新型コロナウイルス支援プログラム【持続化給付金】

2020年05月05日

はじめに

2020年4月。未曾有のコロナ禍と戦っているみなさまに、心からお見舞い申し上げます。

世界を席捲している新型コロナウイルスですが、最初に確認されたのが昨年の12月。それから驚くべき早さで世界中に拡散されました。
現在、感染者数は日本で15231人。死者は394人。(世界における感染者=3435894人。 死者=239604人)※2020/5/5現在
日々その数を増やしております。

コロナウイルスの拡散を防ぐために主要各国が早々にロックダウン(都市封鎖)し、人々の活動をストップさせる代わりに経済的支援を始めたのに対し、我が国では発生後4ヶ月で、政府による一律10万円の給付がようやく始まろうとしています。

一日も早くコロナ禍を終息させるためには、国民ひとりひとりに対する経済的な支援が不可欠と思われますが、現在、政府が打ち出している一律給付金は10万円のみです。
あとは政府の提示する条件付き支援プログラムに自ら手をあげて給付金を獲得するしかありません。

 

ここでは「持続化給付金」について取り上げます。政府の提示する条件に合致すれば法人に200万円個人事業主に100万円の給付金が支払われるというプログラムです。給付までにはいくつかハードルが設けられておりますので、どうぞしっかりお読みになってひとつひとつクリアしてくださいませ。

できるだけ多くの方が政府の支援を受けられますよう願っております。

【持続化給付金】5月1日受付開始!

コロナウイルスにより大きな影響を受けている事業者に対して、給付金が支給されます。

個人事業主(フリーランス)や中堅・中小企業(資本金10億円未満)、NPO法人等を対象とし、風俗営業等、宗教上の組織は対象外となります。

当初、2019年から収入があることが条件になり、2020年に設立した方は対象外だったのですが、法人にした場合はOKになりました。また、事業継続意思があることも条件になります。

持続化給付金申請用ウェブサイトからの電子申請が前提となっており、5月1日受付開始になります。

申請期間は補正予算成立翌日から令和3年1月15日までとなります。

 

 

相談ダイヤル:中小企業 金融・給付金相談窓口

0570-783183(平日・休日9:00~19:00)

 

※予算成立後、持続化給付金 コールセンターも開設されます。

※申請支援窓口の設置場所等については、詳細が決まり次第公表されます。

 

【持続化給付金】

2020年1月から12月の間で、売上が前年同月比50%以上減の月があった場合に給付されます。給付額の上限は、法人=200万円 個人事業主=100万円となります。

 

⚫︎給付額の算定式

[前年の総売上(事業収入) −前年同月比△50%月の売上×12ヶ月]

 

例:個人事業主のAさんの場合(青色申告)

 

Aさんの売上げ

去年 30万円(1月) 20万円(2月) 10万円(3月) 30万円(4月) 30万円(5月) 20万円(6月) 30万円(7月) 30万円(8月) 30万円(9月) 20万円(10月) 20万円(11月) 30万円(12月)

今年 40万円(1月) 20万円(2月) 20万円(3月) 13万円(4月)

 

 

2019年の年間事業収入は300万円です。

4月度を比べてみますと

去年の売上=30万円

今年の売上=13万円

前年比売上50%減以下なので給付対象になります。

 

給付額の算定式ですが、

[前年の総売上(事業収入) −前年同月比△ 50%月の売上×12ヶ月]なので、

前年の総売上300万円-今年の4月の売上13万円×12ヶ月(156万円)=144万円

 

144万円>100万円

上限が100万円なので、100万円が給付されます。

 

◉白色申告の場合は、算出方法が違います。

 

例:個人事業主のBさんの場合(白色申告)

 

白色申告は青色申告に比べざっくりとしたもので、月々の売り上げが明記されていません。

2019年の平均月間売り上げを出し、2020年の毎月の売り上げを並べてみて、50%減少月があるかどうかがポイントになります。

 

