西東京市田無町|住宅情報館新築戸建「デザインアンテナ+BSアンテナ工事」

2021年10月03日

西東京市田無町の新築戸建てにテレビアンテナ工事にお伺いしました。

黒とベージュの組み合わせが美しく、材質にも高級感が漂っています。ベランダにはめ込まれた磨りガラスや、欧文でネームプレートが打ち込まれた石積み調の塀など、そこかしこにセンスの良さが光っています。

ハウスメーカーは住宅情報館さん。ハウス・オブ・ザ・イヤー・エナジーを連続で受賞されています。多種多様なオンリーワンのお住まいをプロフェッショナルが全力でサポート。培われた高い技術力と実績に基づき、フレキシブルな住まいづくりをご提案してくださいます。

お客さまのご要望は地デジデザインアンテナ設置とBSアンテナ取付けです。

現場に着いて気がついたのですが、お隣のお宅も私が一年前に施工させていただいた物件でした。そのとき、周囲にまだお家は建っていなかったのですが、八木アンテナかデザインアンテナのどちらを選ぶかというお話になりましたので、「いま更地になっているところに、おそらく将来お家が建つと思います。壁面にデザインアンテナをつけてしまうと電波が取れなくなる可能性が高いので、八木アンテナ設置にしておいた方が無難だと思います」とお話しさせていただきました。

そのときのことを思い出しました。一年後に建ったのが、今日お伺いしているこちらのお家です。お隣さまはやはり八木アンテナにしておいて正解だったと思います。

今回お伺いしたお家では、すでに周囲にお家が立ち並んでいますので、それを避ける形で電波取得ができました。

最も高い位置の三角屋根の合掌部分にビスを打ち込み、デザインアンテナ設置を行いました。電波は60デシベル取れていますので、テレビ視聴に何の問題もありません。

さらにそこから斜めに屋根を下がったところに、ビス打ちをしてサイドベースを取り付け、BSアンテナ設置を行いました。

ビス穴には防水・防錆対策としてしっかりコーキング処理を行っております。下の小屋根に立って作業できましたので、スムーズに施工することができました。

ブースター用の電源はユニットバスの天井裏の点検口に設えられていましたので、そちらからブースターへの電気供給を行いました。

アンテナ設置を終えたあとは問題がないか周囲を確認し、次にテレビで最終確認・チャンネルスキャンと地域設定をします。お引っ越し後は、周波数の帯域をその物件に合わせるため、チャンネルの割当てが再度必要になります。テレビのリモコンで「初期設定」や「受信設定」を選ぶことにより初期設定ができます。詳しい方法は弊社ホームページのトップページ上にある「エラーコードE201、E202、E203」の項目に、主要テレビメーカーごとの初期設定方法がまとめてありますので、ぜひご参照くださいませ。テレビがきちんと映ることを確認して、新築戸建てアンテナ工事は完了となります。

浴室にテレビがありましたので、そちらの方で視聴確認させていただきました。工事に際してはご主人さまが対応してくださいました。とてもおやさしく親切なお方で、良くししていただけました。お世話になりありがとうございます。

テレビはバッチリ映ります。ステキなお家で、おなじみの地デジや超高精細のBSスーパーハイビジョン番組をお楽しみくださいませ!

 

黒とベージュの組み合わせが美しく、ベランダの磨りガラスや門柱も素敵です。

 

屋根の下部にBSアンテナ、合掌部分にデザインアンテナ設置を行いました。

アンテナ本体 型番