牛久市中央|東栄住宅の新築戸建「デザインアンテナ設置+BSアンテナ工事」

2021年09月30日

牛久市中央の新築戸建てにテレビアンテナ工事にお伺いしました。

黒い古木の横板調サイディングをベースにした外壁に、クールな白いストーン調のサイディングが組み合わされたステキなデザインのお家です。三角屋根の中央に配された縦長の窓がお洒落です。

ハウスメーカーは東栄住宅さん。「まっすぐまじめな家づくり」でおなじみのメーカーさんです。強みの一つが自社一貫体制。専門工事別にきめ細やかな分離発注で不要な中間マージンを抑え、コストダウンを実現しました。土地の仕入からお客さまのご入居まで、しっかりお任せすることができます。

お客さまのご要望は地デジデザインアンテナ設置とBSアンテナ取付けです。電波方向がお家の奥側で、なおかつ段違いになっていて高さが出ています。こちらで電波を測ったところ、アンテナ設置可能な数値で電波が取れました。

アンテナの施工方法ですが、サイドベースで立ち上げるか、壁面へのデザインアンテナ設置にするかを、お客さまにお選びいただきました。お客さまが壁面設置を選ばれましたので、そちらで施工していきます。

片流れ屋根の壁面に小さな穴を開けて細いビスを打ち込み、デザインアンテナ設置を行いました。その下にサイドベースを取り付けて、BSアンテナ設置を行い、 放送用の人工衛星の浮かんでいる南南西の上空に向けました。BSアンテナは外壁に合わせて黒を選ばれました。

ビス穴には防水・防錆対策としてコーキング処理を行い、地デジとBSはUBブースターで混合させました。ブースター用の電源はユニットバスの天井裏の点検口に設えられていましたので、そちらからブースターへの電気供給を行いました。

アンテナ設置を終えたあとは問題がないか周囲を確認し、次にテレビで最終確認・チャンネルスキャンと地域設定をします。お引っ越し後は、周波数の帯域をその物件に合わせるため、チャンネルの割当てが再度必要になります。テレビのリモコンで「初期設定」や「受信設定」を選ぶことにより初期設定ができます。詳しい方法は弊社ホームページのトップページ上にある「エラーコードE201、E202、E203」の項目に、主要テレビメーカーごとの初期設定方法がまとめてありますので、ぜひご参照くださいませ。テレビがきちんと映ることを確認して、新築戸建てアンテナ工事は完了となります。

工事後にお客さま写真の撮影をお願いしましたところ、快くオーケーしてくださいました。とても気さくで話しやすく、活動的なお方です。ご自分でカーテンレールをつけたり、DIYにいそしんでいらっしゃいました

テレビはキレイに映るようになっております。DIYがおすみになったら、おなじみの地デジや超高精細のBSスーパーハイビジョン放送をゆっくりお楽しみくださいませ!

 

黒い古木の横板調サイディングに、クールな白いサイディングがお洒落です。

 

片流れ屋根の壁面にデザインアンテナ設置とBSアンテナ取付を行いました。

 

お客さま写真。気さくで親切、さらに活動的な方でした。

アンテナ本体 型番