たとえば2019年の年間事業収入が300万円とします。

2019年の月平均の事業収入は300万円÷ 12ヶ月で、月平均25万円になります。

2020年4月の月間事業収入が10万円とします。

この場合、前年同月比で50%以上減少しているため、給付対象になります。

300万円− 10万円× 12ヶ月(120万円)= 180万円

180万円>100万円

上限が100万円なので100万円給付されます。

 

その他特例措置として

①個人で2019年の申告義務がない場合は住民税申告書で代用できます。

②コロナの影響で前期の申告がすんでいない場合、前々期の申告書その他で代用できます。

③ 2019年中途開業の場合の年間売り上げは、年換算計算で判定(開業届)。

④個人事業から法人化した場合は、「法人設立届出書」または「個人事業の開業・廃業届出書」と「履歴事項全部証明書」を提出することで、法人の確定申告書類と個人事業者の確定申告書類を比較して申請可能です。

※ 2020年1月1日から4月1日までの設立=上限200万円、4月2日以降100万円

 

※ ①②に関してですが、できる限り青色申告をした方が良いと思われます。新型コロナウイルスの影響による遅延ということで、まだ2019年分の申告は受け付けています。

 

◉2019年の途中から開業した場合

 

11月開業の場合

去年 30万円(11月) 20万円(12月)

今年 30万円(1月) 10万円(2月) 7万円(3月)  3万円(4月)

 

去年11月と12月の2ヶ月の売上を足して2で割り、月の平均値を出します。

30万円+20万円÷2 = 25万円

 

今年4月度の売上が3万円なので、去年の月平均売上25万円の50%減少になりますので条件クリア!

 

25万円×12ヶ月=300万円 これが去年の総売上ということになります。

去年 25万円×12ヶ月=300万円

今年  3万円× 12ヶ月=36万円

300万円-36万円=264万円

 

法人は200万円上限なので200万円給付

個人は100万円上限なので100万円給付

 

以上になります。

 

 

申請手続き方法について

申請手続きは以下の5つのステップで行います。
①「持続化給付金」ホームページへアクセスし、持続化給付金をクリック

※ホームページは令和2年度補正予算成立の翌日に開設します。
②メールアドレスを入力し仮登録。
申請ボタンをクリック→メールアドレスを入力→仮登録が完了
③確認メールから本登録をする
仮登録のメールを確認し、メールに記載のURLをクリック→ログインID ・パスワードを登録→本登録が完了
④マイページに各種情報を入力。
マイページにログインし、必要事項を記入します
法人又は個人の「基本情報」、「売上額」(入力すると申請額が自動計算されます)、
「口座情報」(通帳の写しをアップロード)
⑤必要書類を添付
⚫︎2019年の確定申告書類の控え

個人(青色申告)確定申告書第一表(収受日付印必須)、青色申告決算書1〜2ページ、計3枚

個人(白色申告)確定申告書第一表(収受日付印必須)

法人 確定申告書別表一(収受日付印必須)、法人事業概況説明書

 

⚫︎売り上げ減少となった月の売上台帳の写し

⚪︎経理ソフトから算出した売上

⚪︎Excelで作成した売上データ
⚪︎手書きの売上帳のコピーなど

 

⚫︎通帳のコピー

※通帳の表面、通帳を開いた1、2ページ目をコピー(スマホなどの写真画像でもオーケー)、電子通帳は額面をコピー(画面をスクショ)。

 

⚫︎身分証明書の写し(個人事業主の場合)

マイナンバーカード、免許証、住民基本台帳カードなど
※スマホなどの写真画像でオーケー(できるだけきれいに撮ってください)

※法人は法人番号のみで可

 

形式はJPEG・PDF・PNG等、いずれかの形式にしてアップロード。

 

これで申請手続き完了!

持続化給付金事務局にて申請内容を確認。
※申請に不備があった場合はマイページへ連絡が入ります。
通常2週間程度で給付通知書を発送→ご登録の口座に入金

……ややこしいですね。いくつもハードルが設けられていて途中で挫けそうになりますが、頑張って計算して申請してくださいませ!

厳しい状況が続きますが、力を合わせて難局を乗りきりましょう!

⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘ ⌘

 

 

アンテナ本体 型番

  • デザインアンテナ

    型番:UAH201(最新モデル)
    (同軸ケーブル:白か黒の2色のうち、おすすめは外壁になじむ色)
    工事費込み 20,000円

    カラーバリエーションはオフホワイト、ライトブラウン、スーパーブラック、ブラックブラウンの4色から現場で選択することが可能です。同じUHF20素子相当のデザインアンテナを比較した場合、業界トップクラスの受信性能、高利得を誇る大手DXアンテナ社製。本体の厚みはわずか4.9cm、サイズは9cm×22cmで業界最小クラス。コンパクトサイズのため狭い屋根裏や天井裏などへの取り付けも最適。壁面に取り付けの場合は、極細のビスを6箇所打ち込んで金具を取り付け、金具にガチャンと本体をはめ込みボルトを締めるだけの簡単施工が可能なため建物へのダメージを極力軽減できます。ブースターが必要な場合はUAH201の背面にスッキリ取り付けられる構造になっており、表にブースターが露出しないので外観もキレイに保てます(弊社では電波状況が悪くない限り、なるべくブースターも屋内の、分配器の近くに隠してしております)。修理の場合、ブースター内蔵タイプのデザインアンテナとは異なり、ブースターだけの交換をできるメリットがあります。太陽光発電システムや片流れ屋根で屋根上に屋根馬を立てられず昔ながらの八木アンテナを設置できない住宅にも最適。耐風速(破戒風速)50m/sですが、屋内や外壁など、強風の影響を受けにくい取り付け位置と形状をしているため、災害にも強いアンテナとなっております。当店人気ナンバー1の地デジアンテナでございます。

  • 八木アンテナ

    型番:UA20(最新モデル)
    工事費込み 15,000円

    その昔、八木秀次博士が発明した形状(魚の骨のような形状)からマイナーチェンジを繰り返し洗練されたフォルムとなり、中・弱電界エリアにも対応可能な安心のDXアンテナ社製。UHF20素子アンテナの性能で、吹きさらしで障害物の少ない屋根上に設置することが多いため利得が高くなっております。万が一、壁面や屋内でデザインアンテナを取り付けられない物件 にも最適。従来の鉄製の太いワイヤーとは異なり、ステンレス製の丈夫で錆びにくいワイヤー(支線)を採用。アンテナマストから屋根の四隅に向けて4本の支線を張り巡らせ、さらに張り巡らせた支線の途中からも屋根馬に向けて4本の支線をバランスよく張り、合計8本の支線で頑丈に設置しております。サイズは51.8cm×34cm×101.4cmとなっており、VHF(アナログアンテナ)と比較して、大幅なサイズダウンと軽量化がなされています。しかも耐風速(破壊風速)50m/s。地デジ放送が始まる前の時代より、屋根上に設置するアンテナは災害に強くなっていると言えるでしょう。当店で人気ナンバー2の地デジアンテナでございます。

  • 2K4K8K対応 BS/CS110度アンテナ

    型番:BC45AS(最新モデル)
    工事費込み 15,000円

    2018年12月1日以降、実用放送開始予定の4K8K衛星放送(NHKのみ4K&8Kを同時配信)に備えてオールマイティーなDXアンテナ社製のBC453をBS放送、CS放送をご覧になりたいすべての方へ提供しております(大規模な集合住宅は例外)。従来の2K専用BS/CS110 度アンテナと同じでサイズで円盤の直径は45センチ。そうでありながら、電送周波数の帯域が広いため、従来のフルハイビジョン(2K放送・約200万画素)からスーパーハイビジョン(4K放送・約800万画素/8K放送・約3,300万画素)まで受信可能です。「大は小を兼ねる」と言えます。2020年のオリンピックに向けて4K8Kの実用放送がますます拡充されるということが総務省より発表され、各メーカーの4K8Kテレビは増産がはじまり、その価格も落ち着いてきました。そのような状況のなか、あさひアンテナにも2K4K8K対応BS/CS110度アンテナの問合せが数多く寄せられております。最新式のアンテナでも、大量仕入れでコストをおさえて仕入れておりますので、低価格を実現できました。