北区上十条|オープンハウス新築「デザインアンテナ+耐風速仕様BSCSアンテナ工事」

2022年03月26日

北区上十条の新築戸建てにテレビアンテナ工事にお伺いしました。

清潔感溢れる真っ白な壁面にブラックが配されたスタイリッシュなお宅です。凹凸のないフォルムに現代的なセンスを感じます。

ハウスメーカーはオープンハウスさん。住宅建築の豊富な実績とノウハウをお持ちです。設計・建築から販売まで一貫して手がけられているため、魅力的な個性あふれるお家づくりを得意とされています。住まう人の視点に立ち、快適で使いやすい“居住空間”としての住宅を提案してくださいます。

お客さまのご要望はデザインアンテナ設置とBSアンテナ取付けです。デザインアンテナ設置位置に関しましては、正面の三階ベランダということでお客さまのご指定がありました。

電波を測ったところ、この位置で問題なく電波が取れましたので工事に取りかかります。お家の正面の三階ベランダ壁面の上端に、デザインアンテナ取付け工事を行いました。

壁を折り返した側面にBSアンテナ設置をしたかったのですが、敷地が狭く、角度的に90度くらい曲げなければいけなかったので、「裏側に設置するのはいかがでしょう」とご提案させていただきました。オーケーをいただきましたので、サイドベースを用いてベランダ裏側に最新のパンチングメタルBSアンテナ取付けを行いました。

パンチングメタルBSアンテナは、強風対策に優れた高性能モデルで、丸い鏡面に開けられた多くの穴が風の力を逃がす仕様になっています。風速70m/秒の風が吹いても、変形や破壊が起こりにくい大変優れたアンテナです。

どちらのアンテナも壁面にビス打ちをして取り付け、ビス穴には防水・防錆対策としてしっかりコーキング処理を施しました。

ブースター用の電源はメディアボックス内に設えられていましたので、そちらからブースター本体へ電気供給を行いました。

アンテナ設置を終えたあとは問題がないか周囲を確認し、次にテレビで最終確認・チャンネルスキャンと地域設定をします。お引っ越し後は、周波数の帯域をその物件に合わせるため、チャンネルの割当てが再度必要になります。テレビのリモコンで「初期設定」や「受信設定」を選ぶことにより初期設定ができます。詳しい方法は弊社ホームページのトップページ上にある「エラーコードE201、E202、E203」の項目に、主要テレビメーカーごとの初期設定方法がまとめてありますので、ぜひご参照くださいませ。こちらさまには分波器がなかったのですが、チャンネル設定まで行ってきました。お客さまのご了承をいただきましたので、新築戸建てアンテナ工事は完了となります。

お客様はお若いご夫妻です。旦那さまが外国の方で、小学校低学年のお嬢さまがいらっしゃいましたが、お人形さんのようにかわいいお嬢さまで、スタイリッシュなお家にぴったりのステキなご家族でした。

ピカピカに新しいお家で、地デジ番組や超美麗なBSスーパーハイビジョン放送をお楽しみくださいませ!

 

清潔感溢れる真っ白な壁面にブラックが配されたスタイリッシュなお宅です。

 

ベランダ壁面にデザインアンテナ設置工事を行いました。

 

ベランダ裏にパンチングメタルBSアンテナ取付を行いました。

 

メディアボックス内にブースター電源、分配器等揃って設置されていました。

無料見積もり

無料見積もり


LINE見積もりバナー

LINE見積もりバナー


フリーダイヤルバナー

フリーダイヤルバナー


アンテナ本体 型番