所沢市和ケ原|電波良好!新築に地デジアンテナ設置工事

2018年08月15日

所沢市和ケ原に地デジアンテナを屋根上に設置させて頂きました。昔からあるタイプの魚の骨のような形のアンテナを八木式アンテナと言います。その名前は、その昔八木秀次博士が発明したことに由来します。仙台高等工業、東北帝国大学、それから渡米してハーバード大学、大阪帝國大学を渡り歩いた天才的な人物で、大学教授時代には「本質的な発明ができるようになるためには心眼(科学者としての勘)で電波が見えるようにならなければならない」とまで学生たちに講義していたそうです。その言葉からは当時としては画期的な「無線」にいかにのめりこんでいたかがうかがえます。八木は大阪帝國大学の同僚、かの湯川秀樹教授を叱咤激励し、それがのちにノーベル物理学賞をする中間子論の論文へとつながったという逸話さえ残しています。日本中の国民がその恩恵を受けてきた八木式アンテナ。発明した人物もやはり只者ではないようです。

話が脱線してしまいました。写真は新築物件でございます。見るからに出来立てほやほやでございますね。屋内へあがらせて頂くと木の香りが漂っていました。新しい生活の匂いのなか、まさに幸福絶頂という感じが致しました。たいへんうらやましく思います。今回立ち会って頂いたの娘さんでした。デザインアンテナと八木式アンテナでずいぶん悩んでいらしたご様子ですが、決めてとなったのは電波レベルでした。デザインアンテナでは弱冠不安定だったのです。障害物の有無や周辺環境によっては同じ建物でも電波レベルが異なりますので、確実なことは高性能測定機で測定してからお伝えしております。今回のように仮にデザインアンテナを設置できなくとも、当日臨機応変に対応できるように、ほとんどすべての部材を作業車に積んでおりますので、「すぐにテレビが観たいのに…」と心配なさった方、ご安心くださいませ。

屋根上は電波レベルがばっちり基準値に達していました。
丁寧にテレビアンテナを設置させて頂きました。
万々が一の不具合の際はご連絡くださいませ。
可能な限り迅速にかけつけます。

所沢市和ケ原でテレビアンテナを設置させて頂きました。昔から愛されてきた八木アンテナ。八木秀次博士が開発したもので、地デジのアンテナです。

屋根上で夏の終わりの気配を感じました。屋根上からの景色はアンテナ工事職人の特権のようなものです。藤子不二雄の漫画ではあるまいし、屋根上に登って恋愛に悩む若者を見たことがありません。危険なのでぜったに真似しないで頂きたいところですが、夕暮れ時間近の青空と雲の群れのなかにそびえ立つ八木アンテナのスナップを1枚お届けします。アンテナ職人がみた美しい風景です。

所沢市和ケ原の空と雲のなかにそびえ立つテレビアンテナ。アンテナ職人がみた美しい夕暮れ時です。

無料見積もり

無料見積もり


LINE見積もりバナー

LINE見積もりバナー


フリーダイヤルバナー

フリーダイヤルバナー


アンテナ本体 型番