川口市飯塚|三栄建築設計の新築戸建「デザインアンテナ+BSアンテナ工事」

2021年08月08日

川口市飯塚の新築戸建てにテレビアンテナ工事にお伺いしました。

黒と白と焦げ茶のレンガ調サイディングがリズミカルに組み合わされた、ステキなデザインのお宅です。都会的でモダンな色調とフォルムが粋です。

ハウスメーカーは三栄建築設計さん。家族の歴史とともに家が育ち、街が育ち、唯一無二の新しいコミュニティが生まれる。そんな考えから、機能もデザインもいっさい妥協しない上質なお家作りをされています。

お客さまのご要望は地デジデザインアンテナ設置とBSアンテナ取付けです。これから屋根をつける予定があるので、配線は軒天から30センチメートルくらいあけてほしいとのお話でした。

電波を測ったところ、電波方向のベランダで良好な電波が取れました。配線も軒天からギリギリ30センチメートルの位置で確保できそうです。

BSアンテナの色は、設置する壁の色によって白か黒か決めたいとのことです。電波方向がデザインアンテナとは反対の方向になり、壁の色は白になりますので、BSアンテナは白をお選びになりました。

「こちらに設置するのはどうでしょう」とお客さまにご提示された場所が、エアコンを設置することになる場所でしたので、BSアンテナは角の壁面に取り付けることにしました。

アンテナ設置位置のご了承をいただきましたので、工事に取りかかります。お家の側面にあるベランダ上の壁面に細いビスを打ち込み、デザインアンテナ設置を行いました。軒天の際に配線を這わせて引き回しました。

次に、反対側の角の壁面にビス打ちをしてBSアンテナ取付けを行いました。ビス穴には防水・防錆のためにコーキング剤を施してあります。地デジとBSはUBブースターで混合させました。ブースター用の電源はユニットバスの天井裏の点検口に設えられていましたので、そちらからブースターへの電気供給を行いました。

アンテナ設置を終えたあとは問題がないか周囲を確認し、次にテレビで最終確認・チャンネルスキャンと地域設定をします。お引っ越し後は、周波数の帯域をその物件に合わせるため、チャンネルの割当てが再度必要になります。テレビのリモコンで「初期設定」や「受信設定」を選ぶことにより初期設定ができます。詳しい方法は弊社ホームページのトップページ上にある「エラーコードE201、E202、E203」の項目に、主要テレビメーカーごとの初期設定方法がまとめてありますので、ぜひご参照くださいませ。テレビがきちんと映ることを確認して、新築戸建てアンテナ工事は完了となります。

お家作りにこだわりのあるお客さまで、きっちりと計画を立てられているご様子です。とてもステキなデザインのお宅ですので、プランの立て甲斐がありますね。

新しいお家できれいに映る地デジと、超高精細のBSスーパーハイビジョン放送をお楽しみくださいませ!

 

黒と白と焦げ茶のレンガ調サイディングが組み合わされたモダンなお家です。

 

ベランダ壁面にデザインアンテナ設置工事を行いました。

 

ベランダ壁面にBSアンテナ取付工事を行いました。

アンテナ本体 型番