横浜市港北区篠原東|真っ白な欧風テイストの新築戸建て「横型デザインアンテナ屋内設置工事」

2022年04月04日

横浜市港北区篠原東の新築戸建てにテレビアンテナ工事にお伺いしました。

真っ白な壁面にアーチ型の装飾や縦長の窓など、欧風のテイストが随所にちりばめられたステキなお宅です。上品で格調の高さを感じます。

事前にお家のお写真を撮ってお送りくださいました。ありがとうございます。

お客さまのご要望はデザインアンテナ設置です。

外壁で測ったところ電波が取れず、屋外への設置だと屋根上に八木アンテナ設置をすることになります。

お客さまにお送りいただいた写真によりますとクローゼットの中に引き込み線があり、屋根裏にブースター電源、分配器等が揃っていて、配線はこちらで繋げられます。

屋根裏に電源等揃っていますので、電波に余裕があれば屋内に

設置できます。電波を測ってみたところ、レベルは全チャンネル80デシベル越え、MERも30とかなり良好な状態です。

MERとはModulation Error Ratioの略です。放送局から送信されたテレビ信号と、受信した実際の信号受信良好な状態です。

その結果を踏まえた上で、お客さまに打診させていただいたところ、「屋内設置は大歓迎!」とのことでしたので、工事に取りかかります。

屋内アンテナ設置は、多くのお客さまに大変喜ばれている設置方法です。屋内に設置されることからアンテナがまったく見えず、お家の美観を損なうことがありません。アンテナが風雨にさらされないので倒壊確率はゼロ、故障もめったはことでは起きず、耐用年数がはるかに長くなります。

お客さまよりご快諾をいただきましたので屋根裏設置を進めていきます。幸い、配線も屋根裏に来ておりますし、分配器やブースター電源も全て揃っていますので、工事は大変やりやすい状態になっています。

屋根裏に器材を運び込み、デザインアンテナ設置を行いました。スペース的に縦型のデザインアンテナだと高さが厳しくなってしまうため、横型デザインアンテナ設置を行いました。配線は屋根裏に備えつけられている分配器にブースターを接続し、さらにアンテナを接続しました。ブースター用の電源も屋根裏から取って、ブースター本体に電気供給を行いました。

アンテナ設置を終えたあとは問題がないか周囲を確認し、次にテレビで最終確認・チャンネルスキャンと地域設定をします。お引っ越し後は、周波数の帯域をその物件に合わせるため、チャンネルの割当てが再度必要になります。テレビのリモコンで「初期設定」や「受信設定」を選ぶことにより初期設定ができます。詳しい方法は弊社ホームページのトップページ上にある「エラーコードE201、E202、E203」の項目に、主要テレビメーカーごとの初期設定方法がまとめてありますので、ぜひご参照くださいませ。お客さまのご了承をいただきましたので、新築戸建てアンテナ工事は完了となります。

当日、工事に際しては奥さまが対応してくださいました。とてもお優しいお方で、いろいろご相談させていただき、取り付け位置もご一緒に考えて決めてくださいました。

思いがけなく屋内で電波が取れましたので、「屋内にアンテナ設置できて良かった。他社さんが言っていたよりも全然良い結果になった」と、とても喜んでくださいました。ご満足いただけて良かったです。

欧風のお洒落なお家で、キレイに映る地デジハイビジョン放送をお楽しみくださいませ!

 

真っ白な壁面にアーチ型の装飾など、欧風テイストのステキなお宅です。

 

屋根裏に横型デザインアンテナ設置を行いました。

 

屋根裏にブースター電源、分配器等、揃って設置されていました。

無料見積もり

無料見積もり


LINE見積もりバナー

LINE見積もりバナー


フリーダイヤルバナー

フリーダイヤルバナー


アンテナ本体 型番