランダの外、内側など、風雨を受けにくい位置に設置して老朽化を軽減する工法がございます。

ベランダ内側への設置では空間を少し消費いたしますが、その分、老朽化や故障のリスクを抑えられ、メンテナンスも簡単になります。ただテレビアンテナは基本的に、地デジ電波を発信する放送局や、衛星放送の電波の方向にアンテナを向けることが必須となるため、ご自宅の位置や角度などの条件により、ご自宅内でもアンテナを設置できる場所に制約が生じます。その点はどうかご承知おきください。

またご自宅が海沿いにある場合は、潮風により八木式アンテナやBS/CSアンテナのサビが進み、故障や寿命低下を招く塩害が、積雪の多い地域ではアンテナへの積雪により受信不良や故障、寿命低下を招く雪害が生じることもございます。

他にも台風や強風の多い地域では、やはり風雨によるダメージの蓄積などもあり、現場の自然環境によってテレビアンテナにさまざまな影響が発生するケースが考えられます。

このような自然環境からテレビアンテナを守る対策としては、塩害ではアンテナ本体や固定具、ケーブルなども含めて錆びに強い抗サビ、対塩害仕様のものを使用する。雪害では通常より取付金具の強度(耐荷重)が高く、表面に雪が付着しにくい加工がなされた雪害対策用のアンテナを用いるなどの方法がございます。

さらにテレビアンテナや接続部全体を覆う「レドーム」と呼ばれるカバーを装着することで、雪害、塩害をはじめ、さまざまな自然環境や経年劣化への対策に高い効果が得られます。

また当あさひアンテナをはじめ、アイダ設計さんと提携するアンテナ工事の職人は、その住宅の品質にふさわしい高いテレビアンテナ設置技術を備えております。

弊社の場合では、例えば八木式アンテナでは、専門的な技法によりアンテナケーブルや接続各部に防水テープを隙間なく巻きつけ、浸水や塩分による腐食を阻止する緻密な施工を行っており、潮風や強風、積雪などの影響を受けやすい地域でも、通常の八木式アンテナと代わらない強度と寿命をお約束いたします。

壁面に設置するデザインアンテナでは自然環境への抵抗力が高くなりますが、弊社では壁に取り付ける際のネジ穴に防水用シリコンを埋め込み、穴からの浸水などによる腐食を防止するなど、家屋の品質を損ねないアンテナ設置工事を実践しております。

またデザインアンテナでは、ご自宅の外観にまったく影響を与えず、降雪や潮風など自然環境の影響も受けず、経年劣化を最小限に抑える工法として、屋根裏(天井裏)の空間にデザインアンテナを設置する工法もございます。

ただ屋根裏へのデザインアンテナ設置は、屋根という外壁を隔てるため、どうしても屋外より地デジの電波状態が低下いたします。

そのため現場の地デジ電波状態やご自宅の屋根裏空間の形状、断熱材の素材などの条件によっては、設置スペースが確保できない、地デジ電波が受信できないため工事が不可能となるケースや、別料金で高性能アンテナやアンテナブースターなどの設置が必要となり、工事の価格が上昇するケースもございます。その点は何とぞご了承ください

アンテナ本体 型番

  • デザインアンテナsss

    型番:UAH201(最新モデル)
    (同軸ケーブル:白か黒の2色のうち、おすすめは外壁になじむ色)
    工事費込み 20,000円(税込)

    カラーバリエーションはオフホワイト、ライトブラウン、スーパーブラック、ブラックブラウンの4色から現場で選択することが可能です。同じUHF20素子相当のデザインアンテナを比較した場合、業界トップクラスの受信性能、高利得を誇る大手DXアンテナ社製。本体の厚みはわずか4.9cm、サイズは9cm×22cmで業界最小クラス。コンパクトサイズのため狭い屋根裏や天井裏などへの取り付けも最適。壁面に取り付けの場合は、極細のビスを6箇所打ち込んで金具を取り付け、金具にガチャンと本体をはめ込みボルトを締めるだけの簡単施工が可能なため建物へのダメージを極力軽減できます。ブースターが必要な場合はUAH201の背面にスッキリ取り付けられる構造になっており、表にブースターが露出しないので外観もキレイに保てます(弊社では電波状況が悪くない限り、なるべくブースターも屋内の、分配器の近くに隠してしております)。修理の場合、ブースター内蔵タイプのデザインアンテナとは異なり、ブースターだけの交換をできるメリットがあります。太陽光発電システムや片流れ屋根で屋根上に屋根馬を立てられず昔ながらの八木アンテナを設置できない住宅にも最適。耐風速(破戒風速)50m/sですが、屋内や外壁など、強風の影響を受けにくい取り付け位置と形状をしているため、災害にも強いアンテナとなっております。当店人気ナンバー1の地デジアンテナでございます。

  • 八木アンテナ

    型番:UA20(最新モデル)
    工事費込み 15,000円(税込)

    その昔、八木秀次博士が発明した形状(魚の骨のような形状)からマイナーチェンジを繰り返し洗練されたフォルムとなり、中・弱電界エリアにも対応可能な安心のDXアンテナ社製。UHF20素子アンテナの性能で、吹きさらしで障害物の少ない屋根上に設置することが多いため利得が高くなっております。万が一、壁面や屋内でデザインアンテナを取り付けられない物件 にも最適。従来の鉄製の太いワイヤーとは異なり、ステンレス製の丈夫で錆びにくいワイヤー(支線)を採用。アンテナマストから屋根の四隅に向けて4本の支線を張り巡らせ、さらに張り巡らせた支線の途中からも屋根馬に向けて4本の支線をバランスよく張り、合計8本の支線で頑丈に設置しております。サイズは51.8cm×34cm×101.4cmとなっており、VHF(アナログアンテナ)と比較して、大幅なサイズダウンと軽量化がなされています。しかも耐風速(破壊風速)50m/s。地デジ放送が始まる前の時代より、屋根上に設置するアンテナは災害に強くなっていると言えるでしょう。当店で人気ナンバー2の地デジアンテナでございます。

  • 2K4K8K対応 BS/CS110度アンテナ

    型番:BC45AS(最新モデル)
    工事費込み 15,000円(税込)

    2018年12月1日以降、実用放送開始予定の4K8K衛星放送(NHKのみ4K&8Kを同時配信)に備えてオールマイティーなDXアンテナ社製のBC453をBS放送、CS放送をご覧になりたいすべての方へ提供しております(大規模な集合住宅は例外)。従来の2K専用BS/CS110 度アンテナと同じでサイズで円盤の直径は45センチ。そうでありながら、電送周波数の帯域が広いため、従来のフルハイビジョン(2K放送・約200万画素)からスーパーハイビジョン(4K放送・約800万画素/8K放送・約3,300万画素)まで受信可能です。「大は小を兼ねる」と言えます。2020年のオリンピックに向けて4K8Kの実用放送がますます拡充されるということが総務省より発表され、各メーカーの4K8Kテレビは増産がはじまり、その価格も落ち着いてきました。そのような状況のなか、あさひアンテナにも2K4K8K対応BS/CS110度アンテナの問合せが数多く寄せられております。最新式のアンテナでも、大量仕入れでコストをおさえて仕入れておりますので、低価格を実現できました。