板橋区東坂下|飯田産業の新築戸建て「八木アンテナ設置+BSアンテナ工事」

2021年08月02日

板橋区東坂下の新築戸建てにテレビアンテナ工事にお伺いしました。

アイボリーと薄茶、茶色、こげ茶の3種類の茶色が組み合わされた上品なお宅です。色の境目に入っている白いラインが爽やかに全体を引き締めています。

ハウスメーカーは飯田産業さん。分譲住宅年間販売棟数日本一のスケールメリットを活かし、コストパフォーマンスの高い住宅を提案してくださいます。こだわりを詰め込んだ『注文住宅』や、プロの知恵と経験を盛り込んだ『規格型住宅』、自宅と収入も見込める賃貸住宅を併せ持つ『賃貸併用住宅』など、多種多様なご要望に応え、満足度の高いお家づくりをお手伝いしてくださいます。

お客さまのご要望は地デジデザインアンテナ設置とBSアンテナ取付けです。こちらは都内で有数の住宅密集地になります。近隣には八木アンテナが多く見受けられますので、八木アンテナでないと電波が取れないかもしれないと思いながら、電波調査にかかりました。

案の定、壁面では電波が取れず。マストを立ち上げて八木アンテナを取り付ければ電波取得は可能です。その旨、お客さまにご説明させていただきますと、「それでオーケーです」とご了解をいただきましたので、工事に取りかかります。

破風にサイドベースを取付けてアンテナマストを立ち上げ、そこに八木アンテナ設置を行い、その下にBSアンテナ取付を行いました。一本のマストに対して二本のアンテナ設置を行い、地デジとBSはブースターで混合させました。ブースター電源はユニットバスの天井裏にある点検口から取りました。

アンテナ設置をしたあとは問題がないか周囲を確認し、次にテレビで最終確認・チャンネルスキャンと地域設定をします。お引っ越し後は、周波数の帯域をその物件に合わせるため、チャンネルの割当てが再度必要になります。テレビのリモコンで「初期設定」や「受信設定」を選んで初期設定をすることができます。詳しい方法は弊社ホームページのトップページ上にある「エラーコードE201、E202、E203」の項目に、主要テレビメーカーごとの初期設定方法がまとめてありますので、ぜひご参照くださいませ。テレビがきちんと映ることを確認して、新築戸建てアンテナ工事は完了となります。

お客さまは50代くらいの意気軒昂な方です。「アンテナの設置とか自分でやっちゃおうかと思ったんだよね」いえいえ。3階建てですのでかなり危険です。そんなときは迷わずプロにお任せくださいませ。

DIYが得意なご様子。お伺いしたときも壁をぶち抜いて補修している最中でした。業者さんに頼むと30万円かかるそうです。たしかに。こちらはご自分でおやりになれば安くすみますね。危険のある高所作業は専門業者にお任せくださいませ。

DIYのあとは、キレイに映る地デジと超高画質のBSスーパーハイビジョン放送をお楽しみくださいませ!

 

アイボリーと三種類の茶色が組み合わされた、上品な雰囲気のお家です。

 

破風にマストを立ち上げて八木アンテナ設置とBSアンテナ取付を行いました。

アンテナ本体 型番