東大和市狭山|ミサワホームの新築戸建て「地デジデザインアンテナ設置工事」

2021年07月06日

東大和市狭山の新築戸建てにテレビアンテナ工事にお伺いしました。

クールグレイの外壁とブラックのフェンスがカッコいいお家です。装飾を省いたあっさりした壁面が、都会的で洒落ています。

ハウスメーカーはミサワホームさん。コンセプトは“シンプル・イズ・ベスト”。それでこそ時代を超えて、価値を永く保つことができるのです。暮らしや好みが多様化し、自由にモノを選べるのが現代の暮らしですが、住まいはシンプルな器である方がいいというのがミサワホームさんの考えです。

お客さまは地デジデザインアンテナ設置をご要望です。当初は電波調査のみというご依頼だったのですが、無事に電波が取れましたので、そのままアンテナ設置工事の運びとなりました。

「配線を延ばしたくないんですよね」というのがお客さまのご希望です。引き込み線の近くで電波を測ったところ若干弱く、屋根の片流れ部分の壁面の方が強かったのですが、そちらに設置するとなると配線を延ばすことになります。いろいろと考えられた末、引き込み線の近くに取り付けることになりました。

デザインアンテナの色をどうするか、かなり悩まれていたので、お子さまに「何色がいい?」とお聞きしましたら、お坊ちゃんは「茶色がいいな」とお答えになりました。お嬢さんが表から帰ってきたので、「どの色がいい?」とお聞きしたところ、「茶色」とお答えになりました。どうやらお子さまが決定権を持っていらしたようです。ご家族全員のコンセンサスが取れましたので、アンテナは茶色ということに決まりました。

工事に取りかかります。玄関上の二階壁面、引き込み線のすぐ近くにデザインアンテナ設置を行ないました。色はもちろん茶色です。サイドの壁面から配線を雨どいに巻き付けて、アンテナに繋げました。ブースター電源は屋根裏から取りました。

作業のもろもろをお坊ちゃんが珍しそうに眺めていらっしゃったので、「一緒にやろうか」とお声がけして、ブースター設置を手伝っていただきました。めったにできない経験ですので、楽しんでいただけたのではないかと思います。

アンテナ設置をしたあとは問題がないか周囲を確認し、次にテレビで最終確認・チャンネルスキャンと地域設定をします。お引っ越し後は、周波数の帯域をその物件に合わせるため、チャンネルの割当てが再度必要になります。テレビのリモコンで「初期設定」や「受信設定」を選んで初期設定をすることができます。詳しい方法は弊社ホームページのトップページ上にある「エラーコードE201、E202、E203」の項目に、主要テレビメーカーごとの初期設定方法がまとめてありますので、ぜひご参照くださいませ。テレビがきちんと映ることを確認して、新築戸建てアンテナ工事は完了となります。

最後にお客さま写真の撮影をお願いしましたところ、お坊ちゃんが名乗りをあげてくださったので、私も一緒に撮らせていただきました。ご協力ありがとうございます。明るくって元気いっぱいのお子さんです。作業も手伝ってくださってありがとう。

テレビはバッチリ映ります。楽しみにしていた地デジ番組を、ご家族でゆっくりお楽しみくださいませ!

 

クールグレイのあっさりした壁面が都会的でカッコいいお家です。

 

玄関上の二階壁面にデザインアンテナ設置工事を行ないました。

 

お客さま写真。元気いっぱいの明るいお子さんです。お手伝いありがとう!

アンテナ本体 型番