習志野市袖ヶ浦|ガルバリウム外壁の現代的な新築戸建て「地デジ八木アンテナ設置工事」

2022年06月17日

習志野市袖ヶ浦の新築戸建てにテレビアンテナ工事にお伺いしました。

 

ブラックのガルバリウム外壁に、ウッディな茶色の横板調サイディングが組み合わせられた現代的でハイセンスなお家です。鋭角的な片流れ屋根がカッコいいです。

以前、弊社の作業員がお隣さまのお家のアンテナ工事をさせていただきました。今回、お隣さまのご紹介でお客さまがご依頼をしてくださいました。まことにありがとうございます。どちらさまにも御礼申し上げます。

お客さまのご要望はデザインアンテナ設置です。電波方向にお家が建ち並んでいて、かなり障害物がある状態です。壁面では電波取得が難しく、マストで立ち上げてアンテナを取り付けることになります。

平面のデザインアンテナをマストで立ち上げて付けるのは、安定性からいっても避けたいところです。その場合、弊社ではユニコーンアンテナ、横型アンテナ、八木アンテナをご紹介させていただいております。

これらのアンテナは形状からいってマストに取り付けても風の抵抗が少ないので、耐久性にも優れています。

お客さまによりますと、お家の外壁がガルバリウム鋼板のお家ですので、レトロ感を出したいとのことです。「そうなると、むしろ八木アンテナの方がぴったりしっくり来ますね」というお話になりました。

お話し合いを重ねた結果、八木アンテナ設置をお決めになり、そのプランに沿って工事をさせていただくことになりました。

 

工事に取りかかります。お家のサイドに引き込み線が来ております。そのすぐ近く、片流れ屋根の下端の破風にビスを打ち込んでしっかりとサイドベースを取り付け、アンテナマストを立ち上げます。マストに差し込むように八木アンテナ設置を行いました。

ビス穴には防水・防錆対策としてコーキング処理を施しました。ブースター用の電源はユニットバスの天井裏の点検口に設えられていましたので、そちらからブースター本体へ電気供給を行いました。

ブースターは電波増幅装置です。テレビを安定した状態でご視聴いただくために、多くの場合、必要になります。

アンテナ設置を終えたあとは問題がないか周囲を確認し、次にテレビで最終確認・チャンネルスキャンと地域設定をします。お引っ越し後は、周波数の帯域をその物件に合わせるため、チャンネルの割当てが再度必要になります。テレビのリモコンで「初期設定」や「受信設定」を選ぶことにより初期設定ができます。

詳しい方法は弊社ホームページのトップページ上にある「エラーコードE201、E202、E203」の項目に、主要テレビメーカーごとの初期設定方法がまとめてありますので、ぜひご参照くださいませ。お客さまのご了承をいただきましたので、新築戸建てアンテナ工事は完了となります。

お客さまは30代後半のご夫妻で、ご主人さまが対応してくださいました。一つ一つ、お客さまのご質問に答えさせていただき、ご納得していただきました。

内容的に、どの方法が一番最善かということを、ご一緒に相談しながら決めさせていただくことができました。分配器の位置がわからなかったのですが、その時もすぐにハウスメーカーさんにご連絡をしてくださり、とても協力的に接していただきました。ありがとうございます。

センス抜群のカッコいいお家で、きれいに映る地デジ番組をお楽しみくださいませ!

 

トップページに戻る

無料見積もり

無料見積もり

あさひアンテナでは、お客さまとプランをお話しさせていただき、ご納得していただいた上で工事させていただいております。疑問点、わからないこと等ございましたら、作業員にご相談くださいませ。

事前のご相談も熟練のスタッフがお答えさせていただきますので、どうぞご遠慮なく!

 

LINE見積もりバナー

LINE見積もりバナー


フリーダイヤルバナー

フリーダイヤルバナー

アンテナ本体 型番